質問:仕事の中でライティングが占める割合は?

今日はいただいた質問への回答を記したいと思います。

この質問の回答を、聞いてみたいという方は他にもいらっしゃるかと思いますので。

特にまだセールスライティングの仕事をとっていない方、請負でセールスライティングの仕事をとりはじめている方、コンサルタントとして仕事をとろうとしている方向けの内容になるかな、と考えています。

なお、「何かの機会に書いていただけるとうれしいです」というメッセージもあわせていただいておりますが、一応質問の内容は簡略化しています。

原文そのものではなく、実際の質問とは異なる部分もありますので、この点あらかじめご了承ください。

質問:仕事の中でライティングが占める割合は?

回答:100%です、と言いたいところなのですが、やっぱり控えめに見ても100%だと僕は考えています。

この場合、「仕事」の定義がまずは肝心ですので、まずはインターネットで調べてみました。

しごと【仕事・為事】

1.
職業や業務として、すること。また、職業。「―が忙しい」「―場(ば)」「―ができる」(新たに仕事が生ずる意にも、仕事とするわざについて能力がすぐれている意にも言う)「そんな注文では―にならない(=引き合わない)」。したわざ(の結果)。 「これは私がした―だ」

2.
物理
力が働いて物体を動かしたとき、その力と動かした距離との積。

上記は「仕事とは」とGoogle検索した結果、一番上に出てくる箇所を抜き出したものです。

読んでみますと、「職業」として、すること、と書かれています。では「職業」とはなんだろう、というわけで、「職業」も調べてみますと

しょくぎょう【職業】

生計を立てるために日常従事する仕事。

とありました。

すなわち、生計を立てるために、(何かしらを)すること、これを辞書においては仕事という言葉の定義としている、と考えていいでしょう。

僕自身、仕事は生活そのもの、生活を構成する要素と考えていますので、辞書が言うところの言葉の定義とそうズレはないな、と感じました。

「生計を立てるために日常従事するもの」

ですね。

となると、ライティングの割合はやっぱり100%と言ってもいいかなぁ、と。

ライティングスキルが、生計の基盤になっていますので、このスキルを仕事で使わないことはないんじゃないかな、と考えるわけです。

例えば今現在、

*ライティング
*営業代行
*プロモーション
*講座運営

大きく分けると上記4つの枠組みで収益を上げておりますが、入り口はこのブログであったりメルマガであったり、

過去に僕が書いたセールスレターであったりするという意味で、セールスライティングスキルそのものが入り口と言ってもいい。

だから僕はまず、「セールスライティングスキル」を自分の経験と照らし合わせた上で、大切ですよ、これでレジを鳴らすスキルまで持っていけば、自ずとマーケティングスキルもコンサルティングスキルも必要なステージになり、

その時に自然と学べますよ、と話すことが多いです。

仕事のとり方はこのブログで紹介した後藤さんのインタビュー映像を確認してほしいのですが(もしくは後藤さんのメルマガに登録してみてください。借金4,700万円はともかく 笑 あの営業は普遍的で役に立ちます)、

僕の場合はセールスライティングスキルでレジを鳴らすことに焦点を当てた結果、投資して身をおいているコミュニティや人から仕事をいただけるようになり、

ブログで「セールスライティングの真実」的なことを綴っていたら、応じてくださる方々が集って来てくれたという感じなので。

もちろん、セミナーや講座で話す時はライティングというよりもスピーキングですが、

土台で在り続けるのはライティングスキルということで、100%といたしました。

また質問などありましたら、コメント欄やメールにて、お知らせくださるとうれしいです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




リアリティ(ミスターGは本当に酒飲んだら寝るんだよ)。

現在、東新宿のアパホテルにいます。ブログを更新してから外に出て、ラーメンでも食べてこようかなと考えているのですが、東新宿って日清食品さんやスクエア・エニックスさんなど、オフィスが多いせいか、落ち着いた感じです。ちょっと歩いて歌舞伎町だなんて信じられない程の静けさ。もちろん、車とかは結構な量なわけですが、それでも西新宿並みに静かです。緑がないので、それがちょっと、という感じですが。

さて、ホテルに向かう途中で撮ったのが冒頭の写真。エネジードリンクのMonsterを無料配布するキャンペーンです。

そういえばこういう無料配布って受け取った記憶がないなぁ、とこの写真を撮ってから僕も若い子たちや中国の方々がひしめくエリアに参入し、手を伸ばしてMonsterをもらってきました。運良く、僕がもらってからすぐに品切れになったみたいなので、タイミングって大事だなぁ、と思ったり。

