僕が木坂さんのレターを写経する理由。

久しぶりの写経記事、というよりはセールスライティング関係の記事になるかなと思います。

バンコクの記事も上海の記事も、麻婆豆腐の記事もサウナも足マッサージの記事も、個人的にはセールスライティング関係という括りなんですけど、それはあまりに個人的すぎるだろうと。

個人的な経験を一般的なことばに翻訳すること。

その必要性を、こう僕に言語化して伝えてくれたのは、木坂さんです(いや、はじめては島田さんだったかな・・・)。

「伝えてくれた」とは書きましたが、これは何も面と向かって話をうかがったわけでもないし、何か質問をしたわけでもありません。

伝えてくれた方法というのは、写経を通じてです。

あ、写経といえば確かどちらかと言うと木坂さんは、「意味があるのだろうか」という立ち位置だったと『7つの鍵』ライティングセミナーで話していたので、

別に木坂さんが写経を勧めているとは聞いていないことを、伝えておきます。

ここ1年ほど、僕の写経題材は木坂さんのレターです。

一般的にセールスライティングの世界における写経とは、「売れた実績のあるセールスレターを手書きで書き写すこと」を指していると思いますが、それによりレジを鳴らせるセールスレターが書けるようになると。

しかしこれだと言葉足らずかなと考えておりまして、僕が説明するならばもう少し言葉を足して、

「売れた実績のあるセールスレターを手書きで書き写し、その構造とリズムを脳にインプットし、かつアウトプットできるようにすること」

こうなります。もちろん、写経をするにあたっては「本当に、毎日ただ書き写すだけでいいですよ」と人に伝えることもありますが、これはその人のステージによりけりであることも、書き加えておきますね。

実際に木坂さんのレターであれば、売れたレターであることは結果を見ればわかりますから、写経題材として適したものだと考えていますし、実際に真似されることもあるようですので、素材としてはいい。

ところがちょっと矛盾する話でもあるのですが、僕は何も木坂さんのレターをただ売れているからといって写経しているわけではありません。

売れているレターならば、他にも素材としてはたくさんありますから、木坂さんのものでなくてもいい。

ではなぜ木坂さんのレターを写経するのかというとそれは、

「その人の在り方や考え方を知りたいから」

です。

これは過去にジョン・カールトンのセールスレターを写経したときなども同様だと考えておりまして、たぶん僕は、売れているかどうかはそれほど重きをおいておらず(もちろん書く時にはレジを鳴らすセールスレターは必要です)、

その人の生き方とか人間性とか、そういうものに触れたいからこそ写経題材に選んでいます。

2015年と2016年の違いとして、木坂さんの講座に参加しているかどうかがありますが、難聴の関係で聴き取りがよろしくない僕が、木坂さんの言わんとしていることをなんとなくでもうなずけるのは、写経の効果が大きい(あくまでも個人的な感想です)。

これは木坂さんに、食いトレ部の活動中に確認したことがあったのですが、彼はずっと同じことを言い続けて(書き続けて)おりまして(これ、スゴいことだと思いますよ)、

同じことを言い続けていますよね、と聞くと、そうですね、と。

なぜ聴き取れないのに、同じことを言い続けていると考えたのかというと、木坂さんのレターを写経し続けているからです。

一貫したメッセージが、そこには在る。

ついでにいうと、一緒に行動することで、それが言葉だけではないともわかる。身体性。

こんな感じに1年間写経し続けるとなったわけですが、これは言い換えると

「木坂さんという色メガネを掛ける」

ことをやってきたともいえるんじゃないかな、と思ったり。これは意図していないんですけどね。

木坂さんの講座で登場した「相対化」という言葉がエラくストンときたのも、こういう背景があるわけです。

なんだか話が脱線しているような感じになったので、今日はこのへんで。

写経するなら、その人の人となりまでインプットしてアウトプットできる程度には、やっておきたいですね、その人ならどう見てどう考えるだろうかという色メガネを掛けられる程度にはやっておきたいですね、という僕の個人的なススメです。

セールスレターの役割はレジを鳴らすことですが、僕らがセールスライティングを学ぶ目的というのは、

それぞれにとって豊かな人生をつくり、歩むことだと思うので。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




スワイプファイルを手にしても、セールスレターは書けない。

セールスコピーを学び始めてもうそろそろ3年。同時期に学び始めた方々がどうしているのかはわからないのだけれども、活躍しているといいなぁ、と思います。できれば、コピーを書くことで。

すでに、アプレンティスで学んだ中ではセールスコピーを書いていない方もいらっしゃいますけどね。セルフイメージ先生こと小坂さんはその代表格で、まぁ、コピーじゃなくてもよかったよね、と。ワイルドサイドの島田さんの場合、自己研鑚としての投資、という意味合いが強かったですから。本人も言っていましたが、そんなに課題をやらなかったですし(と本人が恐縮そうに話していました)。あ、でも自分で書くこともあるとか。確かにあのライティングの引き出しの多さは、語り尽くせないほどの力量が覗えます。

