品川へ。

現在、品川インターシティにいます。特にインターシティに用があったわけではなく、これから島田さんのプライベートセッションを受けるため。

最近はプライベートセッションの頻度を上げてもらっておりまして “品川へ。” の続きを読む

「なぜそれをやるのか?」は経験から生まれる。

コンドミニアムそばのスターバックスに来ています。

オフィスビルの1階に位置するこのスターバックスは平日こそ賑わいますが、土日は人もまばらで割と静か。

それでいて音声に寛容なタイだからか、店内でスカイプや電話で通話していても誰も僕を振り返らないし、皆思い思いに音声を楽しんでいます。

このへん、先ほどまでスカイプで打ち合わせをしていた日比野さんに伝えたのですが、文化の違いというか、電車のなかでの携帯電話の通話をマナー上おやめくださいという日本と、電車のなかでも携帯電話の通話をオーケーとするタイと、常に僕は二律背反のようなものを経験しているんですよね、だからいわゆる普通の感じ方や考え方とはちょっとずれているのだと思います、こんな感じに。

日本の文化はいいなと思うし、携帯の利便性を考えたら電車のなかで通話がしにくいってどうなのだろうと思うゆえ、タイの文化もいいなと思う。

両方よしでいいんじゃない、っていうのが僕のスタンスだったりします。

大体において、「こうでなければならない」ということは思い込みだったりしますから。

日本の電車しか経験していないと、電車のなかでは通話はやめておこうとなる人がほとんどだと思いますし、タイの電車しか経験していないと、電車のなかでは通話もオーケーとなる人がほとんどだと思います。

「なぜ、電車のなかで通話をしないのですか?」「なぜ、電車のなかで通話をするのですか?」

この「なぜ」に対する回答は、日本とタイとでは異なるでしょうし、なぜならそこで経験してこそ、この回答ができるはずだから(伝聞推定もありますね)。

経験してこそ、「なぜ」が生まれる。

僕は事業とかビジネスはもちろん、何かをはじめようとする時に必要なことを一つだけあげるとしたら、「なぜ」なんじゃないかな、と考えています。

「なぜ、ダイエットするのですか?」

「なぜ、タイと日本を行ったり来たりするのですか?」

「なぜ、会社員をやめて独立起業したいのですか?」

この時たぶん、伝聞推定で誰かが言っていたことを口にしてもそれをやり続ける原動力にはならなくて、自分自身が経験したことのみが原動力になる。

だからこそ、経験が必要なんだと思います、何かをはじめるには、身体性を伴った経験が。その「なぜ」に回答するには。

ビーコンのブログに登場する後藤さんだって日比野さんだって、何らかの経験があるからこそ今の選択をしているのであって、その行動には「なぜ」がある。

続けられるひととそうでないひとの違いのひとつは、「なぜ」があるかどうか。

僕はそういうふうに考えています。

「なぜ」今それをしているのか?「なぜ」セールスライティングを学ぶのか?「なぜ」独立したいのか?

もしなぜに対する回答が出てこない場合、自分の経験を幼いころから振り返ってみることが、そのヒントになるのかもしれませんね。

僕が毎日街に出るとゴミ拾いをする理由が、幼いころの行動に隠されていたように。

本当にやりたいことであれば、それは決して思いつきではなく、自分のなかに理由が隠されているはずですから。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ネガティブにフタをしてポジティブであることは、できない(ポジティブとネガティブを併せ持つ)。

意識が判断するのは全体の5%程度で残りの95%は無意識が判断している。

脳科学を学ぶとこんな研究結果に出合うこともありまして、これはなるほどなぁ、と考えていますし、だからこそ習慣化して無意識の力でスキルアップとかダイエットとか体型管理とか、そういうものができるようになったほうがいいわけです。

これはセールスライティングでレジを鳴らすスキルを獲得しようとか、コンサルティングスキルのひとつとしてマーケティング力を磨くとか、経済的・時間的・空間的な自由を獲得するために独立起業しようとか、

