神奈川発出雲大社経由で米子鬼太郎空港着、18時間900キロをかっ飛ぶ。

先ほど、出雲市に帰ってきました。

8月10日から16日まで両親と一緒に出雲大社参拝と高知帰省、そして伊勢神宮へのお礼参りということで、本日は初日。

朝4時に家を出て、ほぼ予定通りの17時には出雲大社へ着。そのまま神迎えの稲佐の浜に行こうと思ったら、父が「今日は宿に帰る」とのことで、エアビーアンドビーで借りた一軒家へ移動。18時ころに到着。

建設会社がモデルハウスとしてつくったものをそのまま使っているということで、家っぽさがあって木の雰囲気が出てて、ライトが暖色系で穏やか。

サービスアパートメントのように食器や石鹸類、ポットや電子レンジなどもそろっているので、これはいいなぁ、と。

ピンきりなのでしょうが、最初のエアビーアンドビーでいい経験ができたなぁ、と感じました。

そんな時、母に妹から電話が。

なんでも、車の運転中に後ろから追突されてしまったとのこと。しかもその追突勢いが結構あって、妹の車がその前の車にコツンとあたってしまったと。

慌てふためいて電話してくる妹の声を両親が聞き、部屋についてから二人で話し合い。

やがて父が僕を呼ぶので、話を聞いてみると、

「志帆(妹です)があんな状況(頭が真っ白になっていたみたいです)で怪我が心配だから、家に帰ろうと思うのだが、お前の意見はどうだ」

ときたので、

「う〜ん、いい歳なんだから自分で対処できないというなら、それは問題だと思うよ。結婚予定の相手もいるんだし(そっちに電話すればいいんじゃない?)。けど、お父さんとお母さんが心配だというなら、帰ったほうがいいと思う。志帆はともかく、お父さんとお母さんが落ち着かないだろうからね」

こんなやりとりをして、じゃあどうやって帰るんだ、という感じになりそうだったので、

「電車が早いだろうから調べてみるよ。・・・あ、飛行機ならいけるみたい。20時50分に米子空港発があるからソレに乗れば・・・1時間あれば空港に行けそうだから、行こう」

と伝え、再び車の運転に。

安全運転と言いながらなるべく早めに移動し、あたりの暗さと初めての道にあわあわしたものの、20時過ぎには米子鬼太郎空港に到着。

20時50分発の飛行機に空席があることと、キャンセルしても返金があることをANAのスタッフさんに確認し、両親に伝える。

すると父が、「移動中にした電話の様子だと、今日は帰らなくてもいいかもしれない」と言い、あらためて妹に電話してレントゲン結果を聞くと、3人で出雲市に帰ることが決定。

それで先ほど、22時過ぎですね、エアビーアンドビーで借りた部屋に戻ってきた次第です。

厳密には運転しっぱなしということはないですが、18時間の間運転席に乗っていたというのは、初めての経験ですし、一日で900キロ運転したのも初めてでした。

年末年始に岡山に家族で行った時は、700キロ程度でしたから。

眠そうにしている僕を母さんが起こそうと、結構話しかけてきてくれるのですが、車の中ということもあって、何を話しているのか聴き取れないという事態には笑ってしまいましたが、安全運転しないとなぁ、とその度に思った次第。

車の運転は、お気をつけください。

P.S.
写真は宍道湖。この読み、わかる方いらっしゃいますか?

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




オウンドメディアを書くときのペルソナ設定方法

お楽しみ様です。小野貴正です。

出雲大社での1日目。東京から出雲大社に向かうバスの中で、というよりは2時間毎に停車するサービスエリアで動画を撮ってきましたが、稲佐の浜で撮った動画が結構役に立ちそうな気がするな、と思い、紹介することにしました。

よかったら、感想聞かせてくださるとうれしいです。

ペルソナの設定に関しては、方法論としてこうやるといいよね、というのがありますが・・・個人的にはなかなかちゃんと設定している人は少ないと思っています。

セールスレターならまだしもオウンドメディアの記事にまでペルソナ設定するのですか?みたいな声も聞こえそうですが、記事である以上、読み手は存在しますから、ペルソナのない記事というのはないんじゃないかな、と思います。

そんなわけで、普段からオウンドメディアの記事を書いてもらっているミスターハギヤキとミスターアルケミストとでペルソナ設定談義をしてみたのですが・・・予想に反して、なかなかいいんじゃないかな、というアイデアが登場したので、これは共有しなければということで、動画を紹介します。

もろに「ワイルドサイドを歩こうよ」の『コピーライティングはココロだ!」そのものなんじゃないかな、と思いますが・・・島田さんとジョブズ会長へのオマージュとして、この動画をお届けしたいと思います。

