自分が思うほど、自分はやっていないもの。

今朝は実家から新宿のセミナー会場まで移動。毎月、License to beatのセールスライティングクラス開催前日にホテルへ移動し、翌々日の自分という器クラスを終えてからタイに行くか実家に戻るか、他の場所に移動するか、という流れが定まっていましたが、久々に実家に一人でいたこともあるのか、寒さのせいなのか、今回は朝移動することに。

朝の移動もこの時期はいいもので、寒いというよりもキリッと冷える空気で目が覚めますし、脳の研ぎ澄まされる感覚もまたいい。

たぶん僕自身がセミナー時に装う服装もそういうキリッとした気持ちにさせてくれるようで、そういう風に見られているという意識がまた、背筋を伸ばしてくれます。

人として男として、魅力的で在り続けるというのは大切だと思いますし、僕が男は女のATMであれ、というふうにいうのも、一つの魅力を追求した結果の話だったります。

あとから気づいたことも含め、なかなかにこの言葉は奥が深いなぁ、と考えているところです。

さて、自分が思うほどに自分はやっていないもの。

僕の場合に限らずこれは誰もがそうだと思いますが、どんなに人から「エラく頑張っていますね」と言われても、僕自身はそうは思っていない、もっとやらなければ、と考えています。

確かに相対化して眺めてみたら、一般的にはほかの人よりやっているのでしょうが、そもそも目的が異なる人と自分を比べても仕方がない。しかし目的が似ている人、こういう人っていいなという自分を比べてみると、行動量としてはいい感じかもしれないけれど、出している成果が異なるのであれば、もっともっととなる。

自分自身の基準値にもよりますが、この基準をどこに置くかで、コア・バリューをもとに立てたマスタープランが実現するのかどうかが決まると僕は考えています。

相対的にそこそこの目標設定であればそこそこの行動量でいいと思いますし、それがその人にとっての基準値であれば、満足度もあるでしょう。

しかし、「こういう人になりたい、こういう人で在りたい」と考えたとき、その人の行動量や出している成果が雲の上なのであれば、自分自身も雲の上に行く必要があります。

その「こういう人」の行動量はせめて上回らないと、とてもとてもそんなところに行くことはできないものです。

身の丈を知りましょうと人はいいますが、僕はこの言葉を大切だと思いつつも、やり続ける限り身の丈はどこまでも伸びると考えています。

だからそんな声に日和ることなく、ただこう在りたいと思える人がいるならば、その人以上に行動すること。

そしてその人から「やっていますね」と認められるまでやり続けること。

僕にとってこれこそが、自分を相対化して「やっているな」と自分で認められる基準です。

自分自身で「オレやっているな」なんて評価はいらない。評価は常に、他の誰かがするものだと僕は考えていますから。

料理をつくって美味しいかどうかは料理人じゃなくて、食べる人がする。

セールスレターを書いてレジを鳴らすかどうかは書いた人ではなくて、読んだ人がする。

自分の評価も、僕は同じだと思います(時と場合により、例外もあると思いますが)。

今の自分を変えたいなら、自分で自分を評価することをまずやめてみると、いいかもしれませんね。

そしてその他大勢が「そこまでやらなくても・・・」など言ってきても、そんなの言わせておけばいい。

脳のやらない言い訳に耳を貸したら、自分に克つなどできるわけないのだから。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




他者理解と自己理解。

先ほど、実家に帰ってきました。

3日はセールスライティングクラスで今日は自分という器クラス。

資料の準備は時間を要するものの、話す内容というのは過去の経験を言語化したものなので、

そこにはもちろん木坂さんのセミナーや島田さんの話から得たものが加味されるわけですが、講座当日というのは総じて穏やかな気分になります。

講座がはじまるまでは準備をどれだけするかという緊張感があるわけですが、講座がはじまってしまうとどんなに準備をしたくともどうにもならないわけですから、

ある意味絶望の結果余裕が生まれるというか、そんな感じです。

セールスライティングクラスでも自分という器クラスでも、半年間やってみて共通のキーワードが登場しました。

それは、相対化。

もともと僕は相対化という言葉を使わずに、俯瞰するとか鳥瞰するとか、自分を含めて客観視するとか、色々なところにカメラを設置するとか、色メガネをかけるとか、

そういう表現を使ってきましたが、つい1週間前の木坂さんセミナーでも、相対化がキーワードとして登場しまして(キーワードかどうかは私見です)、

これまた私見ですが、島田さんが言うところの「ゆるく、たのしく、てきとーをモットーに、未完成品をあえて出す」とうのも、相対化というフィルターを通して見てみたら、個人的にはなるほどな、と思ったり。

