語るに足る。

読み手は書き手以上に書き手を知っているというか、たぶん精確に言うと「書き手を感じている」。

そんなことを昨日の島田さんとのプライベートセッション後、そして今朝起きて眺めてみたあるメルマガから思ったので、自戒を込めて書いておきます。

そのメルマガでは起業家の失敗談、そして失敗はしたけれども “語るに足る。” の続きを読む

グランドデザイン。

木坂さんのパフォーマンスアップセミナー初日が終わったあと、島田さんとともに恵比寿へ。

焼き鳥をつまみつつ、少し城ドラに興じたあとはグランドデザイン作成の続きへ。

前回までに考えた内容を島田さんがチャットワークとノートに記してくれているのでそれを再度確認しつつ、大枠から細部へと数字で落とし込んでいく。

僕はこれまで大まかな数字設定はしていたものの、その数字には根拠が無いというか、それほど数字目標を重要視してきませんでした。

先に年収目標を決めることにそれほど意味があるとは思えません、というような発言をすることもあるのですが、「こういうふうに仕事をして生活をしている」という必然性があってはじめて必要とする年収が決まり、年収目標を設定する、という順序だと考えているからです。

実際、曖昧な数字ではあっても方向を定めたらまず試してみて、市場がありそうだとなったらブラッシュアップしてさらに試す、ということをやってきたら自ずと数字は増えていくことにもなりますから、数字よりも行動のほうが大切だと、マイケル・マスターソンがいうところの「構え・撃て・狙え」のほうが大切だと思っているわけです。

しかし、こと今回のように、会社のグランドデザインをつくるということに関しては、現実的にかつ具体的に数字を設定することが大切だと思いましたし、必要だと感じました。

なぜなら、例えば現在募集を開始している「ライティング実績と報酬を獲得する半日セミナー」にしても、「セールスライティングの裏話半日セミナー」にしても、

またLicense to beatのセールスライティングクラス、コンテンツライティングクラスにしても、どれだけの方に募集の扉を開き続けていられるかどうかは、どれだけのライティング記事本数を提供できるかという「数」に関わってくるからです。

年間で1,000万円規模の記事を提供できるならば2016年度と同じ程度ですし、2,000万円規模の記事を提供できるならば、2016年度に比べて倍の方々に機会を提供することができます。

オウンドメディア記事のようなコンテンツライティングだけではなく、ステップメールやセールスレターも同様で、こういった案件があらかじめ「ある」と事前に知っているならば、実戦の場としてこれも約束できる。

安心と言ってもいいと思いますが、そういうものを法人である以上より提供する必要があると。

だから、昨年度の実績をベースにし、そこから現実的な数字をまず知ってグランドデザインとして書き込んでいく。

そこで出てきた数字に現実性と妥当性があるならば、クライアントさんにその数字分の依頼に対する価値を提供できますよという提案をしに行く。

必要であれば、1つ2つとクライアントさん、プロジェクトを増やしていく。あるいは、ライティングできる方々を増やしていく。

現実的で妥当性のある数字だからこそ、行動もまた現実的で妥当、そして必要なものになる。

そんなことを感じた、恵比寿の焼き鳥屋さんでのセッションでした。

実はもう一つ気付いたことがありまして、それは抽象度のコントロールに関することなのですが・・・

ライティングを行ったり、事業をつくったり、プロジェクトを進めたりする人々というのはある意味、「コミュニケーションを生業とする」方々だと考えておりまして、

そんな方々にとって「抽象度のコントロール」は大切だと伝えておきたく。

ワンメッセージワンアウトカムの原則から外れてしまいますので、これはまた明日にでも。

今日はパフォーマンスアップセミナーの2日目に参加したあと、神戸へ。

また、明日。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




原風景。

新興住宅地としての再開発が進められている眺めもそう。周囲を見渡す限り視界を遮るような建造物はなく、田んぼがあり畑があり用水路があり、遥か彼方には男体山などの山々が雪化粧をしてたたずむ景色もそう。

どこかで見たことがあるなぁと、島田さんが通った小学校や中学校の通学路を歩きながらふと思ったのは、僕自身が通った小学校や中学校の景色に似ているということ。

もちろん、そっくりそのまま似ているわけではないけれど、自然に囲まれて幼少期から少年期を過ごしたというのは似ているなぁと思い、

ああ、これが時折感じる価値観の近さとかそういう親近感を覚える理由なのかもしれないな、とも感じました。

先日参加した木坂さんの、確か西洋思想史クラスでの話だったと思いますが、人には本来、共感する力があると。ではなぜ共感するのかといえば、「似ている」「近さ」を感じるから。

