値付けが変なお店に行ってみた。

島田さんのブログで半年前に書かれたこの記事「値付けが変なお店に行こうよ」を体験してきました。

「予約を入れましたので一緒に行きましょう」という島田さんからの誘いは、エグゼクティブコーチングの時間だったか食いトレ部での活動中だったかは定かではないのですが、誘われたことはそういえばと覚えていました。しかし昨年末に1月27日ですよ、と言われた時はちょっとギョッと “値付けが変なお店に行ってみた。” の続きを読む

リセット。

今日は木坂さんのパーソナルセッションを受けに都内まで。

大阪の鈴木さんのもとへも通うのも、木坂さんのセミナーを受けたからこそ鈴木さんのやっていることがピンときたんですよね、そういえば。

ふたりとも、本質的というか、本質を大切にするというか “リセット。” の続きを読む

語るに足る。

読み手は書き手以上に書き手を知っているというか、たぶん精確に言うと「書き手を感じている」。

そんなことを昨日の島田さんとのプライベートセッション後、そして今朝起きて眺めてみたあるメルマガから思ったので、自戒を込めて書いておきます。

そのメルマガでは起業家の失敗談、そして失敗はしたけれども “語るに足る。” の続きを読む

基礎、セオリー。

今晩から上海へと移動するので、いや、上海行きとは関係ないのですが3キロほど走ってきました。

ランニングマシーンというのかどうかはわかりませんが、あのマシーンの上で走る姿勢が心なしか変化したような感じでして、普段よりも速い速度で走ることができる感覚です。

ビモロのシューズを履いて以来、意識的にそうさせているのかどうなのかはわかりませんが、つま先の外側の方からグリップするような感覚で歩いたり走ったりするようになっています。お尻のあたりの筋肉に力がグッと入りやすくなり、なんでか足の出が速くなるんですよね。上半身を揺らさずにスーッと走ることができるというか。

そんなタイミングでメールを見てみると、木坂さんからパフォーマンスセミナー関係のメルマガが届いておりまして、アンケート、のようなものに回答。

木坂さんと言えばテニスラケットをふる動作が思い出されまして、あのケツの動き、力強さは他に類を見ません。

パフォーマンスセミナーの実技編と応用編に関するアンケートだったのですが、備考欄にはあのケツの動きが目標ですと書きまして、実際あれは象徴的だったんですよね。

全身の機能を活かす動きをしないと、あの力強さは出ない。

あれみたら、本当にラグビーで全国復帰だったかな、そんなこともできそうだと思ったものです。

ちなみに治療家でありファンクショナルトレーナーでもある鈴木さんに「僕でもメジャーいけますかね?」と聞いたところ、「できるんじゃないですかね」と。

その理由というのがうなずくばかりで、なぜなら「今の自分が、最もパフォーマンスがいいから」とのこと。

普通に考えると20代でピークを迎えると考えられていますが、40代近くなって最高のパフォーマンスだと。

確かに、動きが変わりますし、僕の場合は姿勢が変わりました。

不思議なもので、コピーを書くときの速度、この場合はタイピングの速度も含めてですが、速くなった感覚があります。

その人本来の姿勢には、その人にとって最高のパフォーマンスが発揮される。

そしてこれは、セールスライティングでも同じです。

基礎というか、セオリーというか、そういうものはやはり存在するのだと思いまして、例えば普段から指示代名詞を多用するクセがある人は、セールスコピーでも指示代名詞ばかりになりますし(これとかそれとかが多いと、それら指示代名詞が何を指すのかがわからず、丁寧なコピーとは言えません)、形容表現を多用する人は、セールスコピーでも形容表現ばかりになります(スゴイとかキレイとか、読者によって基準値が異なる言葉は、読者の解釈次第ではプラスに働きません)。

学校で習うような文法ほどキッチリやりましょうとは言わないけれど、それでも、主語には述語が必要で、述語には主語が必要というように、省略することなく名詞と動詞で書く、ということはやっておきたい。