相対化。

思えばアプレンティスで僕がダイレクト出版さんにおけるスプリットランテストで勝ち続けたのは、「自分を相対化してコピーを書いていたから」、と気づいたんですけど、

その結果、そういう他者理解が生まれて、島田さんのおかげでもこういう他者理解が生まれて、さらにビーコンのサービスを試した方々によってもああいう他者理解が生まれて、

それはもちろん、メルマガやブログの読者さんから見ても、何らかの他者理解が生まれている。

例えば「小野はダイレクト出版のコピーライターを次々と打ち破った」とか「1ヶ月に10本、2ヶ月で20本のセールスレターを納品した」とか、そういうふうに評されることが割と多いですが、

こういう他者理解というのはおそらく、相対化して眺めているからこそ出てくるものなんだと思います。

一方自己理解。

これまた面白い話で、僕は割とまっとうなことを言う人間だと自己理解していたのですが、島田さんが智頭合宿で言った「小野さん、8割スベっています」に驚愕した記憶があります。

そういう他者理解だったわけですよね、僕は。

まっとうなことを言う人間と自己理解していたというのは冗談なのですが、僕の場合、自己理解というのは当てにならないと感じています。

なぜなら、僕が思うように人は僕を見ていないものだからです。

むしろ自分の言っていることは正解だと思っていないので、僕はこういう人間である、という主観的な自己理解をそれほど重要視していないのかもしれません。

その代わり、誰々がこういうふうに僕を語っている、というのを大切にしています。

他者理解の数だけ自己理解があるというか、客観的な自己理解があるというか、そんな感じ。

さて、今日はそろそろ寝ることにします。おやすみなさいー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




1ヶ月のなかで最もくつろげる場。

先ほどまで両国におりまして、食いトレ部の活動に参加。

そして現在、橋本に帰ってきました。

プロジェクトのメルマガなどを発行しなければならないということで、家に帰る前に明かりのあるレストランに移動し、先ほどメルマガを送ることができたので、

ビーコンブログを書いています。

両国にあるハンバーガー屋さんに行き、ワイルドなんとかというバーガーしか選択肢はないよねということになり、お肉がパンでその間にチーズやトマトが挟んであるというバーガーを食べたところ、

肉社長であり闘うキックボクサーでもある城戸さんが、

「これはステーキを食べたほうがうまいですね。ハンバーガーというイメージとは異なり、ちょっと・・・」

と言うようなことをおっしゃるので、確かにそれはその通りで、バーガーといえばパンに挟まれているお肉を期待するなぁ、と同意。

それで不完全燃焼ということで、城戸さんと一緒にジャッキーチャッキーだったかな、ちょっとお肉が他のハンバーガーと異なりナマナマしさがあるものと、ベーコンチーズバーガーを注文して、半分ずつ食べました。

さすがはグルメブラザーズがウマいと言ったバーガーは一味違い、城戸さん共々、これはウマすぎますね、と目が覚めました。

やはりハンバーガーにはパンが必要だなぁ、イメージの力ってスゴいなぁ、なんて思いながら食し、解散。

食事をしながらの話題はもっぱらザッキーニこと林崎さんの存在に関することでして、これについてはここでは書きませんが、あれだけ話題を提供する人物もスゴいなぁ、と思います。

今日は打ち合わせで部活動に参加しなかった島田さんと、西洋思想史クラスのあとで少し話したのですが、この日のテーマとインプットクラスのテーマが同じキーワードになったこともあり、

これはセールスライティングクラスと自分という器クラスの関係性にも使える話なんですよ、ということを話しつつ、

「1ヶ月で最もくつろげる場が、このセミナーなんですよね」

という話もしました。

思えばアプレンティスのときもそうでしたが、僕はどうも基本的に何かしらの活動をしているようで、何かをやらなくてもいい時間というのは、このセミナーの間程度なんですよね。

