やらない言い訳は2016年に置き去りにし、自分との約束を守り続ける2017年を迎えよう。

現在、押上のスカイツリー近辺にいます。

妻の親族が明日タイとシンガポールに帰るということで、妻と長男次男と一緒に昨晩はスカイツリー前のホテルに泊まりました。

妻の従姉はこの部屋に満足したようで、おかげで本日はホテルを移動する必要がなく、個人的にはホッとしましたし、妻も喜んでいるので割と今日は落ち着いて過ごせるような気がします。

やっぱりできるだけ、日本を楽しんでもらいたいなぁ、と思いますので、愛憎入り交じるというか、そんな感じの心境です。

押上に泊まったことは、個人的には幸運でして、なぜなら昨日の木坂さんセミナーは両国でしたから近いですし、食いトレ部の活動も虎ノ門でしたから、新橋経由で押上までは20分程度だったからです。

活動する場所と寝る場所が近いことは気持ちにゆとりができるという意味でも、2016年にたくさん経験したことのなかでおすすめできることです。

かつて片道1時間とか2時間を使っていたことを思い出すと、だからこそ近い方がいいとわかるわけですが。

経験に余計なものは何もない。まさに、ですね。

さて、昨日の食いトレ部活動は以前島田さんたちと行った虎ノ門の料亭へ。

ケンタロウ部長が言うに、「ジビエスペシャルと命名しました」とのこと。年末にそんなエネルギーチャージできるようなものを食べるなんて、これまでになかったなぁ、と個人的には冬の寒さも相まってしみじみしておりました。

たぶんですが酒粕を使った大根の料理と、白子を食べた時は、まさに言葉にならないという表現がフィットするほどの美味しさでして、

熊も初めて食べましたが、思いのほかスーッととけるようで美味しい。

キノコや里芋(たぶん)が盛りだくさんに煮込まれたなかに、店主に言われるまま山椒をかけると、不思議と一層美味しくなる。

店主も言っていたように思いますが、山のモノ同士で相性が良いというか、味を引き立たせ合うというか、

そういうコミュニケーションを感じました。互いに、引き出し合う。

熊鍋のスープでつくったおかゆを食べている時、どこかの国だったかな、そこでは魚を食べないという話題を木坂さんと店主がしていたのですが、

「うまくないから食べないんだと思いますよ」

という店主の一言がふと耳に入りました(実はこの言葉程度しか昨日は聴き取れておりません・・・)。

これは的を射ているなぁ、と感じた次第でして、確かにうまければ食べるよね、とはスッと腑に落ちる。

商品やサービスだって同じでして、うまかったら食べる、よかったら手にされるのだと思います。

セールスライティングとかマーケティングとかを学ぶと「まず売れ」のような感じで、商品やサービスの特徴やベネフィットなしに売ろうとする気持ちになってしまうこともあると思いますが、

そもそもとして、その商品やサービスが手にされるもの、誰かの悩みを解決するもの、誰をうれしくするものではない限り、

どんなにセールスライティングやマーケティングを学んでも、それらが売れることはないと思います。

というか、売ってはいけないものですよね、これらは。そもそもの市場がない、ということなのですから。

この点島田さんが、この商品やサービスに100万円を支払うほどの熱狂的なお客さんが一人でもいますか、と聞いてこられるのはなるほどな、と思います。

ビル・ゲイツに呼ばれて食事をつくるとか、川端康成にチップをもらって生活をしていた若かりし頃とか、そういうことを口に出すわけではないんですけど(あ、でも昨日はおかゆを出す前に、これは自分で言うのも何ですがなかなかですよ、という感じで話しておりまして、エラく好感持てました)、

なんというか、経験が醸し出すスケール感というか、そういうものを漂わせている店主の一言は、それ自体が証拠になっているというか社会的証明になっているというか、そんな圧倒感さえありました。