目の前の人に考えを伝える、伝えることができる基礎的な文章構成があってこそ、セールスにつながることがほとんどでしょうから(例外はあるかと思います)。

身体もコピーも、基礎とかセオリーを磨いていきたいですね。

P.S.
コレも不思議なのですが・・・鈴木さんに身体を診てもらってファンクショナルトレーニングをしている効果か、硬いタイルの上で寝ても腰を痛めなくなりました。

妻と長男次男がベッドを使うので、僕はソファーにいつも寝ていたのですが、寝返りが打てず、肩に負担が集中している感じだったんですよね。

だからフロアのタイルで大の字になって寝てみたところ、今日で3日目でしたが、痛くない。それどころか、よく眠れます。

鈴木さんのセミナーは、治療家の方にはもちろん、ライティングをやっているとか治療家ではない方にも、参加してほしいなぁと思います。

もちろん、木坂さんの講座もですね。どちらも、ある意味ハードル高いですが。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




僕が木坂さんのレターを写経する理由。

久しぶりの写経記事、というよりはセールスライティング関係の記事になるかなと思います。

バンコクの記事も上海の記事も、麻婆豆腐の記事もサウナも足マッサージの記事も、個人的にはセールスライティング関係という括りなんですけど、それはあまりに個人的すぎるだろうと。

個人的な経験を一般的なことばに翻訳すること。

その必要性を、こう僕に言語化して伝えてくれたのは、木坂さんです(いや、はじめては島田さんだったかな・・・)。

「伝えてくれた」とは書きましたが、これは何も面と向かって話をうかがったわけでもないし、何か質問をしたわけでもありません。

伝えてくれた方法というのは、写経を通じてです。

あ、写経といえば確かどちらかと言うと木坂さんは、「意味があるのだろうか」という立ち位置だったと『7つの鍵』ライティングセミナーで話していたので、

別に木坂さんが写経を勧めているとは聞いていないことを、伝えておきます。

ここ1年ほど、僕の写経題材は木坂さんのレターです。

一般的にセールスライティングの世界における写経とは、「売れた実績のあるセールスレターを手書きで書き写すこと」を指していると思いますが、それによりレジを鳴らせるセールスレターが書けるようになると。

しかしこれだと言葉足らずかなと考えておりまして、僕が説明するならばもう少し言葉を足して、

「売れた実績のあるセールスレターを手書きで書き写し、その構造とリズムを脳にインプットし、かつアウトプットできるようにすること」

こうなります。もちろん、写経をするにあたっては「本当に、毎日ただ書き写すだけでいいですよ」と人に伝えることもありますが、これはその人のステージによりけりであることも、書き加えておきますね。

実際に木坂さんのレターであれば、売れたレターであることは結果を見ればわかりますから、写経題材として適したものだと考えていますし、実際に真似されることもあるようですので、素材としてはいい。

ところがちょっと矛盾する話でもあるのですが、僕は何も木坂さんのレターをただ売れているからといって写経しているわけではありません。

売れているレターならば、他にも素材としてはたくさんありますから、木坂さんのものでなくてもいい。

ではなぜ木坂さんのレターを写経するのかというとそれは、

「その人の在り方や考え方を知りたいから」

です。

これは過去にジョン・カールトンのセールスレターを写経したときなども同様だと考えておりまして、たぶん僕は、売れているかどうかはそれほど重きをおいておらず(もちろん書く時にはレジを鳴らすセールスレターは必要です)、

その人の生き方とか人間性とか、そういうものに触れたいからこそ写経題材に選んでいます。

2015年と2016年の違いとして、木坂さんの講座に参加しているかどうかがありますが、難聴の関係で聴き取りがよろしくない僕が、木坂さんの言わんとしていることをなんとなくでもうなずけるのは、写経の効果が大きい(あくまでも個人的な感想です)。

