初めての経験に飛び込み続ける。

昨日の川場スキー場は駐車場からゲレンデそばまでのシャトルバス待ちで30分、リフト券売り場の行列に並んで30分と、かつてないほど混雑したスキー場を体験することができました。

並んでいる間は城ドラに興じておりまして、割と勝利をおさめることができたこともあり、気持ちは落ち着いた状態。

しかしやっぱり白馬のほうが、慣れ親しんでいるだけあってホーム感があるなぁ、とも感じました。

長男次男、そして妻はというと、年始の白馬に続いて2回目のスキー場。

白馬では雪不足だったこともあり、ゴンドラで山頂付近まで行ったもののソリをレンタルすることができず、雪遊びのみの経験でしたが、

昨日の川場スキー場では子ども用のゲレンデでソリデビュー。

長男で1台、次男と妻で1台のソリを借りまして、楽しんでいたのですが、様子を見ているとやっぱり何回もそれを楽しむことで、どんどん上達するんだな、ということが見て取れました。

最初は滑る感覚がわからず、おっかなびっくりでソロソロと滑り出し、なかなか勢いにのることができませんでしたが、2回3回と滑るにつれて、右に曲がったり左に曲がったり、ちゃんと人を避けて滑ったり、止まったり、ということができるようになるので、

僕はもっぱらカメラ係でゲレンデの上からと下からとカメラを構えておりましたが、うまくなるにつれて表情も明るくなっていき、ああ、これは本当に楽しんでいるんだな、という雰囲気を感じ取っていました。

途中、リフトで家族が登ってくるのを待つ間、License to beatに参加する皆さん向けに動画を撮り、その時にももしかしたら話した内容かもしれませんが(いや、話していないかも)、

セールスライティングクラスならば、オウンドメディアの記事でもセールスレターでもライティングをし続けること

賢者舎クラスならば、思考フレームを使って事業プランニングをアウトプットし続けること

自分という器クラスならば、初めての経験をし続けること

「やり続ける」

これが大切なんだろうな、ということを家族のソリ遊びをカメラに収めながら、感じました。

僕自身もそれは同様で、2016年は木坂さんのマスタークラスに参加し、島田さんとイタリアのス・ミズーラ受注会に行く、そしてLicense to beatという講座を開催するなど、初めての経験をし続けてきましたが、

セールスライティングでも思考フレームでも、それらをアウトプットし続けたからこそ今の自分、ビート・ザ・コントロール株式会社をつくってきたように、

マスタークラスでもス・ミズーラでも、License to beatでもやり続けてこそだよな、と思います。

そしてまた、新しい経験をし続けることも、やり続けてこそ。

ええもちろん、今まさに決断すべきものがあるということで、ビビっているんですけどね。

喉の奥にある、胸のちょっと上の部分がキュッと引き締まるというか、同時にスーッと清涼感を出していくというか、

そんな自分を感じながら、またひとつ、新しいことをはじめようと思います。

ちょうど先日、ジャパンネット銀行とみずほ銀行でビート・ザ・コントロール株式会社の口座開設ができたということで、あ、これは島田さんの秘密結社ワイルドサイドで日々精進されているミッキーさんのおかげなのですが(ありがとうございます!)、

法人口座から初めての振込も体験しつつ。

2016年もあと2日。

今一番大切なことを、一番大切にしていきましょうー。

P.S.
スキー場や温泉情報をくださった皆さん、ありがとうございました!
上牧温泉と川場スキー場を、今回は選択しましたー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




食べてみると意外といけることがわかる。だからやってみるべきなんですよ。

現在、六本木にいます。

今日で食いトレ部の活動も4日目でして、今回のテーマはカツ。

部長厳選のお店に両国から移動し、カツと名のつくものでもうまいと認められたものを次々に注文して行き、

お金を持って席についた時には、「注文しておきました」という事後報告。

個人主義的な雰囲気が日本において広まって久しいですが、

やっぱりこういうですね、先輩の行動は絶対というか無条件でそれに従わなければならないというか、

そういうマッチョな活動も大切だよね、ということで、何を注文したかはわかりませんが、ありがとうございますー、と返しておく次第。

ネギカツに始まり、野菜カツ、そしてぴよぴよメンチカツ、

前菜を食べた後はヒレカツとロースカツとササミカツ、

それらを平らげた後は、有頭海老カツがやってきて、その後はクリームコロッケ。

そしてカツカレー。

実はカツカレーを注文する前にはお米を食べていた関係で、食べきれるのだろうかとビビっていた次第。

向かいの席に座っている城戸さんが、じゃあ半分ずつ食べますか、と提案してくれたにも関わらず、

部長から、小野さんは普通盛りで城戸さんは小盛りで、という風に指名されてしまったこともあり、

うーんと唸っていました。

すると隣に座っていた木坂さんが、

食べてみると意外にいけることがわかるので、大丈夫ですよ、

と後押し。

ではとカレーを注文し、というか部長が注文してくれ、待つこと10分ほどでカレーが登場。

予想に反して以外と小ぶりで、ただカツだけはロースが一枚ドンと乗っかっていますから、

こうなったらと何も考えずにスプーンを入れ、一口カレールーを食べてみました。

あら、いけるじゃないですか。

カツは重かったので肉社長城戸さんにお譲りしつつ、皿を持ってカレーとお米をかきこんでいく。

するとあっという間に完食しまして、美味しかったです、と一言。

だから初めての経験をしてみるべきなんですよ、

とは木坂さんが笑いながら発した一言。

僕自身も初めての経験にはビビることありますが、それでもこの行動指針自体は大切なんだよね。

そう感じた今日の食いトレ部でした。

島田さんはここでお土産にカツサンドを全種類注文し、ただいまカツサンド待ち。

このあとはリッツ・カールトンに行ってハンバーガーを食べるとか。

食べものの話になると冗談のようにも見えますが、実際大切なことだと思います。

変化を望むなら、変化する環境へと飛び込む。

誰もが振り返ると理解できて、しかし誰もがなかなかやらない、

僕にとっては大切な、いい人生を送るための大切な真実なんだと思います。

あ、お金をたくさん使いましょうという話ではないので、一応補足しておきますね。

ビビったらゴーというのは、初めての経験をするとき、未知の経験をする時だよね、ということで。