そういう場面においても同じように適用されるものと僕は考えています。

意識が判断するのは全体の5%で、残りの95%は無意識が判断している。

歯磨きとか車の運転とか、ごはんを食べる時の所作とか服を着る時の動作とか、友だちと話す時の仕草とか、

思い出してみると意識的にやってはいないけれども、僕らは様々な動作を日々行っています。

セルフイメージ先生と呼ぶ小坂さんが言うに、人が一日に判断する回数は、確か6万回だとか。

6万回。

一日のうちに「これは判断したな」と思えるものなど、思い出してみても10もないんじゃないかなと思いますから、

6万回の5%といえば3千回ですけれども、これもちょっとでかすぎる数字に思えますが、

残りの5万5千回を意識的に判断しようとすることがどれだけ大変なことか、想像しなくてもわかるような気がします。

多くの人がセールスライティングスキルの獲得や独立起業を志し、途中で休まれていきますが、意識と無意識の事を考えてみると、その理由は少しわかる。

意識的にどれだけ論理的に考えて行動しても、気合を入れても、無意識にはかなわないからです。

これはポジティブであろうとすることも同じでして、人は痛みを伴うことを避ける傾向にありますから、痛みを伴う、すなわちネガティブというのを常に内包している、と僕は考えています。

なぜ書かないのか。なぜ営業しないのか。なぜ独立起業しないのか。

「気合でやります!」と言って、自分の中に横たわるネガティブな何かを見て見ぬふりをしたって書くことはできないですし、営業しないですし、独立起業もしない。

なぜなら、書かない・営業しない・独立起業しないという結果には原因が存在しているからです。

原因を知り、それをなくさない限り、結果は変わらないのですから。

ネガティブなものにフタをして、ポジティブであろうとしてもそれは難しいと僕は考えておりまして、

なぜなら、人間は両極を内包しているものですし、中庸であるものだと僕は考えているからです。

ちなみに僕がポジティブな言葉を選んでいるのは、ネガティブなものを認めているからこそ。

ポジティブと言われる言葉が自分の中に在るということは、その対極の言葉も持っているもの。

それを口に出すかどうかは別としても、自分の中にすでに在るわけですから、無きものにはできない。

ネガティブとポジティブを併せ持つ、そんな状況をそのまま自分に置いておくことができる。

そんな人で在ると、いいんじゃないかなぁ、と思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




「自立」の定義。独立起業の定義。ビート・ザ・コントロールが実現する世界。

現在、パッポンのスターバックスにいます。

正確にはパッポンとタニヤの真ん中あたり、スリウォン通りにあるスタバにおりまして、知る人ぞ知る人ならたぶん、「ゴーゴーボーイあたりのスタバ」と表現するかもしれません。

このスタバの前を通りかかったことは多々あれど、今回入店したのは初めてでして、いつもどおりのアメリカーノをトールサイズでとバタフライビスケットなるものをいただきました。

会計時に驚いたのですが、想定よりも20バーツほど安い。タイの場合、空港での価格はスワンナプーム空港とドンムアン空港とでも違いますし(僕の8月の記憶では、です)、街なかのスタバでも価格差はあるんだろうなぁ、と思っていたこともなくはないので、席についてレシートをチェック。

すると、ああこれは店内お召し上がり用のマグカップ割引だ、と推測。

なんでも、20%オフになるようです。

この割引サービスをコンドミニアムそばのスタバでは受けたことがないですし、そもそもマグカップで飲むのはゴーゴーボーイのスタバが初めてなのでなんとも言えませんが、

100バーツのアメリカーノトールサイズが80バーツになるというのは結構なうれしさを感じました。

日本と違い、カップ持ち込みではなくて店内のマグカップでこれですからね。

今後は他の店舗でも確認してみたいなぁ、と感じた次第です。

ところでこのスタバ。

パッポンとタニヤという立地状況がそうさせるのか、店内の顧客層は男性率95%という状況でして、僕のはるか後ろの席にはゴーゴーボーイのスタッフかと思われる筋肉隆々で露出気味の服装を来た男性二人が談笑しています。

この30分における5%層、すなわち女性客はと言うと、OL風の女性がひとりと、男性同伴の女性がふたり、でした。

誤解を恐れず言いますと男性同伴の女性ふたりは「プロフェッショナル」であり、13年前から12年前の青い思い出とともに、彼女たちのATMとして男性諸氏にはぜひとも稼いでもらいたいなぁ、と思った次第。

男性はふたりともその外見から、僕よりも先輩ではありますが、「プロフェッショナル」な女性はもちろん、ご自身の奥様たちを失望させることなく、円高円安や経済の好況不況を言い訳にしない、そんな稼ぐ力を磨いて発揮し、

日本だけでなく世界の男性にとって存在意義の象徴であってほしい。そう思いました。

さて、「自立」の定義。

定点観測をしているわけではないので、私見となりますが、僕がタイと日本を往復しはじめた13年前から今に至るまで、確か2回ほど「円高」の時期がありました。

1万円をタイバーツに両替すると、3,800バーツから4,000バーツ。

僕が記憶する中でもっとも「円安」だったときは1万円で2,200バーツから2,400バーツの間だったと思いますから、

1,600バーツほどの開きがある、ということです。

もちろん1,600バーツの開きがあったとはいえ、タイ国内の物価が為替相場に合わせてリアルタイムに変動するわけではありませんから(物価やサービス価格は上昇していますが)、

