上海の醍醐味は足マッサージにあると言っても過言ではない。

タイトルではそう書いておきながら、別にこれは上海でなくても体験できることだと思いますが。

バンコクでも上海でも、足マッサージに好んでいきます。妻はタイ式マッサージ・・・寝転んで全身をマッサージしてもらうほうを好みますが、僕は断然に足マッサージです。

なぜ足マッサージがいいのかというと、ラクだから。

全身マッサージの場合、着替える必要がありますけれども、足マッサージの場合はズボンをめくりあげるだけでいい。

めくりあげられないズボンの場合は着替える必要がありますが、それでもソファーを倒して寝ていてもいい。

全身マッサージだとどうしても寝ている訳にはいかないけれども、足マッサージは寝ていられる。

こう書いていて気づきましたが、僕は脳と身体を休めたい、ということなのかもしれません。

それで、足マッサージ。

タイでも腕のいいマッサージ師はいますが、総じて男性の場合にヒットする確率が高いです。

というか、これは上海でもそうですが、男性マッサージ師は腕のいい人しかいないのでは、と思う程度に、男性の方が上手い印象を持っています。

特にバンコク・・・タイでは、そうですね。

タイにおいては一般的に稼ぎ頭である女性の方が、先入観としてはマッサージ師の腕もいい予感があったのですが、腕の良くない人に当たるともう足を撫でるだけでして、

気持ちはいいかもしれないけれども、足の裏から脳に電気が走るような、そういう「ウマイ!」感はない。

しかし上海の場合、腕の良さは女性に軍配が上がっておりまして(私見ですし、今後変わるかもしれません)、昨晩のマッサージ師の腕は過去最高と言ってもいいほどでした。

何をもって過去最高なのか?

それは今日の、つまり足マッサージ翌日の体調で僕は判断しています。

腕のいいマッサージ師に当たった時は、もちろん僕自身の体調にもよるのでしょうが、総じて翌日は脳と身体がエラくダルくなります。

今日はホテルを10時に出て、タクシーで空港に向かったのですが、

もうずーっと眠い。

眠いどころか脳が考えることを拒否しているかのようで、

いや、それは君の怠慢というかサボりたいだけだろう、なんて声も聞こえてきそうですが、何をしていても眠気がグワッと来る日などそうはありません(と言いつつ、いつも眠そうなんですけどね)。

昨晩のマッサージ師は足の触り方、中でも僕が普段から「痛い!」と顔をしかめてしまう足の指先の触り方が絶妙でして、

痛みを感じるほどに刺激を与えてくれるのですが、痛すぎないから脳がホワーっとしてくる。

他のマッサージ師にも言われることとして、

「アンタは頭がちょっとワルイ(たぶん、疲れているってことだと思います)。だから、眠ること。そして内臓がちょっとあれだから、運動すること」

こんなことを異口同音に言われます。

だから、脳に直結する足の指先(何指だったけな・・・)をマッサージしてもらうと、それが脳に作用して睡魔が襲ってくるわけです(たぶんです)。

マッサージしてもらったその日に眠くなることはよくあることなのですが、翌日までそれが続くというのはよほど眠りを欲していたのか、腕が良かったかのどちらかなんじゃないかな、と思いまして、

あまりにも興奮したのでそれをブログに書いておこうと思った次第。

バンコクに来たらビジネス談義も足マッサージをしながら、が主流らしいですが(現地の社長が言うにです)、上海に来たらそのあまりのパワーにビジネス談義どころではないかもしれませんが、

足マッサージは受けておくことをオススメします。

特に脳を使う仕事をされている方々には。

サウナ男子ケヴィンのサウナ効果ではないですが、クリティカルファクターの壁を越えやすくなることは間違いないかと思いますので(顕在意識→潜在意識ですね/私見です)。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




意識的に考え過ぎてもうまくいかない(身体性が大事だと思う)。

今日は御茶ノ水にいます。

ビーコンコーチングの最終対面セッションを神田明神で行いたい。

そんな希望があったので、神田明神そばの御茶ノ水で待ち合わせ。対面セッションの合間に神田明神に参拝するのは必然だなぁ、と考えながら、ブログを更新しています。

特に意識していませんでしたが、2016年も2015年同様、神社への参拝数がこれまでに比べて増えている模様。大神神社と狭井神社、その周辺の神社、祇園の八坂神社と周囲にある神社、そして平安神宮。智頭の諏訪神社にも行ったかな。

こうして書き出してみるとそんなに行っていないな、と思いますが、これまでは初詣さえ行くことが珍しかったので。

神社を預かる家系だから参拝するようになったのか、というとそれも一理あるかもしれませんが、どちらかというと、自分の先祖、ルーツを大事にするようになった、という理由が心境的にはしっくりきそうです。

損得で考えてしまうと、正直なところ何の利益もないかもしれません。意識的に考えれば考えるほど、こういうものってやらないほうがいいのでは、となる。

でも僕は、意識的に考えることは必要であっても、意識的に考え過ぎることはどうなのかな、と思っていて、むしろ前のめりになったらやる、のほうがうまくいくことが多いように感じています。意識的に考えない。身体が動いたら、やる。

無理やり前のめりになる必要はなく、スーッと自然に動いて前のめりになっていたらやる。この辺の感覚が論理的に言語化できればいいのでしょうけど、今のところキネシオロジーを学んでみてください、程度です。

あとは、マクスウェル・モルツ博士、ディーパック・チョプラ博士、ナポレオン・ヒル博士、かな。興味があれば、何か本を読んでみるといいかもしれません。

もうひとつ、意識的に考え過ぎてもうまくいかないと僕が考えているのは、行動が伴っていない時です。それは、身体的な動きが脳に作用すると考えているからなんですけど、

これは、「7つの鍵」ライティングセミナーで木坂さんが話していたことを聞いて、なるほど、となった次第。

確か、例えば驚いた時、人は目を見開いたり、両手を上げたりして驚きを表現します。つまり、身体を開いているわけなんですけど、この開くという動作が「もっと情報を取り入れろ」というサインになる。

目から入った情報→初めて見るものだと知覚→なんだこれはと驚く→身体を開く→脳がもっと情報を取り入れるようになる、こんな感じ。一応、私見としておいてください。

ほかにも賢者舎の今井先生が、毎日20キロのランニングをする理由も、身体的な動きが脳に作用するからだと理解しています。

走ることによってアイデアが出やすい状態になる、と話していましたから。

これは経験上の話ですけど、シャワーを浴びていたらアイデアが閃いたとか、ジョン・カールトンが似たような話をしていますし、僕自身が写経をしたりブログを書いたりという、毎日同じ動作を行うこともアイデアが出やすい状態をつくりだすためでもありますし、移動中にも似たような状態になることから、今井先生の言うことはわかる。

身体の動きが、脳に働きかけている。

だからこそ、脳で意識的に考えるだけだとうまくいかないんじゃないかな、と思うわけです。身体性を伴ってこそ、ですね。

この辺の話は、License to beatの自分という器クラスで、セルフイメージ先生こと小坂さんが、実体験と研究結果をもとに話してくれるかもしれません。

もし興味があればメッセージください。一般公募枠を設けるかもしれません。

いずれにせよ、身体を動かしましょう、ということで、また。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