石見神楽、食いトレ部課外活動、城ドラ。

この日はクレイジーパパの不定期イベントで北千住に行って石見神楽を鑑賞。

神職養成講座に通っていた時、神社で神主さんがやるような祝詞のよみあげをやっていましたし、明治神宮では厄祓いのときに神楽舞を拝見していたので、石見神楽とは名前を聞いたのみだったけれど、エラく興味がありました。

16日は大阪でぽっちり舎にスタッフ参加することになっていたので、スーツケースに筋膜リリース用のボールなどを入れて出発。

スーツケースを転がし、北千住について島田さんと合流。そして石見神楽の鑑賞。

和太鼓の響きがエラく心地よく、ウトウトしながらの鑑賞ではあったけれど、これは息子たちにも見せたいと思えるようなものでした。

古事記や日本書紀かな、割と昔話的に知っている話もありますから内容的には馴染みもありますし、和太鼓のリズムや音色は懐かしく聞き心地いいですし、演じる役者さんですかね、彼らの動きは静と動が感じられて躍動。

セリフは聴き取れていないと思いますが、わかりやすいな、と感じました。

次の予定のため、恵比寿という演目を途中で出たのは、気がかりです。浜田市の公園に行こうかな。

次に向かったのは新宿方面でして、島田さんと木坂さん、肉社長城戸さんとともにお肉を食べるという・・・会食ですね。これは食いトレ部ではないみたいです。部長がいませんでしたから・・・課外活動かな。

このお店を訪れたのは今回で僕は2回目でして、1回目のお肉もさることながら、今回のお肉もウマイとしか言いようがないモノ。

本当にウマイものを食べると人は言葉を失う、とは僕が誰かに聞いた言葉ですが・・・銀座の大将だったかな・・・それにしたってコピーを書いているのにもっといい表現があるだろうよ・・・と自分で突っ込んでしまう程度に「ウマイ」を連続使用。そして極めつけは、「春がきました」。

お肉を食べて春を感じるなんて初めての経験で、しかしサーロインの後に食べたヒレ、そしてその後に食べたサブトンのコンビネーション、と言うんですかね、もう流れるメロディーのようでした。

特にヒレ。

ヒレって僕のなかでは単なるお肉だったんですけれど、つまりお肉といえばサーロインとかロースとかでして、ヒレではない。しかしその見方がくるっと変わりました。

噛みしめるほどに肉汁の旨味が広がるというのは、このお店のお肉においてはどれも変わらないのですが、なかでもヒレについては油がそうはでないのに、肉の旨味がギュギュッ肉の中に埋まっていてしかも口が渇く感がない。それを噛むほどに旨味が解けて口の中でふわっと広がる感じ。しかも、表面は歯ごたえを残しながら柔らかく、噛みしめる楽しさを提供してくれます。

食べ終わってからそんな話をしつつ、人間セミナーの話へ。

城戸さんや島田さん、僕が何タイプなのかという話題になり、互いに「ゆうこりんタイプですかね・・・」など言いながら、木坂さんはどう思いますか、と島田さんが振る。

すると木坂さんは・・・「小野さん、身長何センチですか?」と確認した後で、何々タイプだと思いますよ、と。既に知っている人のタイプを見る時、どうしてもその人の中身を見てしまいがちですが、きちんと外だけを眺めて判断し、しかもその説明がわかりやすい。

もともと島田さんから言われていたタイプではありましたが、より納得したというか、そんな感じ。

そしてその後は秋葉原に移動して城ドラのオフ会に参加。

全国大会とかに出場するレベルの皆さんではありましたが、イベントの一つとしてランダムにトリオでチームをつくり、トーナメントを開始。

なんというか、超絶技巧バトルに入り込んだかのような、まさに異次元の戦いに参加させてもらいまして、一つ勝利をおさめることができたのは思いのほか興奮。

城ドラで次に昇る山を確認しつつ、そのまま東京駅に向かって始発で大阪へ。

城ドラの若い人たちの中で年齢を言ったら驚かれましたが、多分あのなかでは僕が最年長だったんだろうなぁ・・・。

今日はぽっちり舎のあとで心斎橋へ。今日こそは福太郎に行って岡本さんに報告だ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