円高のときにタイに来れば安いなぁ、と感じますし、円安のときにタイに来れば高いなぁ、となる。

1泊4,000バーツのホテルでも、円高ならば1万円で泊まれるかもしれませんが、円安ならば2万円になるかもしれない。

海外旅行を旅行代理店が勧める際、円高を理由に「お得ですよ」と宣伝していたのは、きっとご覧になった方もいるでしょう。

これはタイに遊びに行かれる男性諸氏にとっても同じことでして、円高時のほうが活況感があったように感じています(私見です)。

しかし変だなぁ、と思うのが、

現実的なくらしにおいては1万円の価値は日本国内において変わらないのに、海外に出ると変わるということです。

一方、事実かどうかはわかりませんが、円安になると日本の輸出業がナンタラカンタラで株価が上昇、業績好調ってでますよね。

すなわち、円安のほうが日本において一般的に、ある種の業界においてはうれしい状況となるわけです(一方で、うれしくない業界もある)。

経済はグローバル化しているのだから、為替変動は当然だし、円高に恩恵を受ける人もいれば円安に恩恵を受ける人もいるもの。

そんな風に言ってしまうことももちろんできます。

しかし僕の場合、同じ時間を投資して生み出した価値が、為替相場によって変わるという、脳と身体を使って生み出した価値の結晶が、海外において上下するということに、なんとも言えない危機感をずっと抱いています。

これは僕の経験ですが、両替をタイでする度に、一喜一憂するわけです。

「今回は前回よりも200バーツほどいいぞ」

とか

「あーーー、前回よりも5バーツ良くない・・・」

とか。

精神衛生上不健全だよね、ということで、最近は為替をチェックすることをやめたのですが、それでも事情があってチェックすると、損得勘定してしまう。

それで僕の場合、どんなふうにしてこれを解決しようとしているかというと、タイバーツで収益を得る方法が一つ。

少なくともタイにおいては、タイバーツを得続けることによって、為替相場の変動に日々一喜一憂することはなくなります(それでも影響は受けるものですが・・・)。

突然通貨価値がゼロになるリスクも、2つの通貨を収益源とするならば軽減できますし、3つ4つと増やしていくことができれば、なお良し。

こう考えるとグローバル企業ってこういうものだよね、と思いつつ、僕が実現しようとしているのは

個々人が2つ以上の通貨で収益を得る世界なわけなんですけど、

僕が定義する「自立」にとって、これは必要条件です。

ちなみにもう一つ、たまたまですが、ワイルドサイド部のチャットワークで島田さんが、

「マイルとめだるの交換ができるようになればいいですが、、、それはまた次の課題で!」

と書き込んでいたことから、

ビート・ザ・コントロールという現実的な世界観のなかで、「マイル」を通貨として流通させることができれば、

もしかしたら僕の考える「自立」は、この方法によって実現するのかもしれないなぁ、と。

自然環境や宇宙の法則と言った、僕らにとっては委ねるべき大いなる力は受け入れますが、何者かによってコントロールされるのはよろしくないなぁ、と考えていたら、

今日のブログになりました。

そうそう。

独立起業の定義も、僕は同じように考えています。

何者かにコントロールされるなら、それは独立起業ではない(私見です)。

ビート・ザ・コントロールの定義は各々違えど、僕はこう考えているということを、ビーコンライブセミナーではお伝えできればいいなぁ、と考えています。

メルマガではそろそろ、告知を開始する予定です。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




セールスライターになりたい人など、いない。

セールスライターになりたい人は他にいませんか?
独立起業したい人は他にいませんか?
時間と場所の自由が欲しい人は他にいませんか?

経済的な自由を含めて僕は思うのだけれども、そもそもそうなりたい人なんて誰もいないだろうと。

なぜなら、これらは手段であり、言うなれば物理的な特徴にすぎない。この場合物理的というのは、働き方とか書き方とかで明確に表現できるもの、としてください。

セールスコピーを学んでいる方はご存じだと思いますが、人は特徴を求めているのではない。一見特徴に見えるものを好んでいても、その実その背後にあるベネフィットを求めて行動するわけです。

例えば、4Kのテレビならば、「子どもの運動会で場所取りしなくても、遠くから撮影しさえすれば表情クッキリだなぁ」とか、「ああ、今年は早起きしなくていいなぁ」とか、「妻からガミガミ言われなくてうれしいなぁ」とか、ですね。