抽象度をうんと上げてみれば、「人」というくくりでも似ているとなるので、人は誰もが共感し合えるという感じになるのかなと僕は思いましたが、幼少期を過ごした市町村が同じであったり、学校が同じであったりすると、「え!ホント!?」と思わず身を乗り出してしまうことを思い出してみれば、確かに「似ている」とか「近さ」とかは共感を呼び起こすものなのだと思います。

3月3日の島田さんグレートジャーニーに参加した皆さんには怪訝な目で見られていたように思いますが、僕は最初この観光地でもない場所に参加者が集い、通学路を歩いたりすることの面白さというか、老夫婦が目を丸くして車から僕らを眺めたりすることに思わず吹き出してしまいまして、

なかなかユニークなことをやっているなぁ、と客観的に捉えていたわけですが。

しかしやはりというかそうだよねというか、一緒に歩いて見ると、たとえそれが島田さんの通学路であっても、再開発が進められている生家付近であっても、自分ごととして捉え、自分はどうだったけな、と自然と思い出している自分がいました。

参加した誰かが言っていたように思いますが、言葉にならないけれど、価値がある。まさに、それはそうそう、という感じです。

より良く人生を歩むには人とのコミュニケーション、自分とのコミュニケーションが大切だとは誰もが頷くところだと思いますが、同じ釜の飯を食うじゃないですけど、同じ空間と体験を共有するということがあってこそ、言葉が生きる。

言葉の先にその人を見る。言葉の先に自分自身を見る。

これがコミュニケーションを円滑にして、僕らを先にすすめる秘密なんじゃないかと感じた一日でした。

次回は、茨城かな。僕自身は幼少期を過ごした東京で行う予定。

良い週末を。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




仕事は何?

クレイジーパパのエグゼクティブコースに入札し、島田さんのプライベートセッションを受けていて思うのは、オンとオフの違いというか、仕事と遊びの違いというか、そんな感じのこと。

一緒にいる機会があればアドバイスはあるし、そのアドバイスをそのまま自分の中に入れて、行動というアウトプットに乗せれば実際にうまくいくことが多々。

入札したときは、ナポリのコスタンティーノさんやミラノのサルトの方との不定期イベント参加確約にビクンと来たという側面が強かったように思えますが・・・2016年は結果的に参加させてもらっていたイベントに、2017年は参加できないかもしれないのか・・・というかつて手に入れていたものが手に入れられなくなるのではないかという恐れのようなものと、食いトレ部の活動もそうですが(これはクレイジーパパのエグゼクティブ特典ではないですが)、そういう場に参加して体感していた経験のほうが、入札の動機としては強かったように思います。

もちろん現在でもその気持ちに変わりはなく、思いのほか次から次へと来る不定期イベントに喜々としておりまして(沖縄のコーヒーや小倉のお寿司、ミラノのサルトなど1ヶ月に1度とは不定期イベントのお知らせが来ています。4月はたぶん、コスタンティーノさんとアントニオさんが来日しますから、ナポリかなぁ、と想像しています)、しかし同時に外からと内からと会社やビジネス、事業をみてもらうことの大切さもまた、味わっています。

数字をみるとその人というか会社というか、その課題がわかると島田さんはいっておりまして、とはいえ外からわかる数字だけではやるべきかやらないべきかはアドバイスしない。その人の内側、何を大切にしているのかを過去の経験や現在の行動など、考え方や身体性を伴った経験から発見し、それをグランドデザインという名の年間スケジュールに書き込んでいく。

最近秀逸だと感じたことがありまして、それは事業を見る目というのが短期的なものではなく、長期的なものであること。

短期的に粗利を伸ばそうと思ったら、経費を減らして自分の労働時間を延ばす。

僕だったら例えばですが、オウンドメディアの記事レビューも修正もファイルチェックも自分が行うことで、粗利をさらに出そうとする、などですね。

しかしこれは1年間続けられても2年も3年も続けられるとは限らない。何といっても、僕がタイに行って風邪でもひこうものなら、1ヶ月にレビューできる本数も修正できる本数も増えることはない。

会社としてやっている以上、クライアントさんにはもちろん、ライティングを担当してくれる方々にも安定と伸びを示しておく必要があると僕は考えていますので、これこそ個人ではなく会社という法人で事業を営む理由のひとつなんだと思います。