セールスコピーの学び方はダイレクト出版さんやその他の講師さんたちのおかげで大分型ができてきたように感じます。スワイプファイルを使えとか、写経しろとか。

でも、実際に書ける人ってエライ少ないよね、って思うのが僕の感想です。というか、書ける人は最初から書けている。書ける人はセールスコピーとは何だということを学んだら、それを応用してセールスレターを書くことができる。

それで、思ったんです。

世の中で耳にするセールスライティングを教える人たちが離さない不都合な真実とも言えるもののひとつに、「文章力は必要」、というものがあるんじゃないのかな、と。

セールスライター市場を広げようと思ったら、文章力が必要なんて言いたくないもの。ただでさえ大きくはない市場がもっと小さくなっちゃうからね・・・。

相対評価世代ならわかりやすいと思いますが、10段階評価で10とか9がいるなら、1とか2がいるってことです。単純に、5以下というのは学校での評価においては平均以下ということになりますから(これは決して真実ではないと思うものの)、「文章力が必要です」なんて言ったら、じゃあ俺ダメじゃん、となる。だから「文章力は必要です」なんて言わない。

代わりに、スワイプファイルを使ってください、マネしてください、コピーはコレクティブです、なんて言うわけです。

これは確かにその通りなのだけれども、語彙とか文法とか接続がわかっている人じゃないと、たぶん使いこなすことは難しい。

なぜなら当たり前ですが、スワイプファイルをそのまま使っていいわけじゃないのですから(盗作になっちゃいますよね)。

文章を書ける人は「いやいや!そんなまるまるマネする人なんていないでしょう。文章の構造をマネすればいいだけなのだから」とか思うかもしれません。しかし、文章が書けない人はそれがわからない。接続詞の「しかし」と「だから」の使い方がわからなかったり、語彙がないからずっと同じ単語を繰り返したりしてしまう。助詞の「に」とか「が」を連発しちゃったりね。

読まれる文章を書く必要がセールスコピーではあるのですから、文章力はいらないっていうのはおかしい。文法は関係ないというけれど、主語述語が一致しなかったり接続が間違っていたりしたら、読むのにエライ時間がかかるもの。二度読みしてくれるだろうなんて思ったらアウトです。セールスコピーを読む読者はいつでも、離脱する理由を探しているものですから。

木坂さんの「7つの鍵」ライティングセミナーでも、「語彙」「文章」「段落」「文章構造」という4つの道具箱の話は登場していました、そういえば。

ここから先は、それでも読まれる文章が書けるようになりたい、という人に向けてのものです。

個人的にオススメする改善方法は、

*レビューを受けること(おしりを叩く人がレビューするならなおよし)
*写経すること(ただしスワイプファイルは厳選。インターネット上で手に入るものはオススメしません。有名ドコロのセールスレターでも文章としてはよろしくないことが多いと思うので。いわゆるちゃんと翻訳された古典がいいと思います。ロバート・コリアーとかね)
*読書をすること(語彙を増やすとか)
*時事情報に触れること(これも語彙を増やすとか、読み手が使う言葉のリサーチを兼ねて)
*実戦で書くこと(セールスレター、ステップメール、ブログ、オウンドメディアなど)

こんな感じかな、と思います。

スキルを身体というか脳に定着させるにはアウトプットの量が大事なので、その分インプットする必要があります。ああ、そうだ。この時、おかしなスワイプファイルを写経する人もいらっしゃるので、ここだけはご注意ください。

ダイレクト出版の寺本さんが言っていましたが、「売れないセールスレターを写経したらダメですよ」と。もうひとつ、僕の私見を加えると、「売れていても文法や文章構造がおかしいものを写経したらダメですよ」と。

なぜか?そのセールスレターが仮に売れたんだとしたら、レターそのものではなくて、他のプロモーション施策やリストとの関係性に売れた理由があるんじゃないか、と僕は思うからです。読めないレターはどうやったって読まれないですから。

セールスライティングは素晴らしいスキルですが、冷静に客観視する視点も持ち続けるといいんじゃないかな、って思います。

P.S.
もうひとつ、とても大事なことがあって・・・それは、経験。文章を書く経験じゃなくて、人生経験。どれだけの経験をしてきたか、どれだけの人と触れ合ってきたか、によりその人物に深みが出るものです。文章にも、その深みが出るものなのですよね。選ぶ単語とか、ね。

P.P.S.
もちろん誰もがある程度の文章力を身につけることはできると僕は思います。S級やA級でなくても、買いたくなるセールスレターを書けるようには。それこそ小学校で習う文法で事足りると思いますので。

