現実をガン見して、それでもできると考える。

博多にいます。現実のライティングスケジュールがとんでもないことになってきたので、現実逃避をしたかったのか博多のキャナルシティまで行き食事をし、中洲の屋台街と風俗街を歩いてホテルに戻ってきました。京都の旧五條楽園的な雰囲気もあり、なかなか風情があるなと感じました。 “現実をガン見して、それでもできると考える。” の続きを読む