ハリドワール。ガンジス川の沐浴。聖地巡礼。

昨日の夕方。

早朝にハリドワールに到着し、ガンジス川で手と足だけだけれども沐浴をしたので、

これで沐浴経験したし、もういいかな、と思っていたところ、ワイルドサイド部のはるか嬢が、

「私は夕方に沐浴します〜」

と話す。

あ、また来るのかと思いながら、でも僕は見学でもしていようと心に決め、夕方を迎えました。

バザール(?)を通り、再びガンジス川へ。リシケシュと合わせるとこの日三度目のガンジス川。その流れはまさに急流でして、子どもたちが泳いでいるのだか溺れているのだかわからないけれども、流れに乗って笑い声を上げている姿はなかなかにたくましいものがあります。

そういえばタイでも、妻のいとこたちがチャオプラヤ川上流の源流で、エラく大きな魚がたくさんいる中で飛び込んで泳いでいる姿を見て、その水の濁り具合といい似ているなぁ、と思い出しました。

ガンジス川でも身体全体で飛び込んだら、魚がツンツンしてくすぐったいのかな・・・なんて想像するだけでちょっとくすぐったくなりました。

都市伝説的にチャオプラヤ川にはワニがいて・・・なんて話もありますが、ガンジス川にもワニがいて、ツンツンされたら怖いなぁ、とか。

はるか嬢だけが沐浴をするはずがなく、どうもワイルドサイド部の部員たちは沐浴する気満々の模様。

島田部長など水着で乗り込んでいましたし、イノックさんも水着持参。

中平さんなどガンジス川に到着早々ボクサーパンツ一丁になって、「行ってきます」とガンジス川に飛び込み、幹事カンちゃんはインド女子風にTシャツ来てワーイとジャボン。

なんだよ、みんな入る気マンマンじゃないか、インドでお腹をやられるとか水には注意だとか言っていたのに、何を考えているんだよ、と思っていたのですが、

その瞬間、「ビビったらゴー」を思い出し、

足だけ浸かっていた僕はそのガンジス川の冷たさに神経が研ぎ澄まされたのか、

一度ガイドのチャマンさんが待つ荷物置き場に戻ってシャツとタイパンツを脱ぎ、赤いボクサーブリーフ一丁になって、皆が待つガンジス川へジャボン。

おおぅ、冷たいぃ。

皆の様子を見ていると、インドの方々の真似をして、なんと潜っているではありませんか。

なんだよ、皆ガンジス川大好きなんだな、と思いつつ、僕もジャボンと潜る。

ガンジス川の冷たさに慣れてきた頃、やはりというか流石というか、島田部長が、

「対岸まで泳ぎましょう」

と提案。まぁ、想定内ですけどね。

二人一組で泳ぎ始め、その急流に身体を預けてクロール。

もちろん最短距離を泳ぐことは容易ではなく、ガンジス川に揉みに揉まれてはるか遠くの対岸に到着。

泳いでいるんだか溺れているんだかという姿は子どもたちと同様で、予想通りに島田部長はじめ僕もガンジス川の水を飲み込む。泳ぎながら

「ああ、ついにガンジス川の洗礼を受けたか」

と思いながら、まあ、インドでお腹をやられるのは儀式だからね、とある意味清々しい気持ちでした。

ちなみにその後ガンジス川の洗礼にあったのは、島田部長だけのようで、他の皆は大丈夫な模様。このあたり、さすがの島田さんだよな、と。

赤痢とかコレラとか、大腸菌とかですね、そういったものがありますので、基本的にガンジス川の沐浴はオススメする次第ではありません。

しかしインドの方々にとっては喜々としてガンジス川に飛び込んでいくあたり、本当に大切な儀式なのだと思います。

急流に身体を沈め、何度も何度も、ジャブンジャブンと潜る。知人たちときた方々は潜る度に破顔一笑。

いい空気でした。

ハリドワールでは夕方になるとプジャ・アールティという祈りの儀式があり、インドの子どもたちにとっては「アールティに連れて行かないぞ」という言葉が何よりもお仕置きになるそう。