しかしこの無料配布って、果たして意味があるのかどうか、ちょっとわからないな、と。あ、でもこのエネジードリンクって中毒性があるとかないとか(伝聞です)聞いたことがあるので、コレ飲んだらまた買いたくなったりするのかなぁ、と。でも中国からの観光客が買っても、リピートしないよなぁ、とか考えてしまいました。

たぶんですが、相当な量を配っていたので、100配るより1万配ったほうが1%の反応率でも分子は大きくなるというような、そういう作戦なのかもしれませんね。

いずれにせよ、新宿とかならではのキャンペーンを体感できたのは収穫でした。実際に体感することほど大事なリサーチって、なかなかないでしょうから。リアリティ、なんですよね。

リアリティ。

コレが本題かついでの話か、ここまで書いてしまうと疑問なのですが、街頭配布前に自分という器クラスのメンバーで、焼き鳥か焼き豚を食べていました。

そこで話したことはさておき、あ、やっぱり本当にブログで書いていたとおりだ、と思った現象に出合います。それは何かというと、

ミスターGこと(というか僕がそう呼んでいるだけですけど)後藤さんは、お酒を飲むとその場でウトウト寝てしまう、という現象です。

結構マッチョな感じでグイグイ仕事も生活もしている人なので、お酒飲んでも「ワッハッハ!もう一杯!」みたいな豪快な感じかなぁと思ったのですが、

一杯飲んで、二杯目を飲みながら目を閉じてうつらうつらと揺れている後藤さんは、豪快というよりも繊細、男というよりは女子でした。

一緒に行動してわかることってありますよね。こういうリアリティって、コピーを書くときはもちろん、プロモーションや事業をプランニングするときにも、エライ活きてきます。

リアリティの積み重ねが、信ぴょう性というか、コピーや事業に力を与えるんだと僕は考えています。

さて、今考えていること、今書き出していることに、リアリティは本当にありますか?あるとしたら、その根拠を客観的に書き出すことができますか?もしリアリティがないとしたら、どうすればリアリティを得ることができますか?

なぜ、リアリティが大事なのですか?

常に、自分自身に問いかけてみてください。

P.S.
ミスターアルケミストがワイルドサイド賞を獲得しましたね!あ、そういえば彼はビーコンメンバーだった、と思いだし、ビーコン賞をプレゼントせねば、とここに記しておきます。まぁ、タルマーリーのパンを語る、というプレゼントなんですけどね。おめでとうございます〜

彼の受賞作品は、こちらです。
http://myasp88.com/l/u/oDCcITZDsToJdPoM

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




お客さんは2人いる(アプレンティス戦術)。

ミスターGこと後藤さんが、「借金4,700万円男の物語」を開始しましたね。今朝なんて第2話と第3話が届くほどの前のめりっぷり。個人的には勝手にキャンペーンで背中からエイヤとプレッシャーをかけた感がありますが、空気感の醸成というのは効果があるんじゃないかな、ってことで。仕事も進んでいることを、願うばかりですね。

さて、ちょうどその第2話か第3話を見ていて、アプレンティス戦術を思い出しました。お客さんは2人いる、というやつです。後藤さんのメルマガを見ていてハッとしましたが、法人間取引は「お客さんは2人いる」なんだな、と。いわゆる、B to Bもそうですね。

一般的にセールスライティングを誰かから引き受ける場合、納品先は発注元であるお客さんで、セールスレターそのものを見て行動するのはお客さんにとっての個人顧客か法人顧客になることが多いです。

僕の例でいうと、オウンドメディア記事やセールスレターなどを発注するミスターフィクサーが「お客さん」。そしてミスターフィクサーにはオウンドメディア記事やセールスレターを見て動く「お客さん」がいる。そんな感じかな。

だから、お客さんは2人いる、ということ。

セールスライティングを学ぶと「ペルソナ」とか「アバター」という概念を学びますから、セールスレターを見て動く「お客さん」についてリサーチする人は割と多い。しかし、発注元である「お客さん」をリサーチする人ってなかなかいないなぁ、というのが僕の私見。

お金の流れを考えてみれば、自分にとってのお客さんが誰なのかは一目瞭然なのですが、ココを見逃している人が多いかな、と。法人間取引を経験ある人ならばスッと入ってくると思いますが、コレを考慮してセールスレターを書いている人が少ないと感じる以上、法人間取引の経験者は少ないのかもしれませんね。