やり続けられれば、なんですけどね。ここが一番のハードルなんだろうなぁ。

P.P.P.S.
ロバート・コリアーといえばコレ。ビーコンコーチングの皆さんのほうが僕よりも写経しているっぽいですが・・・
http://myasp88.com/l/u/xFBLxSmkHP7pa4pJ

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




毎日の習慣が違いを生む。

お楽しみ様です。小野貴正です。

現在、出雲大社に来ています。新宿から出雲大社まで、ずっと雨模様の天気でしたが、出雲大社に着いてからしばらくすると、快晴に変わりました。せっかくなので参拝し、夕日の時間帯には稲佐の浜に行き、神在月の出雲を体験してきました。

海の上には雲の層があり、その雲の先からは八百万の神が姿を現しそうな、そんな雰囲気の稲佐の浜でした。明日も天気が良ければ、また訪問したいと思います。

さて、今回の出雲大社行きは、もともと神在月に参拝したいということで決めた訪問でしたが、ミスターアルケミストも一緒のバスに乗って移動するということになりました。そこで撮った写真が冒頭の写真です。

動画も別に撮ったので、それはまた機会があれば、「ワイルドサイドを歩こうよ」の連載シリーズ、「コピーライティングはココロだ!」バリに紹介したいと思います。深夜にサービスエリアで撮った動画と稲佐の浜で撮った動画が、なかなかいい味出していると思いますので。

ところでこの写真、何をしている写真かというと、ミスターアルケミストが写経中の写真です。バスの出発後、僕がブログを更新しますね、と伝えたら、彼が何やら取り出してノートに一心不乱に書き始めたのですが、まさか写経をはじめたとは。

ロバート・コリアーの『伝説のコピーライティング実戦バイブル』を取り出しての写経です。揺れるバスの中で写経をはじめるとはなかなかすごいな、と思ったのですが、なんか書き方がパワフルなんですよね。しかも速い。

聞くと、昔はこんなに速く書くことはできなかったそうですし、書くとノートの半分とかまでに腕が痛くなって書けなくなったそうですが、今ではそんなことはないとのこと。筋トレと同じだな、と感じました。

毎日続けていると書く場所を選ばなくても書けるようになると考えていましたが、こうミスターアルケミストがそれを体現している様子をみると、やっぱり努力はいい結果を生み出すよな、と思った次第。

もちろん、レジを鳴らすコピーとか、そういったものを実現してこその写経だとは思いますが、毎日やりましょうとはいえバスの中ででもやらなければと言ってやるなんて、なかなかできることじゃない。

毎日の習慣が違いを生み出す。コレは僕が常々考えていることですが、ミスターアルケミストの行動を見ていると、これだけやるのならばやっぱりうまくいって欲しいし、後は時間かな、という予感。それだけ、毎日やり続ける人ってなかなかいないと思うので。

毎日やり続けるなら、それに足る必然性が必要。やれるということは必然性があるということ。必然性を生み出すものはコア・バリューや在り方だと考えていますから、これらもすでに内側に在る。

これを発見するのもなかなか大変なものですが、発見したらうまくいくことを考えれば、ココこそ自分と向き合うべきところなんじゃないかな、と。

実際、エライ読ませる文章を書くようになっていますし。

毎日の習慣、僕は大事だと思っています。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




初めてのスーツケース2つ持ち(ミスターアルケミストはバスで写経中)

お楽しみ様です。小野貴正です。

これから出雲大社に向かい、その後は広島経由で岡山へ。岡山空港からは上海経由でバンコクに行きます。バンコクではワイルドサイド部のタイツアーに参加です。

本来、荷物はそれほどいらないのですが、年末年始の家族訪日用に、大きなスーツケースを置いてきたほうがいいかな、と思い、今回はスーツケース2つを持っての移動です。部屋を出た時に思いましたが、これは結構な荷物だな、と。両方ゴロゴロと転がすことはできますが、結構、周りに気を使います。

現在、相模大野駅まで移動しまして、ロマンスカーを待っています。この荷物ならロマンスカーだろうと思ったものの、今ベンチに座って思うのは、このスーツケースを置くスペースってあるのかな、ってことです。

以前、新幹線のグリーン車でもスペースがなく、前の座席と膝の間にギュッと押し込んだ記憶がありますから、ロマンスカーだと通路に置くか、車両と車両の間に置く感じかな、と思います。いずれにせよ、乗客の方々に配慮しつつ、ですね。

今回の出雲大社行きはバスなのですが、この荷物を考えたらバスだよな・・・と思います。バスか飛行機でないと、スーツケースを置くスペースがないので・・・船は試したことがないので、わかりませんが。

