安心領域。

朝起きてパタヤの海を眺めながら日課を行い、シャワーを浴びてリビングを見ると長男と妻が宿題をやっていました。

様子を見に近づいてみると、英語の宿題の模様でして、それを確認した僕がその場を離れようとすると妻が、

「朝ごはん食べないの?」

と聞いてくる。

お腹いっぱいだからいらないよ、と言うと、「朝は食べないとダメでしょ」ときた。

え、普段家にいる時朝ごはん食べていないじゃん、と思いつつ、そういえば牛乳やヤクルト的なものは子どもたちに食べさせていたなと思い、朝ごはんという言葉の定義が明らかになったことに目が覚めて、

なんだか良い朝だな、と思うに至りました。

ちなみに朝ごはんはどうなったかというと、ホテルに付いている朝食を食べに行くのは宿題のさまたげになると言ってルームサービスを頼むとのこと。

え、このホテルのごはんたぶん美味しくないよ・・・なんてことを口に出さないまでも眉間に皺を寄せてしまったあたり、余裕が足りんと自分に一括。そして深呼吸して笑顔に(その後食べてみたら普通に美味しかったです)。

頼んだものはかにチャーハンとタイ風焼きそばと称されるパッタイ。

どうも長男と妻でかにチャーハン、次男と僕でパッタイを食べる計算の模様でして、次男は僕の幼いころ同様、卵アレルギーなのでチャーハンダメなですよね、卵が基本入っているから。

抜いてもらえばいいのに、と今気づいたことには笑ってしまいましたが。

アレルギーといえば俺はエビアレルギーだからエビ抜いてと頼んだら、エビは私が食べるから、とのこと。何だよ、エビ食べたいのか・・・と笑いつつ、ブログに戻りました。

今タイ時間で11時AM前。13時からスカイプでの打ち合わせが一本入っておりまして、20時からのものは延期になる模様。

今井先生からの連絡を待って、パタヤのどこかで挨拶、という感じかなとシミュレーションしつつ、そういえばプールで子どもたちを遊ばせたいと妻が言っていたなと思い出しまして、どうしよう、とも思案中。

どこにいても仕事ができるというのは、どこにいても仕事ができてしまう状況とも言えるわけでして、個人的にはこの環境を日常と感じられなければ、

会社勤めのほうがいいと思いますし、フリーランスで一本いくらの請負をやっていたほうがいいと思いますし、いわゆる事業を営むというのは志向が遠いんじゃないかな、と感じています。

実務こそ業務委託契約などを結んで誰かに任せることは出来ますが、事業とか会社の方向性、マスタープランを決めたり数字に応じて手を打ち続けたりというのは、どこにいても仕事ができてしまうことを良しとする人ならではの特権だとも思うから。

僕自身が今そういう状況に身を置きながら、感じていることです。

そうはいってもセールスライティングをはじめとするライティングを学んで、時間と場所の自由を得るんだと考える人たちがいることは知っていますし、僕の周りにもそうしようと自分を変化させ続けている人たちはいます。

ライティングの仕事を請けながらスキルを磨く、という環境を用意することはできるのですが、ここに思考を変化させる方法を加えることがなかなかに難しい、というのが今僕が直面している課題です。

一緒にいる人のように自分はなる、という言葉を知っていても、それをああそういうことかとスッと来る人は、その人自身がそういうことを体験知る必要がある。

どうしても安心できる領域から、人は出ようとしませんから。というよりも、拒むんですよね、無意識のうちに。

しかしここを飛び越えてこそ、経済的な自由はもちろん、時間と場所の自由が在る状況になるもの。

僕は自分の経験したことしか語り得ないと考えていますので、そういうことをどう伝えれば伝わるのか、そんなことを頭に置き続けています。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




セールスライターになりたい人など、いない。

セールスライターになりたい人は他にいませんか?
独立起業したい人は他にいませんか?
時間と場所の自由が欲しい人は他にいませんか?

経済的な自由を含めて僕は思うのだけれども、そもそもそうなりたい人なんて誰もいないだろうと。

なぜなら、これらは手段であり、言うなれば物理的な特徴にすぎない。この場合物理的というのは、働き方とか書き方とかで明確に表現できるもの、としてください。

セールスコピーを学んでいる方はご存じだと思いますが、人は特徴を求めているのではない。一見特徴に見えるものを好んでいても、その実その背後にあるベネフィットを求めて行動するわけです。

例えば、4Kのテレビならば、「子どもの運動会で場所取りしなくても、遠くから撮影しさえすれば表情クッキリだなぁ」とか、「ああ、今年は早起きしなくていいなぁ」とか、「妻からガミガミ言われなくてうれしいなぁ」とか、ですね。

その特徴を手にする人、その特徴を求める人によってベネフィットは変化するものですが、欲しいのはベネフィットであり特徴ではない。

いや、確かにその特徴そのものを欲しくはあるけれども、特徴は動機にならない。

動機になるのは、ベネフィットなんだと、僕は考えています。

だから「セールスライターになりたい人は他にいませんか」とか「独立起業したい人は他にいませんか」とか「自由が欲しい人は他にいませんか」とかを見るたびに、

最近は、自分自身が恥ずかしくなることもあります。

このブログでもかつて書いたセールスレターでも、こういう表現を使っていたことはありますし、あえて使うこともあるのですが(特徴を伝えるだけで、ベネフィットに脳内変化されるような、そういう人たちを対象にレターを書く場合はそうですね)、

ここに反応する人たちは、そもそもそのスキルを得るまでやり続けることは難しいだろうと。

なぜなら、動機がないからです。やり続ける必然性がないのに、修行など誰もしたいとは思わない。

やっぱり「なぜ」がないと。

「なぜ」に対する回答がない場合、仮に回答っぽいことはあっても主張になっていない場合、動機が希薄ですから、やり続けることができない。

どう生きるのか?

そして、ラクをしたい脳、生存本能を司る脳を知らないとなぁ、と思う。

じゃあどうすればいいんだろう、どうすれば手段としてのセールスライティングや独立起業や時間や場所の自由と言うものに気付いてもらえるのだろう、どうすればその人自身の在りたい生き方に気づくのだろう、というのがこの2年間における僕のテーマであるのですが、2年前よりも1年前、1年前よりも今のほうが、

こうすればいいんじゃないか、ということが姿を現しているなぁ、と思います。

長男を歯医者さんに連れていき、ここ3日ほど同じ場所から写真を撮っていたら、こんなことが言葉になりましたので、参考までに残しておきます。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