仕事の美しさ。関係の美しさ。

おまへのバスの三連音が

どんなぐあいに鳴ってゐたかを

おそらくおまへはわかってゐまい

その純朴さ希みに充ちたたのしさは

ほとんどおれを草葉のやうに顫はせた

もしもおまへがそれらの音の特性や

立派な無数の順列を

はっきり知って自由にいつでも使へるならば

おまへは辛くてそしてかゞやく天の仕事もするだろう “仕事の美しさ。関係の美しさ。” の続きを読む