今井先生にもパタヤで言われましたが、仕組み化。

体感しはじめましたが、仕組み化というのはいわゆるインターネット上で言われる「自動化」のような側面もあるけれど、事業主である僕が「ラクして稼ぐ」方法ではない。

むしろこれは、クライアントさんやライティングを担当している方々こそが「安定して収益を上げ続ける」方法なんだと思います。

インターネットを見ると自分本位というか、自分の成果をドンと出す方々もおりますが、そのウラ側こそ見るべきだと僕は考えており、何らかの価値を提供していないのであれば、自分の成果など出るはずがない。

ウラ側にいる市場と商品やサービス、これが大切なんだと思います。

僕の場合、表向きはセールスライティングクラスとか自分という器クラスとかを用意しておりますけれど、ウラ側ではオウンドメディア記事やセールスレターなどのライティングを依頼され、それらをライティング担当さんたちに仕事として提供し続けている。

では僕は、どこに力を注力すべきなのか。

以前は「ライティングをやっています」と便宜上考えることが多かったように思いますが、最近は「事業をつくる」ということってこういうことをいうのかと変化しているように思います。

目先のことも含めて大きな視野で鳥瞰する。

2ヶ月で、なんだか変化を感じるなと思うあたり、世間でいうところのコンサルティングを受ける価値というのはあるんだな、と思う近頃です。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




常識外の数字は常識外の人から知ったりする。

昨日の深夜、というか今日の早朝にメルマガで配信したライティング実績と報酬を獲得するメール。深夜とか早朝の2時間というのは結構な時差でして、タイ時間では深夜でも日本時間では早朝だったりします。

タイ時間で3時なら深夜、同時刻の日本は5時ですから早朝、こんな具合です。

一旦メールを書いた時は「深夜」と表現していたのですが、ここはタイで読者のほとんどは日本だと気付き、早朝に変更(一部深夜のままだったりしましたが・・・)。

今回のセミナー企画は、意外とカンタンに実績や報酬そのものは獲得できますよ、ということを知ってほしいとともに、自分にとってライティングが向いているかどうかをチェックしてもらいたいという気持ちもあってのものです。

せっかく投資したはいいものの、書いてみた結果「こんなはずじゃなかった」というのは、可能であれば味わってほしくない。

多分今晩か明日には募集を開始してみる予定ですので、興味のある方は別送するメルマガをお待ちくださると。

昨日パタヤで今井先生に会って話をした、といってもほとんど聴き取れていないかもしれませんが、個人的には1伝えれば10わかるというか、そんな先人の知恵を浴びた時だったと思います。

これはワイルドサイドの島田さんもそう。先を知っているから、その先を伝えてくれる。いや、伝えてくれると言っても手取り足取り伝えてくれるというより、気づいたら伝えてくれていた、という感じかもしれません。

今井先生とパタヤでご挨拶してきますと島田さんに伝えたら、パタヤで今井先生と合う方も元賢者舎で、なかなかの実力者ですよ、と教えてもらっていたわけですが、

その方とお会いした第一印象は、恰幅のいい方が来た、という感じでして、心なしか今井先生と服装が似ている。

同時に思ったのは、これは僕の知り合いにいないタイプだ、というもので、今井先生や島田さんがいなければなかなか会えないタイプだろうな、と感じました。

これは木坂さんもそうですね。島田さんが伝えてくれていたからこそ、会いに行っている。

妙な感覚になるわけです。初めてのタイプだからどう接していいかわからないし、笑いのツボじゃないですけど、そういうものが違うというか。

家族と一緒に今井先生に挨拶をしに来たこともあり、先生が気を利かせてくれて、いいよいいよ家族と一緒に帰りなよ、と言うので、昨日は家族とともにタクシーでバンコクへ。

それで先ほど、今井先生のコミュニティに配信されたメールを見たら、昨日のことが少し。

すると、その知り合いにいないタイプだと思った方が、30億円企業を経営していると書かれていました。一晩で50万円散財、ゴーゴーで50万円ならなかなかだな、と思いつつ、あらためて気づいた次第。

自分にとって常識外の数字に対するリアリティというものは、やはり自分にとって常識外の人から知ったりするもの。

経営の仕方に関することもそのメールには書かれていたのですが、それは昨日今井先生と話した内容でもあり、島田さんとも話している内容でもあります。

今までできればそういうことを考えたくない、考えないようにしてきたわけですが(未経験ということもあるでしょうが、ラクではないわけで・・・)、2016年から2017年の頭にかけては常にこれが課題になるとは感じていたわけで。

ある意味生活というのは踊り場の連続のようだと感じておりますが、その踊場から次のステージに向かおうとした時、その道標は自分の知らない人が伝えてくれたりするものです。

そんなことを感じた、パタヤでの時間でした。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