アプレンティス戦術というのは、僕がダイレクト出版のコピーライティング講座でやっていたことでして、簡単に言うと、発注者とであるダイレクト出版が求めるセールスレターを書き、かつダイレクト出版のお客さんが悩みを解決できるように書く、というもの。つまり、ダイレクト出版から選ばれるようにライティングする戦術でした。

発注者が求める雰囲気のセールスレターとかステップメールってやっぱりありますから、それを提案しないことには採用されることが難しい。特に自分自身にライティングの実績や権威性がない場合はなおさらです。関係性が構築されていれば意見もできるでしょうし、聞く耳を持ってくれるでしょうが、一般的にはなかなか難しい。特にダイレクトマーケティングをやっている会社の場合、データを重視しているはずですから、あたっているセールスレターの傾向も踏襲した方がいいと考えるはず。

もちろん提案自体を好む会社もあるでしょうが、物事には順番がありますよ、ってことで。

自分のビジネス向けに書くならまだしも、セールスレターの案件を獲得しようと思うなら、発注者のリサーチも大事。

第2話とか第3話でそんなことを学べる後藤さんのメルマガですが、興味あれば登録してみてください。たぶんステップメールになっていると思うので(違ったらスミマセン)、今から登録しても第1話から楽しめると思いますよー。

P.S.
後藤さんのメルマガ?こちらからどうぞ。
http://gotonobumasa.com/mailmagazine/

P.P.S.
写真はLicense to beatセミナーとビーコンライブセミナー@名古屋のもの。実際に採用されたレターはアプレンティス戦術により修正したものです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ミスターGをてんてこ舞いにさせようキャンペーン。

何やらミスターGが、ブログを新設したらしいんですけど・・・

冒頭画像の通り、ザイアンス効果たっぷりのトップページなんですが、読み込んでみると未投稿のページがちらほら。何でもゴールデンウィーク後には「順次アップしていきます」とのことですが・・・

面白いのはメルマガのオプトインページを用意したものの、まだ肝心要の2話目ができていないという。

なんとも笑ってしまう展開ではありませんか、みなさん。

というわけで、ゴールデンウィークを地元香川で過ごすミスターGを応援するキャンペーンと称し、メルマガに登録してプレッシャーをかけましょう。

なんでも、このゴールデンウィークはクライアントさんからの依頼でてんてこ舞いらしく・・・昨日聞いた限りでは、ステップメールが30通程度とミドルエンドとバックエンドのセールスレターが数本・・・とか言っていたような。

それ聞いた時はいいませんでしたけど、僕は明日までにセールスレター5本とWEBページ10ページのライティングなんですよね。

期間の長さを考えたら、ミスターGもまだまだマッチョさが足りないよね〜ってわけで、皆でケツを叩いてあげましょう。ミスターG、早くメルマガ2話目をお願いします、とかね。コメント欄が「2話目、はやく〜」とかであふれたら、面白いですね!

じゃあこのキャンペーンに参加したらなにか良いことあるの?

って思った方。スルドイ!

それこそミスターGがメルマガでつけてくれる特典に期待!といきたいところですが・・・サービス精神旺盛な彼のことですから、スワイプファイルとか、リクエストしたらくれるかもしれませんよ。

まぁ、このへん未確認ですが、ゴールデンウィークを地元に帰って仕事三昧なんていう、なんと贅沢なことをやっているんだけしからんというわけで、皆さんの協力を仰いでミスターGをてんてこ舞いにさせよう、って考えた次第です。

よかったら、この衝撃的なページを見てみてください〜。

手書き「金返せ」っていうのが、リアリティあっていいですよね。4,700万円の借金を抱えた男は違うな〜と。

では、皆さんの参加をお待ちしていますね!

P.S.
ちなみに、ミスターGのブログ、衝撃的なページはこちら。
http://gotonobumasa.com/mailmagazine/

ブログの更新案内はメルマガで届くんですけど・・・僕がほしいのは借金4,700万円抱えた男のストーリー、なんですよね。

P.P.S.
ミスターGって誰?という方には、こちらのビーコンインタビューをご覧ください。

(前編)
http://beatthecontrol.jp/gotonobumasa-beacon-story/

(後編)
http://beatthecontrol.jp/gotonobumasa-beacon-story-second/

P.P.P.S.
ビーコンメルマガに登録すれば、ビーコンインタビューの感想を書いてもミスターGの特典がもらえますよ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