これは木坂さんに、食いトレ部の活動中に確認したことがあったのですが、彼はずっと同じことを言い続けて(書き続けて)おりまして(これ、スゴいことだと思いますよ)、

同じことを言い続けていますよね、と聞くと、そうですね、と。

なぜ聴き取れないのに、同じことを言い続けていると考えたのかというと、木坂さんのレターを写経し続けているからです。

一貫したメッセージが、そこには在る。

ついでにいうと、一緒に行動することで、それが言葉だけではないともわかる。身体性。

こんな感じに1年間写経し続けるとなったわけですが、これは言い換えると

「木坂さんという色メガネを掛ける」

ことをやってきたともいえるんじゃないかな、と思ったり。これは意図していないんですけどね。

木坂さんの講座で登場した「相対化」という言葉がエラくストンときたのも、こういう背景があるわけです。

なんだか話が脱線しているような感じになったので、今日はこのへんで。

写経するなら、その人の人となりまでインプットしてアウトプットできる程度には、やっておきたいですね、その人ならどう見てどう考えるだろうかという色メガネを掛けられる程度にはやっておきたいですね、という僕の個人的なススメです。

セールスレターの役割はレジを鳴らすことですが、僕らがセールスライティングを学ぶ目的というのは、

それぞれにとって豊かな人生をつくり、歩むことだと思うので。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




MMM的に考えると。

現在、新宿にいます。

昨日、「深夜の1時からならスカイプ可能かもしれません」と言ってしまった、のではなくて能動的に伝えたので、これから準備して帰ってスカイプをするわけですが、

先ほどまで賢者舎に参加しておりまして、今は何をしているかというと、城ドラミーティング。

7名が集まっているのですが、うち6名が城ドラプレイヤー・・・城ドラーズということで、これから「リーグ」をやるために集まったみたいです。

城ドラフェスに参加してからと言うもの、この世界観というか、将棋のような戦略性というか、マネジメント育成というかそういうものがよりいっそうクッキリと学べることがわかりまして、

いやもちろんそういう損得勘定だけではないんですけど、純粋にフェスで優勝した方々と肩を並べたりしたいなぁ、と、

そういうロマンを感じることのできるゲームはファイナルファンタジー以来なので、なんかうれしい気分です。

先ほどまでの賢者舎は第4期のファイナルということで、久々に今井先生の壇上前というか、今井先生から見ると一番左の席に座っていたわけですが、

例によってウトウトしていたら、「小野ー!」とお声がかかりまして、

あ、これは指名が入ったな、と冷静さを装い、いかにも眠ってなどいませんよという感じで、「何でしょうか?」と返す。

すると質問というのは、

「PPC広告とコピーライティングというのは相性が良くないんだけれども、それがなぜかわかる?」

と来ました。

最初この質問を受けた時は「???」という感じだったのですが、いや、もちろん眠かったというのも在るんですけど、今井先生が補足説明をしているうちに脳が動いてまいりまして、

ああ、こういうことかな、と思い至ることになりました(今井先生もヒントをくれていたんですけどね)。

それで回答した内容というのは、

「えーと・・・あのー・・・この曲線なんでしたっけ・・・MMM曲線じゃなくてー」

とど忘れしてしまって曲線の名前が出てこず、今井先生には突っ込まれたのですが、

「まぁ、あの成長曲線的な、CBAA’ですね(注:プロダクトライフサイクルの曲線です。今思い出しました)。あれのA’に位置する商品とかサービスは価格競争に行くわけなので、これこそがPPC広告向きだと思うのですが、