それほど、ガンジス川と祈りはインドの生活に密着していることがわかるエピソードです。

雨が降る中始まったプジャ・アールティは、トルコのサフランボルで聞いたコーランの調べのようで、集まる人々が口々に祈りを唱え、両手を天にかざし、手を合わせる。

なんというか、こういう信仰って生活の中に根ざしたもので、インドやタイのような、「そこに信仰が在る」感は僕らにとっても大事なんじゃないか、ってやっぱり思いました。

私見たっぷりですけれども、ルーツが大切だという話は、信仰とも関わると思っています。

自分の両親、先祖への感謝とかも信仰であり、ルーツ。

コア・バリューとか価値観が書き出せない、書き出してもピンと来ないというのは、意識的に今持っている言葉で書きだそうとしているからでもあり、

それよりは先祖のお墓参りに行くほうが大切ですと僕が考える理由は、ルーツが大事だと考えているからなんですよね。

そんなことを感じた、ハリドワールでの沐浴でした。

今日は夕方に高速鉄道でデリーへ。

明日、ワイルドサイド部の部員が日本に戻るのを見送ったあと、明後日に僕はタイへと戻ります。

次の聖地巡礼が、楽しみです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




BE DO HAVEという思考の補助線。

お楽しみ様です。小野貴正です。

流れっていうのはこうもドドンとくるものなのか、ということを体感した2015年9月29日です。この話を書くとエライ長くなりますし、人によってはドン引きするかもしれないので、もう少し間を置いてから、お話しようと思います。10月予定の名古屋セミナーとかですね。個人的にココでは理想とする在り方、コア・バリューを実現した状態ってそもそもどんな状態なの?っていう話やその書き出し(僕が毎朝毎晩読み上げている理想の一日)、そしてなぜビジネスをつくるのか、事業プランニングするのか、という話をお伝えしようと考えているので、ちょうどいいかな、と。ご興味あれば、そろそろメルマガでお知らせしますので(と言っても遅延中ですが、、、)、登録しておいてください。

さて、BE DO HAVE。

最近僕がライティングで悩んでいることのうち、そもそもこのスキルや商品を掴んだって、その人にとっての人生って変わらないんじゃないかな、というものがあります。だからスキルや商品を実際には売るんだけれども、本来売るものは在り方というか、そういう未来であったり価値観であったりしなければならないんじゃないか、と。

例えばですが、僕がiPhone4Sを未だに使い続けているのって、スティーブ・ジョブズという人物への尊敬と彼の持つ世界観へのあこがれ、彼のおかげで人生が変わったという感謝の気持ちがそうさせている。

iPhone持つとこんなことができますよ、小野さんお使いのMacと同期ができますよ、Siriの日本語読解力もアップしましたよ、というのは興味が無い。正直、スペックがどんなに変なものであろうと、僕にとってはiPhoneというのはスティーブ・ジョブズそのものだったりします。Macもそうなんですけどね。だから僕は、スペックとかもたらされる利便性とかを求めてこれらを使っているわけではない。

だけど、目に飛び込むメルマガって、「稼げるスキルをカンタンに手に入れる」とか「ナマケモノでも1,000万円を稼ぐ」とか「寝ながらにしてダイエット」とか、そういう言葉が多い気がする。得られる結果を書くっていうのはコピーライティングにおいて鉄則だと思うし、コレはコレでレジを鳴らすには必要なのだと思う。

だけれども、個人的には違和感を感じずにはいられず、ますます最近はメルマガを読まなくなっていました。なんで違和感を感じるんだろうな、というのがわからなかったので。

しかし、ああ、そういうことかもしれないな、ってことにふと気づきました。それは、HAVEとかDOが先に来ていると、なんか違和感を感じるということ。

BEが先に来るとそれがない。いい印象を僕に与えます。モヤモヤ感がない。しかし、HAVEとかDOが先に来ると、胸のあたりがドーンと重くなる。

チャンス追求型とかノウハウコレクターというのは、このHAVEとかDOの言葉、領域にピンとくるのだからコレは必要な言葉なのだろうけれども、そうでない人にはピンと来ないんじゃないかな、と思う。