だからこの時間だけは何からも遠い世界に行けるということで、最もくつろげるのかもしれません。

以前、小学校時代からの同級生であるマーボーくんがコメントをくれたように、僕は普段から察知している情報量が多いのか(皆さんも多いと思いますけどね)、テキスト情報も音声情報も、映像情報も、それらに触れすぎるとイライラしがちになります。

だから情報を遮断することって大切なんですよね、僕にとっては。

しかしセミナーの時間はもう木坂さんの話とか今井先生の話に集中せざるを得ませんから、

他のことをやらなくてもいい合意を得やすいわけです。

WIFI接続や携帯通話などできない飛行機を好む理由は、ここにあります。

もろもろ書いてきましたが、こういう自分を相対化して眺めることもまた必要だよね、ってことで。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




MMM的に考えると。

現在、新宿にいます。

昨日、「深夜の1時からならスカイプ可能かもしれません」と言ってしまった、のではなくて能動的に伝えたので、これから準備して帰ってスカイプをするわけですが、

先ほどまで賢者舎に参加しておりまして、今は何をしているかというと、城ドラミーティング。

7名が集まっているのですが、うち6名が城ドラプレイヤー・・・城ドラーズということで、これから「リーグ」をやるために集まったみたいです。

城ドラフェスに参加してからと言うもの、この世界観というか、将棋のような戦略性というか、マネジメント育成というかそういうものがよりいっそうクッキリと学べることがわかりまして、

いやもちろんそういう損得勘定だけではないんですけど、純粋にフェスで優勝した方々と肩を並べたりしたいなぁ、と、

そういうロマンを感じることのできるゲームはファイナルファンタジー以来なので、なんかうれしい気分です。

先ほどまでの賢者舎は第4期のファイナルということで、久々に今井先生の壇上前というか、今井先生から見ると一番左の席に座っていたわけですが、

例によってウトウトしていたら、「小野ー!」とお声がかかりまして、

あ、これは指名が入ったな、と冷静さを装い、いかにも眠ってなどいませんよという感じで、「何でしょうか?」と返す。

すると質問というのは、

「PPC広告とコピーライティングというのは相性が良くないんだけれども、それがなぜかわかる?」

と来ました。

最初この質問を受けた時は「???」という感じだったのですが、いや、もちろん眠かったというのも在るんですけど、今井先生が補足説明をしているうちに脳が動いてまいりまして、

ああ、こういうことかな、と思い至ることになりました(今井先生もヒントをくれていたんですけどね)。

それで回答した内容というのは、

「えーと・・・あのー・・・この曲線なんでしたっけ・・・MMM曲線じゃなくてー」

とど忘れしてしまって曲線の名前が出てこず、今井先生には突っ込まれたのですが、

「まぁ、あの成長曲線的な、CBAA’ですね(注:プロダクトライフサイクルの曲線です。今思い出しました)。あれのA’に位置する商品とかサービスは価格競争に行くわけなので、これこそがPPC広告向きだと思うのですが、

つまり価格勝負になるので、コピーライティングの力というのは必要が無いわけです。だからだと思います」

こんな感じの回答をしました。

その後の今井先生の補足で、プロダクトライフサイクルの右に行けば行くほどにNEED型の商品になるわけで、だから価格競争に行くという感じの説明だったと思いますが、

賢者舎に1年半通い続けたら、自分のことや今井先生のことを、相対化してみることができるようになってきたな、と感じています。

すなわち、

「今井先生が質問をする場合、根拠もなしにするだろうか?」

という色メガネをかけることで、今井先生ならどう回答するだろうかを考える。

ビジネスはMMMだというわけだから、MMMを使って回答するだろう。

それで、思い出したのが、プロダクトライフサイクル曲線、というわけでした。

これ、昨日の木坂さんインプットクラスでもそうですが、自分という器クラスでやっている「俯瞰・鳥瞰」というのと同じです。

大切なあり方というか、スキルでもあると思うんですけどね・・・誤解を恐れずいうと、セールスライティングやプロモーション、プロデュースよりも。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