つまり価格勝負になるので、コピーライティングの力というのは必要が無いわけです。だからだと思います」

こんな感じの回答をしました。

その後の今井先生の補足で、プロダクトライフサイクルの右に行けば行くほどにNEED型の商品になるわけで、だから価格競争に行くという感じの説明だったと思いますが、

賢者舎に1年半通い続けたら、自分のことや今井先生のことを、相対化してみることができるようになってきたな、と感じています。

すなわち、

「今井先生が質問をする場合、根拠もなしにするだろうか?」

という色メガネをかけることで、今井先生ならどう回答するだろうかを考える。

ビジネスはMMMだというわけだから、MMMを使って回答するだろう。

それで、思い出したのが、プロダクトライフサイクル曲線、というわけでした。

これ、昨日の木坂さんインプットクラスでもそうですが、自分という器クラスでやっている「俯瞰・鳥瞰」というのと同じです。

大切なあり方というか、スキルでもあると思うんですけどね・・・誤解を恐れずいうと、セールスライティングやプロモーション、プロデュースよりも。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




マクロからミクロへ。大枠から細部へ。セールスライティングの教え方。

セールスライティングを教えるにあたり、常に試行錯誤しているのが「細部を教えることに偏っていないか」。

License to beatのセールスライティングクラスは「ゼロからセールスレターを書けるようになる」というテーマで運営していますが、参加しているメンバーを見ると本当にセールスライティングは初めて、という雰囲気の方も3分の1から半分ほど。

ダイレクト出版のアプレンティスの場合、パートナー養成講座ということもあってある程度はセールスレターを書いたことがある、セールスライティングを学んでいる人が対象でしたが、License to beatはそうではない。

だから、ヘッドラインとかオープニングとかボディコピー、価格のプレゼンなど、パーツごとに教えることには抵抗がありまして、というか、細部を伝えてもそのときは「へえ」となるものの、たぶん実際に書く段になっても書けるようにならない。

そう僕は考えています。

ではどうやって伝えようか、と考えたところ、これはやはり身体性を伴う経験を伝えるべきだとなり、

今日のセールスライティングクラスでは、明日開催するビーコンライブセミナー@東京のセールスレターを教材に講座を進める予定。

なぜリサーチが大切なのか、なぜペルソナが大切なのかという話は、大枠でセールスレターを捉えられないと意味がわからないし、

セールスレターが全体のセールスプロモーションのうちどこに位置しているのかもわからなければ、やっぱりレジを鳴らすセールスレターにはならない。

マクロからミクロへ。大枠から細部へ。

人に何かを伝える時は大きな器を用意してあげて、そこに細部をしまっていくイメージと教えてくれたのは木坂さんですが、

スティーブ・ジョブズがプレゼンテーションでやっていた話す手順、WHY→HOW→WHATから考えても、

人が理解しやすくなる伝え方というのは確かにあって、それがマクロからミクロ、大枠から細部なのだと僕は考えています。

だからまず、なぜこのセールスレターになったのかはもちろんですが、セールスレターの立ち位置はどこでどういう役割を担うのか、ペルソナは誰で、誰に何を約束するものなのか。

このあたりの大枠を話しつつ、セールスレターの細部へと話を展開していき、実際に考えて書いてもらう。

11月と12月の講座で1本のセールスレターが書き上げることができれば、あとは量に触れて量を書くだけ。

セールスライティングを伝えようとする時、いつも愕然とするのですが、僕が学んできた量は1時間とか2時間で伝えられるようなものではなく、

Aを伝えようとしたらZまで展開してしまうから、そもそもこれをどう整理して伝えればいいんだろう、という悩みがありました。

毎日喋ってもどれくらいの期間で終わるのか、想像もつかないほど。

それだけに引き出しはあるということなので、参加する皆さんにはそれを引き出してほしいと願いつつ、今回から書き上げていくセールスレターでひとつの型は身につけてほしいと考えています。