その特徴を手にする人、その特徴を求める人によってベネフィットは変化するものですが、欲しいのはベネフィットであり特徴ではない。

いや、確かにその特徴そのものを欲しくはあるけれども、特徴は動機にならない。

動機になるのは、ベネフィットなんだと、僕は考えています。

だから「セールスライターになりたい人は他にいませんか」とか「独立起業したい人は他にいませんか」とか「自由が欲しい人は他にいませんか」とかを見るたびに、

最近は、自分自身が恥ずかしくなることもあります。

このブログでもかつて書いたセールスレターでも、こういう表現を使っていたことはありますし、あえて使うこともあるのですが(特徴を伝えるだけで、ベネフィットに脳内変化されるような、そういう人たちを対象にレターを書く場合はそうですね)、

ここに反応する人たちは、そもそもそのスキルを得るまでやり続けることは難しいだろうと。

なぜなら、動機がないからです。やり続ける必然性がないのに、修行など誰もしたいとは思わない。

やっぱり「なぜ」がないと。

「なぜ」に対する回答がない場合、仮に回答っぽいことはあっても主張になっていない場合、動機が希薄ですから、やり続けることができない。

どう生きるのか?

そして、ラクをしたい脳、生存本能を司る脳を知らないとなぁ、と思う。

じゃあどうすればいいんだろう、どうすれば手段としてのセールスライティングや独立起業や時間や場所の自由と言うものに気付いてもらえるのだろう、どうすればその人自身の在りたい生き方に気づくのだろう、というのがこの2年間における僕のテーマであるのですが、2年前よりも1年前、1年前よりも今のほうが、

こうすればいいんじゃないか、ということが姿を現しているなぁ、と思います。

長男を歯医者さんに連れていき、ここ3日ほど同じ場所から写真を撮っていたら、こんなことが言葉になりましたので、参考までに残しておきます。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




ビート・ザ・コントロールは独立起業だけじゃない。

お楽しみ様です。小野貴正です。

僕がセールスライティングスキルを使って独立起業という選択をし、ビート・ザ・コントロールしているから。

・・・かもしれませんが、セールスライターになりたいという方やセールスライティングスキルを身につけ、独立起業したいと考える方は、比較的多いかもしれません(このブログの読者さんのなかで、という意味です)。

僕自身がそういう経験をしているということもあり、ブログでもメルマガでもそういう話をすることが多いかもしれませんが、コレを誰にでも勧めるかというとそういうわけではありません。

むしろ会社や役所、学校など、組織にいて力を発揮する人たちもいますし、そういう人たちは組織において、ビート・ザ・コントロールしていると僕は思っています。

感覚的に考える人もいれば、論理的に考える人もいる。体を動かすほうが先に来る人もいれば、脳を働かすほうが先に来る人もいる。

僕らは誰ひとりとして同じ環境で育っているわけではない。ならば、誰もが独立起業した方がいいなんてことはなく、やっぱり人それぞれだと思う。

リスクを楽しめる人もいれば、組織マネジメントを楽しめる人もいる。大事なのは形容詞で表現できるような損得よりも、そうすることがうれしいかどうか。

ラクな生き方をして欲しいと僕は常々思っているのだけれど、ラクというのは時にシンドいこともある。ラクな生き方というのは、自分がうれしいことはなんなのか、感覚的にも知っていないとわからないから。

コレは環境がそうさせるのか、先天的なものなのかはわかりませんが、人と比べても見えてくるたぐいのものではないかもしれません。

個人的にコレがあるといいよね、と思うのは、そうしなければいけない必然性があるかどうか。コア・バリューとか、在り方とか、価値観とか。

自分を知るために、なぜと深掘りし、時に客観的に自分を眺め、人と話をし、読書などして自己研鑚に励む。

見えてきたことが独立起業ならばそれも良し、会社に貢献することならばそれも良しなのだと思います。

自分を知ることは勇気のいることだと思うけれど、ここから目をそらしては、ただ時間が過ぎ去るだけなんじゃないかな、と僕は思います。

ビート・ザ・コントロールは一つの手段とか方法とかに限定されるものではない。人の数だけ、それは存在するんじゃないかな、と思ったので、ちょっと書いておきますね。

P.S.
なんかセンチメンタルな感じなのは・・・たぶん、妻と長男次男が一緒にいないからなんじゃないかな、とふと思った。一緒にいる時間が長くなると、僕もそんなところがあるんだな、と思えたり結構うれしい。

今まで、そんなふうに思うなんてないんじゃないか、って考えていたので。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