ちなみに個人的にツボだったのは、ミスターアルケミストの「王道」とも言えるペルソナ設定方法(キーワードを検索して出てきた記事をチェックしていくというもの)の後に、ミスターハギヤキが対象市場の年齢層などから好きなアイドルをペルソナとして設定し(動画では30代をペルソナとするなら新垣結衣さんをそれと設定する、らしい)、そのアイドルに向けて記事を書くというもの。

これは亜流な感じもしますが、前のめりで記事を書くという意味では、おもしろいな、と思いました。ちなみに彼は、釣りに関する記事を書いています。釣り記事のペルソナも新垣結衣さんなら、相当ウケるよな、と思いました。

書き方もいろいろありますが、もちろん王道あっての亜流。という意味で、とてもバランスの取れたペルソナ設定方法になったかな、と思います。

参考になれば、幸いです。実際、結構使えると思いますよ。

P.S.
ビーコンランチミーティング@出雲大社の開催はなんともいえませんが、今日はニューフェイスが合流する予定。期せずして僕を含めて5人が集結することになった出雲大社ですが、今日も快晴のようで撮影日和です。またの映像を、お待ちください。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




毎日の習慣が違いを生む。

お楽しみ様です。小野貴正です。

現在、出雲大社に来ています。新宿から出雲大社まで、ずっと雨模様の天気でしたが、出雲大社に着いてからしばらくすると、快晴に変わりました。せっかくなので参拝し、夕日の時間帯には稲佐の浜に行き、神在月の出雲を体験してきました。

海の上には雲の層があり、その雲の先からは八百万の神が姿を現しそうな、そんな雰囲気の稲佐の浜でした。明日も天気が良ければ、また訪問したいと思います。

さて、今回の出雲大社行きは、もともと神在月に参拝したいということで決めた訪問でしたが、ミスターアルケミストも一緒のバスに乗って移動するということになりました。そこで撮った写真が冒頭の写真です。

動画も別に撮ったので、それはまた機会があれば、「ワイルドサイドを歩こうよ」の連載シリーズ、「コピーライティングはココロだ!」バリに紹介したいと思います。深夜にサービスエリアで撮った動画と稲佐の浜で撮った動画が、なかなかいい味出していると思いますので。

ところでこの写真、何をしている写真かというと、ミスターアルケミストが写経中の写真です。バスの出発後、僕がブログを更新しますね、と伝えたら、彼が何やら取り出してノートに一心不乱に書き始めたのですが、まさか写経をはじめたとは。

ロバート・コリアーの『伝説のコピーライティング実戦バイブル』を取り出しての写経です。揺れるバスの中で写経をはじめるとはなかなかすごいな、と思ったのですが、なんか書き方がパワフルなんですよね。しかも速い。

聞くと、昔はこんなに速く書くことはできなかったそうですし、書くとノートの半分とかまでに腕が痛くなって書けなくなったそうですが、今ではそんなことはないとのこと。筋トレと同じだな、と感じました。

毎日続けていると書く場所を選ばなくても書けるようになると考えていましたが、こうミスターアルケミストがそれを体現している様子をみると、やっぱり努力はいい結果を生み出すよな、と思った次第。

もちろん、レジを鳴らすコピーとか、そういったものを実現してこその写経だとは思いますが、毎日やりましょうとはいえバスの中ででもやらなければと言ってやるなんて、なかなかできることじゃない。

毎日の習慣が違いを生み出す。コレは僕が常々考えていることですが、ミスターアルケミストの行動を見ていると、これだけやるのならばやっぱりうまくいって欲しいし、後は時間かな、という予感。それだけ、毎日やり続ける人ってなかなかいないと思うので。

毎日やり続けるなら、それに足る必然性が必要。やれるということは必然性があるということ。必然性を生み出すものはコア・バリューや在り方だと考えていますから、これらもすでに内側に在る。

これを発見するのもなかなか大変なものですが、発見したらうまくいくことを考えれば、ココこそ自分と向き合うべきところなんじゃないかな、と。

実際、エライ読ませる文章を書くようになっていますし。

毎日の習慣、僕は大事だと思っています。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




初めてのスーツケース2つ持ち(ミスターアルケミストはバスで写経中)

お楽しみ様です。小野貴正です。

これから出雲大社に向かい、その後は広島経由で岡山へ。岡山空港からは上海経由でバンコクに行きます。バンコクではワイルドサイド部のタイツアーに参加です。

本来、荷物はそれほどいらないのですが、年末年始の家族訪日用に、大きなスーツケースを置いてきたほうがいいかな、と思い、今回はスーツケース2つを持っての移動です。部屋を出た時に思いましたが、これは結構な荷物だな、と。両方ゴロゴロと転がすことはできますが、結構、周りに気を使います。

現在、相模大野駅まで移動しまして、ロマンスカーを待っています。この荷物ならロマンスカーだろうと思ったものの、今ベンチに座って思うのは、このスーツケースを置くスペースってあるのかな、ってことです。