肝心要のシーンで城ドラ。

今回の訪タイは本日開催された次男のお遊戯会のため。

実際にお遊戯会に行ってみると、お遊戯会というよりは、年長さんの卒園記念がメインの発表会というか、そんな感じの式典的ニュアンスがあったようで、参加されているご両親がちゃんとした格好できておりました。

普段から割とちゃんとする格好の幼稚園だとは思いましたが、いざご両親が集まってみるとなかなかに歴史のある幼稚園なんだろうなということが伝わってきますし、女性陣の気合の入り方がまたすごい。

僕が小さい時、お母さんはあんなに張り切っていたっけなって思うほど、席取りも一所懸命だし、お洋服もなかなかのもの。

いつでもどこでも女性はスポットライトを浴びて輝くもの、また輝いていてほしいものだなぁ、と感じました。

次男は今でも人がたくさんいると怖いのか不安なのかで泣いてしまうのですが、今日の発表時は練習していた甲斐があってか最初のワンシーンにおいては誰よりも目立ってカッコイイ振り付けが様になっていたと思います。

おお、あんなに開脚してぐるぐるやってるぜ、と誇らしげになりました(他の子よりも腰を落として開脚しての踊りがカッコよかったのです)。

まあ、他の踊りにおいては目の前にいる女の子に見とれていたのか、ほぼ直立状態でニコニコ手を降っていましたが。

不安になると両親を探すというのは次男に限らず他の子もそうみたいでして、2才児クラスの子たちは演台に登場するとエライ勢いで泣いてお父さんやお母さんを探していました。

妻が言うに、次男もああなるから隠れていたほうがいいのよ、とのことでしたが、次男が登場するやいなや最前列に駆けていき、写真や動画を撮ったとうれしそうにしていました。

僕はというと、荷物番という使命もあったので、席からはそう離れなかったのですが、右手にiPhone、左手にハンディカムを持って次男を撮影。

人の壁で見えなかった箇所はあったものの、次男がニコニコして躍る姿に満足し、ああ、来てよかった、と感激しておりました。

次男の出番は2回あったのですが、それが終わると次男が妻の元へ。

次男が家に帰りたい、と言うのでそれならと妻と長男と一緒に腰を上げ、出口に向かう。

しかし途中で先生に呼び止められて、まだ出番があるので帰らないでください、とでもいわれたらしく、再び席へ。

多分あと30分程度だろうと思い、城ドラの画面を開いて今日から育てはじめた魔導騎兵の武具開発に勤しんでいたところ、妻が隣で、

「ユウキが泣いているよ」

と言うので前方を見ると、先生に連れられて次男が演台に向かっているではありませんか。

このときは一体何がはじまるのか想像もできなかったのですが、再び魔導騎兵の武具開発に夢中になっていると、隣の妻が立ち上がって何やら撮影しようとしていることに気付きまして、

パッと前方を見てみると、演台上で校長先生のような人から何か紙のようなものを手渡され、記念撮影している次男の姿が。

3秒ほど眺めたあと、次男がその場を離れはじめたことで状況が飲み込めまして、ああ、今日は進級証書みたいなものをもらう日だったのか、と衝撃。

お遊戯会もメインだけれども、進級証書をもらう日だってメインじゃないか・・・と城ドラに夢中になっていた自分自身に失笑しつつ、

また来年も来ようと誓った次第です。

妻には、再来年の卒園時に来たほうがいいと思うけどね、とは言われましたが。

限度あるリソースをどこに振り向けるか、どんなパーソナリティが集まってもいかにして勝つか、ということを学び、実際に事業運営で役立つあたり、城ドラには感謝の気持ちでいっぱいですが、