でも母数としては、理想の在り方とかそういうもののためにスキルとか商品を手に入れたいって人のほうが多い気もするのですが、、、これ、どうなんでしょう。もっと深く見込み客の悩みに光を当てることで、それを得たい理由、目的が明らかになると思いますから、BE領域の言葉で表現することもできそうです。

なるほど、ここまで書いて思いました。BE DO HAVEは思考の補助線として使えるのですね。

この言葉はBE領域か、それとも違うのか?なんかいい感じがしないなとか。

これがわかると、言葉の論理展開、言葉の選び方が自然になる。
コレがすっと読めるコピーの秘訣かな、と。

ワイズマン先生もミスターシンクロニシティーも同じことを言っているのですが、思考の補助線を持つというのは大事です。これがあるかないかで、たぶん事業プランニングだってコピーだってぜんぜん違う。

思考する際、当然のようにBE DO HAVEのような補助線を使えるようになる。これが課題だと気づけたのは、良かったです。

P.S.
賢者舎のライブセミナー後、懇親会でワイズマン先生が「これ、やる」とくれたのが写真の資料。なんか眼差しがエライ優しくなってきたな、と感じます。バンコクでのビジネスプランニングでは「うお!」ってなる提案をくださったので、やっぱり長年一線にいる人っていうのはなんかあるな、と。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




価値観にフォーカスするとターゲットが引き寄せられる。

お楽しみ様です。小野貴正です。

今日の話は価値観にフォーカスする利点の話です。

一緒にコンセプト作りやマーケティングに取り組んでいるミスター治療家。時折ミスターのブログを拝見させてもらっているのですが、書く内容がエライ変化してきたのでコレはスゴイな、と思いました。

どう変化してきたかというと、自らが提供できる価値に気付き、患者さんが何を求めて治療に来るのかと向き合い、併走するようになったのかな、と。文章から脳が無色透明になっている様子がうかがえ、コレは患者さんともうまくいっているんだな、ということがうかがえるのです。

僕は業界を知るために、複数の治療家コンサルタントさんが書くメルマガを購読しているのですが、そのコンサルタントさんたちは「新規集患」「リピート」「治療技術」が大事といいます。しかし多くのそこで学ぶ治療家さんは「新規集患」だけに夢中となり、

結果としてチラシやホームページ、PPC広告を使って集患できるようになるものの、そして回数券などを導入して売り方を工夫することで売上が向上するものの、それがあとに続かずに売上がまた激減するという自体に直面しているようです。

実際、新規集患はそんなに難しいものではありません。しかるべき患者さん層に対し、彼らが接する媒体、メディアを使って治療院を告知し、断れないオファーを盛り込むことで集患することは可能です。ダン・ケネディの言う、3Mですね。

しかしリピートは手を付ける人がいない(ように思えます)。この状態で新規をとり続けるというのは、ザルで水をすくうようなものなのに。

リピートを促すための施策は新規集患に比べると地味で地道な取り組みが必要だからかもしれませんが、ふと思うのは、患者さんと一緒にゴールに向かう姿勢が求められるから、コレをやろうとする治療家がいないのかな、と思います。一緒にゴールに向かうなら、自分が施術した結果痛みがラクになったかなど、患者さんにヒアリングする必要があります。

しかしコレってなかなか怖い。痛みがラクにならないなら技術や自己を否定されたような気になるかもしれません。否定されないまでも、評価されるって怖いもの。

パートナーであるミスター治療家は、集患においては相当うまくいっている治療家です。しかしやっぱり患者さんに対する恐れみたいなものがあったようで、リピートしてもらうことについては消極的だった、みたいです。

ところが現在は、自信の価値観に気づき、それに基づいて患者さんと向き合い、ゴールを見つめて一緒に並走するように変化されたようで、

たぶんそれが文章の変化にも現れているのかな、と思います。当然、患者さんとの付き合い方が変わり、関係性が良くなり続け、それが売上にも結びつく。

こうなると、さらに成長は加速するので、エライステージに行きそうです。

個人的に、楽しみなんですよね。ステージが上がる人と一緒に、ビジネスを作ることができるのは。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