以前、新幹線のグリーン車でもスペースがなく、前の座席と膝の間にギュッと押し込んだ記憶がありますから、ロマンスカーだと通路に置くか、車両と車両の間に置く感じかな、と思います。いずれにせよ、乗客の方々に配慮しつつ、ですね。

今回の出雲大社行きはバスなのですが、この荷物を考えたらバスだよな・・・と思います。バスか飛行機でないと、スーツケースを置くスペースがないので・・・船は試したことがないので、わかりませんが。

ライティングすべきもの、確認すべきものがまだ完了していないので、どこかで書いておきたいな、チェックしておきたいな、と思うものの、どうも体力が回復しないままの状態です。いろいろとたまっている感があるので、これをクリアせねば、なのですが。バスの中では眠る予定なので、あ、ミスターアルケミストとサービスエリアで動画を撮影しようと思いますが、ひと通りやるべきことをチェックしておかなければ、かなと。

ところでロマンスカーに乗り込みました。最後部席の後ろにスーツケースを入れ、僕は指定された座席に座っています。隣では女性がお化粧をはじめました。なんかバタバタとされていたので、これからお仕事なのかもしれないな〜とか思いつつ、今日のところはこのへんで。

明日は、出雲大社から更新します。

P.S.
コア・バリューとマスタープランのアップデートは12月10日から上海で行う予定。1月30日と31日はコア・バリュー発見&自分プランニング合宿の開催が決定。ビート・ザ・コントロールする人を2016年はいっそう増やせればと思います。もちろん本人が望むならば、ですが。ところで今、ミスターアルケミストと一緒に出雲大社行きのバスに乗っているのですが、隣の席でロバート・コリアーの写経を始めました。バスで写経する人、初めてです。なんかスゲー。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




神話の世界。

お楽しみ様です。小野貴正です。

出雲大社に行ってきました。一般的な呼称は「いづもたいしゃ」ですが、実は「いづもおおやしろ」がオフィシャルな呼称とのこと(たぶんです)。伊勢神宮もオフィシャルには「神宮」だそうですので、別格であることがよくわかります。

出雲大社にいくと気づくのは、祀られているモノが多いということ。出雲大社の周囲を歩くと、例えば八百万の神を迎え入れる「稲佐の浜」までいく途中、歌舞伎の創始者と言われる出雲の阿国のお墓があります。このお墓以外にも、かなりの数のお墓を所々で目にします。

山々に囲まれてそのそばには海があるという、そしてその山々が覆いかぶさるようにして立つ出雲大社は、やはりその雰囲気からして「神宮」同様に別格な感じです。「神話の世界」ですね、ここは。

隣接されている「古代歴史館」だったかな、そこに行ったりインターネットを見たりして学んだのですが、オオクニヌシがアマテラスから国を譲るように迫られ、譲ったのが出雲国。その代わりといって建てたのが出雲大社。詳しいところは覚えていないのですが、復元模型を見るとコレはスゴイな、と思いました。ちょっと普通と違う。厳かだけど異様というか。

礼の仕方も変わっていて、普通神社というと二拝二拍手一拝ですが、出雲大社は二拝四拍手一拝です。そして神社の後ろを周る時は左回り。時計回りの反対になります。僕が教わったのは逆なので、コレも普通じゃないのかな、と。

参道が本堂に向かって下り坂になっているとか、左右対称の造りになっていないとか。何となく感じる程度ですが、でも何かがエライ違う。

あらためて、日本の歴史というか日本の神話とか、そういうものを知る必要がありそうだな、と思いました。

昨日は天気にも恵まれて、参拝はもちろん、近辺の観光もすることができました。そして現在、特急まつかぜに乗って鳥取に向かっています。今日の19時には智頭にいる予定です。

出雲大社前のスターバックスにも行ったので、そこでの写真は別の記事でアップロードしようと思います。出雲大社の前にあるスタバだな、という感じで、和風の造りも店内に取り入れられており、なかなか落ち着けます。

個人的には電源付きのカウンター席から見る出雲大社の鳥居もいいですが、10人がけくらいの中央に配置されたテーブルもいいなと思いました。「勾玉」の形になっており、勾玉の「目」の箇所には(こういう言い方でいいかどうかわからないのですが)、水晶がハメ込まれていました。面白いですね。

出雲そばは楽しめなかったのですが、道を歩いていたら中学生か高校生が僕に挨拶してくれるくらい、隣近所の結びつきは強そうだなと感じましたし、こういう街なら僕も子どもと一緒に住みたいな、と思いました。

出雲大社から感じるあの不思議な感覚がなんだったのか。

ちょっと気になりますが、そのうちわかるかな、ということで・・・智頭に行ってきます。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