とは言いつつも、今ここで一緒に過ごすひととの時間も大切だよなぁ、と思いまして、今日はこのへんで。

明日は宇都宮あたりから更新予定です。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




城ドラフェスティバル2016東京。

渋谷のヒカリエに来ています。

島田さんの呼びかけでインド以来城ドラをはじめていますが、今回の城ドラフェスティバルに合わせて、初めてオフ会的なものも昨日から開催され、僕の中では大いに盛り上がってきています(眠いけど・・・)。

ただいま「らくちん観戦シート」なるところでこのブログを書いているのですが、城ドラの代名詞的存在であるうさぎやゴーレムのかぶりものをかぶっている人たちも見られ、オンラインでは感じられない空気感を味わえることに、やっぱり来てよかったなぁと思う次第。

プロモーションの時も、実際に読み手とか聞き手がどんな雰囲気なのかを感じることで、選ぶ言葉や選ぶメールの順番にリアリティが出るというか、そういうことを体感しているので、

自分の常識、頭のなかにあるイマジネーションは現実と照らし合わせて活用した方がいい、と僕は考えています。

らくちん観戦シートは有料、そして人数過多の場合は抽選だったのですが、ヒカリエ11階のシアターテーブルをまるまる貸し切っての会場ですし、僕らに提供された席は窓際で背もたれの大きなソファー席(といっても、硬めの椅子です)。

このシート保持者は入場制限に関係なく9階のイベント会場に出入りでき、かつ11階のシートは専用シートなので、荷物も置いていけるなど、利便性がいい。

このイベントのために集まる子どもたちや青少年たち、そして大人たちはかなりの数になる模様でしたから、会場の混雑ぶりを考えると、こうしてブログを書いたりコーヒーを飲んだりできるスペースは(フリーフード・フリードリンクのブッフェ形式です)いいアイデアだなぁと思います。

もちろん、城ドラフリークなら見逃せないソロやグループバトルをリアルタイムで楽しめるよう、らくちん観戦シートではその名の通り、プロジェクターで投影されたバトルを観ることができます。しかも実況中継付きっぽいです(聞き取れないので、たぶんですが)。

ニコニコ動画などとも連携しているようで、オフラインとオンラインをミックスさせたイベントは、単なるオンラインゲームの枠を超えた可能性を感じさせてくれます。

会場で直接販売するグッズもなかなか秀逸で、一緒にらくちん観戦シートで観戦している女性陣は「かわいい〜」と言って速攻で購入する雰囲気(同時に、らくちん観戦シート会場でもグッズが並べられていたら、ついでに買っちゃうのにね、という視点もあって、このへん女性の感覚ってプロモーション上大切だよね、と思う次第)。

実際僕も、マタンゴと魔動機兵という、城ドラのキャラクターがプリントされたタンクトップとTシャツを長男次男に購入したくなり(5,000円以上買うとうさぎのかぶりものやゴーレムのかぶりものがひとつプレゼントされるのです)、