そうすれば、量に触れれば型の種類は増えますし、セールスライティングという引き出しが増えますから。

ちなみに今日の参考資料は、セールスライティングスタートアップガイドの第2章。

第1章もそうですが、2年前から僕は、同じことをずっと言い続けてきているし、同じことをずっとやり続けているんだなと感心した次第(自分で言ったらアレですが)。

改善しているところもあるし、一段とステージが上がっている箇所もあるので、そこは別途解説するわけですが、

それでも3年前から2年前にかけて学んだやり方、すなわち誰もがやらないレベルで量をこなすというやり方は、僕にとっては真実だよな、と思います。

量をこなしましょう。レジを鳴らすセールスライティングスキルを身につけたいなら。もちろん、セールスライティングスキルに限らず。

P.S.
未確定ですが、セールスライティングに特化したセミナーを12月あたりに開催するかもしれません。開催しようとしている理由は、セールスライティングクラスに実戦で書く場を用意したいからです。

実戦で書かないと、僕の経験上レジを鳴らせるセールスレターにはなりませんから。

その際は、メルマガ読者さんやブログ読者さんを交えたキャンペーンを企画しますので、協力してくださるとうれしいです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




要塞の中でつかまえて(木坂さんレターより)。

昨年のビーコンライブセミナーにおけるテーマは『Be yourself』であり、今年のテーマも『Be yourself』。

今年はサブタイトルに「おっぱいが好きではないって本当ですか?」という、ある意味形式上は想定外を狙ったというか、実は内容においては隠喩的表現であるとか、まあそんな感じの副題がついてはいるのですが、

Be yourselfという大きなテーマは同じ。

昨年までも、そしてこの1年でもこの「自分自身であれ」というのはビート・ザ・コントロールに必須の概念であり、在り方でもある、そう考えているからこその同じテーマとなっています。

「同じテーマで木坂さんが昔、セミナーをやったことがあるんですよ」

と教えてくれたのは島田さんでして、この間の食いトレ部で島田さんが僕のレターを発見し、木坂さんに見せていたのですが、

なんというか、昨年までは木坂さんを知らなかった僕が、木坂さんと同じタイトルでセミナーをやっているということには、単なる偶然とは思えないような感覚を覚えたんですよね。

ちなみに『License to beat』は前々から書いている通り、木坂さんが開催した『License to steel』のタイトルを真似しています。木坂さんに話したら笑っていましたけど。

ジョン・カールトンの『License to steel』、そして007の『License to kill』から受け継いでいる(?)流れです。

もちろん話す内容は木坂さんの『Be yourself』や『License to steel』に参加したことがないので、今の僕にはわかりえないのですが、

「木坂さんは常に同じことを言い続けていますよね」

と聞くと、

「そうですね」

と笑顔で返答してくれた木坂さんを眺めながら、

具体的にはわからないけれども抽象的にはわかる、そんなことを感じました。

今日から開始した写経題材は、『要塞の中でつかまえて。』。

なんともメルヘンな雰囲気にマッチョな言葉が入っているなぁ、と。

これだけでも想定内と想定外のコンビネーションが使われているなぁ、と、感心するばかりなのですが、

ビーコンライブセミナーを明々後日に控え、ちょっとこのレターを読んでみますと、まぁこれも面白いもので、やっぱり抽象的には同じことを話しているな、話すのだろうな、と感じます。

もちろん、レターの中ではすべてを明らかにはしていないので、最終的にセミナーで届けられるであろうメッセージは僕の想像でしかないのですが。

しかし7年とか8年とか、あるいはもっと長い間同じことを言い続けている男の主張が変わるというのは、考えにくいですから、

遠からず想像は当たっているのだと思います。

これは僕が覚えていたら、ビーコンライブセミナーでも話すと思いますし、伝えるメッセージは同じだと思いますので、参加される皆さんは待っていてくださると。

そうですね、「おっぱいが好きではないって本当ですか?」から感じられるメッセージを想像しておいてもらえると(僕はおっぱいとか言いますが、木坂さんが言うわけではないですよ、念のため)、楽しめると思います。

今日はいい天気で、外に出てみると突き抜けるような青空に黄色く変化した木々が目につきます。

こういう時は深呼吸してランニングしたり、夜にはサウナで汗を流すと気持ちいいだろうなぁ、と、

あまり紅葉の季節に関係のないことを思いつつ、今日はこのへんで。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