ライティングすべきもの、確認すべきものがまだ完了していないので、どこかで書いておきたいな、チェックしておきたいな、と思うものの、どうも体力が回復しないままの状態です。いろいろとたまっている感があるので、これをクリアせねば、なのですが。バスの中では眠る予定なので、あ、ミスターアルケミストとサービスエリアで動画を撮影しようと思いますが、ひと通りやるべきことをチェックしておかなければ、かなと。

ところでロマンスカーに乗り込みました。最後部席の後ろにスーツケースを入れ、僕は指定された座席に座っています。隣では女性がお化粧をはじめました。なんかバタバタとされていたので、これからお仕事なのかもしれないな〜とか思いつつ、今日のところはこのへんで。

明日は、出雲大社から更新します。

P.S.
コア・バリューとマスタープランのアップデートは12月10日から上海で行う予定。1月30日と31日はコア・バリュー発見&自分プランニング合宿の開催が決定。ビート・ザ・コントロールする人を2016年はいっそう増やせればと思います。もちろん本人が望むならば、ですが。ところで今、ミスターアルケミストと一緒に出雲大社行きのバスに乗っているのですが、隣の席でロバート・コリアーの写経を始めました。バスで写経する人、初めてです。なんかスゲー。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




写経効果(論理展開だけじゃない)

お楽しみ様です。小野貴正です。

ちょっとしたきっかけで、写経の効果に気づいたので、今日はそれを備忘録代わりに記しておきます。

ダン・ケネディがその昔、ゲイリー・ハルバートからもらったアドバイスのひとつに、「もっと早く、もっと上手くコピーを書きたいなら、潜在意識に書かせることだ」というものがあります。

すでにダン・ケネディの言うことが実際に則したものだということを体験していた僕は、早速潜在意識を使ってコピーを書くということを実践しました。

当然ながら潜在意識を使ってコピーを書く、ということは、潜在意識を鍛える必要があります。ダン・ケネディはどうやって潜在意識を鍛えたのか?それが、写経、というわけです。

過去に売れた実績のあるセールスレターを手書きで書き写す。これがセールスライティングをやっている人にとっての「写経」ですね。

この写経、ダン・ケネディが言うに「アメリカで100本書いた人は5人もいないだろう」と当時語っていたので、もちろん今ではもっとたくさんいるでしょうが、僕もまずは100本を目標にしました。2014年の3月か4月に100本を超えて以来、今までに何本のセールスレターを写経したかは数えていないのですが、僕はコレを今でも毎日やり続けています。

写経の効果ってあるんですか?

こんな質問を僕自身も時折受けるのですが、たぶんあります。いうなれば写経って、野球とかゴルフでいうところの素振りやトスバッティング、打ち放しに似ていて、「型」を刻み込むためのものです。

歯みがきを考えながらする人は(たぶん)いないように、ピッチャーが投げる130kmのストレートやスライダーを、考えながらバットを振る人はいないですし、色々考えながらドライバーをスイングする人もいないでしょう。考えていたら、振り遅れますし打つことそのものに集中できないからです。

いわゆる、感覚を磨いて感覚で打つ、のような感じ。これが潜在意識を使ってコピーを書くに通じます。

売れる論理展開をスッと書き出せるようになる。コレこそ「もっと早くもっと上手く」セールスコピーが書けるポイントかな、と。

そして今日気づいたのは、論理展開のような売れる型だけではなくて、言い回しとか語彙そのものが増える、ということです。

写経していると似た意味を持つ言葉を使い分けていることに、ふと気づくことがあります。「テーブルに置かれたりんごを見続け・・・」→「テーブルに転がるりんごを眺め続け・・・」こんな感じ。厳密に意味は違うでしょうが、似ていますよね。

同じ言葉が連続すると読み手が飽きてしまう可能性もあるので、離脱されるかもしれません。言葉を変えることでリズムを変えますから、離脱される理由を排除することができる(必ずしもではありませんが)。

実際、売れるセールスレターってこの言葉の使い方そのものにも理由があるはずです。だから写経がもたらす利点は、語彙が増えるということにもあるのかな、と。語彙が増えれば、より売れるレターが書けるようにいつのまにかなっている、というベネフィットもついてきます。

個人的には、手書きでやり続けるならば、ボーっと書き写すだけでもたぶん効果があると考えています。コレは素振りと同じです。ボーっとしていようが「ながら作業」であろうが、やり続けることで型は身につきます。逆に素振りをしないとちゃんとしたスイングが出来ないように、たぶんセールスレターでもちゃんとしたコピーが書けない。

コレまた個人的にですが、もっと写経した方がいいんじゃないかなってレターに出会うことがよくあります。推測ですが、写経し続けているライターさんて、ほとんどいないんじゃないかな、と。

だからこそ、チャンスなんですけどね。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