・・・

ちょっと2時間ほどブログのライティングを中断し、諸々買ってきました。

現在整理券番号は2,000番台まで発券されているのですが、入場規制がかかっておりまして、ただ今入場できるのは1,700番台まで。

こうなるとらくちん観戦シートの価値はうなぎのぼりでして、会場内のあらゆる場所で規制がかかっていても、フリーパスで通ることができます。

140名程度にしか発売されていないようですが、イベント価値が高いほどにそこで販売されるサービスの価値も高まるというか、そういうものを感じました。

バトルの様子を見ながら島田さんと話していたのですが、これはプロモーションですよね、と。

手持ちのキャラクターがどんなものになろうとも、打ち手はすでに持っている。

いわば、プロモーション中に一見想定外の事態が起ころうとも、想定内として仮設を立ててシミュレーションしておく。

そういう意味で、城ドラのバトルもそうですが、フェスティバルの運営もまた、あらゆることを想定内としておくのは大切ということに気づきます。

どんなものであっても、学びはあるものですね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




バンコクのホーム感(世界の至る所で、この感覚を)。

昨晩、タイのバンコクに戻ってきました。

エア・インディア機がバンコクのスワンナプーム空港に着陸したのは、確かタイ時間で19時30分ころ。日本時間の21時30分ですね。

ケイコさんからデリー離陸前に届いていたメルマガを送信しようと、あ、その前にワイルドサイド部の島田部長から、

「小野さん、LINEのプッシュ通知は僕もオフにしていますが、城ドラだけはオンですよ!」

と言われていたので、搭乗口そばにあったトイレでそれを思い出したこともあり、城ドラにログイン。

島田さんが将棋のようなところもあると話していましたが、あれは確かに奥が深いなぁ、と思いました。キャラクターによって向き不向きもありますし、相性のいい同士そうではない同士もある。

攻撃的なキャラクターばかり集めても、背後に回られたら城が攻撃されてしまうとか、空中戦に強いキャラクターを集めても、地対空攻撃に強いキャラクターが相手にいると空中戦も何もなくなってしまうとか。

自分の攻め方、守り方をキャラクターの特長に合わせて構築していき、相手の出方を読んで奥の手も用意しておく。

個人的にはセールスライティングに活かせそうなので、License to beatのセールスライティングクラスに参加する方々にはぜひ参入してもらおうかなぁ、と考えています。

自分という器クラスとビーコンコーチング、タレント化プログラムの参加者にも、ですね。

なぜなら、選ぶキャラクターや戦い方、城レベルの上げ方に、その人の性格が出るからです。

性格はその人の生まれや育ちに関係するんじゃないかな、と思うので、ルーツが見て取れるんじゃないか、というのがその理由。これは推測というか私見ですが。

トイレで城ドラをプレイし、そうですね、20分程度はやったかな、スッカリ人がまばらになった搭乗口付近を歩いてイミグレーションへと向かい、ほとんど人のいない入国審査を経て、スターバックスへ。

意に反してエラく混んでいたのでエアポートリンクの駅そばでメルマガを送ろうと移動。

フットマッサージをやりながら送ろうとしたのですが、良い座り心地の椅子ではなかったので、

そばにあったベンチでメルマガ送信作業を行いました。

終了後、マッサマンカレーを食べつつ、ああ、タイに帰ってきたのにカレーが追いかけてくると笑い、ちなみに今朝はカオソイというカレーヌードルを食べたのですが、やっぱりカレーが好きなんだなぁ、とルーツを再確認する次第(母が言うに、僕がお腹にいた時、美容師の母は忙しくても食べられるよう、いつもカレーを用意していたそうです)。

その後は城ドラをプレイしながらエアポートリンクでパヤータイ駅へ行き、BTSに乗り換えてチョンノンシー駅へ。

22時30分ころにコンドミニアムへと到着し、長男次男にインドのオートリクシャーとタクシーのおもちゃをおみやげとして渡し、妻にはアッサムティーやサンダルソープなどを渡しました。

ちなみに今妻が車の修理費請求書を持ってきまして、インドで聞いた時よりも10万円近く高い請求書になっており、

ああ、家に帰ってきたなぁ、と。

インドのデリー到着当初はどうやってホテルに向かえばいいのかわからず、あたりを窺いながらの移動となりましたが、

同じような雰囲気のバンコクではそうではなく、城ドラをやりながらでも移動することができる。

なんというか、バンコクのホーム感にホッとしつつ、こういうホーム感を世界の至る所でも感じられるようになりたいんだよな、と再確認できたこともまた、インドに行ってよかったと思ったことの一つだなぁ、と感じています。

身体性を伴った経験以上に、自分の生きる方向性を感じられるものも、そこにホーム感を感じられるものも、なかなかないと思いますので。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