2016年を振り返ると、島田さんとのス・ミズーラ受注会に木坂さんのマスタークラス参加、そして食いトレ部参加でジビエスペシャルでの食べ納めなどなど、

License to beatをはじめたこと以外にも、うーん、生活そのものが自分自身にエラく潤いを与えてくれるようになってきた感があります。

かと言って写経とかブログとかビジュアライズとか、3年前からやり続けていることはそのままにしておりまして、僕のお腹の中では今でも、

誰よりも貪欲に、誰よりも量をこなす

誰もができることを、誰もがやらないレベルでやる

これらを大切にしています。

今一番大切なことを、一番大切にする

もそうですね。

僕はその人が発する言葉と行動をほかの人は、無意識に感じ取っていると思っています。

たとえばなぜ、ブログの読者が増えないのだろう・・・自分の商品やサービス、オファーに申し込みがないのだろう・・・ということにふと気づいたなら、

自分自身の言葉と行動を、振り返ってみるといいと思います。

なぜ、僕を「ストイックですよね」と言ってくれる人がいるのかというと、僕の言葉と行動が一致していることを見てとっているからだと考えています。

「お金が十分にないので・・・」と言って自己投資をためらう人がタバコを1日2箱も3箱も吸っていたり、休みの日のパチンコをやり続けたり・・・

「やりきります!」と言っている人が毎日お酒を飲んだら眠ってしまったり、一日10時間は寝ないとダメなんです、と言っていたり・・・

「私はこういう人なんです」と決めつけてしまい、変化したいと言っておきながら変化を拒み続けていたり・・・

それが「今一番大切なこと」であればいいのですが、そうでないならば、それらを一度断つこと無しに、その人の言葉を信じる人は出てこないもの。

木坂さんがいうところの「読まれる人になる」「選ばれしリーダーになる」ことなしに、独立して事業を興すなどできるはずがない。

僕自身の2016年を振り返りつつ、2017年は別のステージに行くことを決意し、

僕自身に緩みがないかどうかを確認するために今日の記事を書きました。

自分自身へのやらない言い訳は2016年に置き去りにして、

自分との約束を守り続ける2017年を、迎えよう。

2016年、お世話になりました。

2017年もまた、ビート・ザ・コントロールを志向する皆さんにとって最高に変化を促す年であることを祈念して。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分との約束を守ることに、潔さはいらない。

現在、香港にいます。

初めての香港をタクシーでホテルまで移動しましたが、夜景スポットからその景色を眺めているわけでもないのに、180度以上の視野角で広がるビル群など建造物の姿に心打たれました。

空港の出口に直結した電車(空港の到着ロビーから電車が見える)乗り場や、空港から中心部までのハイウェーなどなど、人工的によくつくられているなぁ、と感じまして、美しさも感じます。

食べた麺は上海のほうが数段上でしたし(店によりけりでしょうが)、食べものの物価も日本以上と感じましたので、日本のありがたみもまた、体感したところです。

僕ら日本人にとって、いい国だと思います、日本は。

何を持ってより良い暮らしなのか、果たしてより良い暮らしが必要なのかどうかは分かりませんが、少なくとも僕にとっては極を見にいくという欲求というか、うーん、そもそも極ってわかるのだろうかという疑問もあるのですが、それでもより良く生きるためにもただ知っておきたいというのはあります。

長男次男を連れて、世界の至るところで生活できるようになるよう、行動していこうと香港の様子を見たらあらためて思いました。

さて、人によっては潔さの定義が異なるとは思いますが、例えばもう無理だとして何かを諦めたり、自分はこの程度だから、これは苦手だからと自分で自分の限界を決めてしまうことを「潔し」とするような雰囲気を感じまして、ちょっと伝えておきたいことを書きます。

ワイルドサイドの島田さんも言っていたと思いますが、自分の限界を決めるのは自分、だったかな、そんな感じの言葉には僕自身その通りだなぁと思いますし、それは先日の食いトレ部活動で木坂さんから、

「やってみると意外にできることがある。だから、初めてのことをやってみるべきなんですよ」

のようなことを言われ、たくさんのとんかつなどを食べた後にカツカレーを食べてみたら完食できたり、ということを体験しました。

思えばマラソンでも筋トレでもそうだと思いますが、もうダメだ、という声を発するのは自分の脳なのか心なのかわかりませんが、その声に耳を傾けて立ち止まることは普通だと思います。

自分の話で恐縮ですが、なぜ僕が毎朝の腹筋を55回やると書いておきながら59回やるかというと、常に設定値、これを限界値とも言えるかもしれませんが、その上を行く自分であろうとしているからです(なら腹筋59回以上やりましょう、という声も聞こえてきそうですが、やらない理由は会った時に質問してくださると)。

アプレンティスの課題でも皆が1本書くなら2本、いや、もっと書こうと思って3本4本書いて提出していきましたし、「そんなにセールスレターを書けませんよ」という声が聞こえたのかどうかは覚えていませんが、1ヶ月に10本のセールスレターを書いて納品してきました。

今でも思うのは、1ヶ月に10本書けるなら11本でも12本でもできるということでして、なぜなら僕は、自分自身に限界を定めることを、避けるからです。

もちろん、できるかできないかはやってみないとなんとも言えないですし、できることならそれはやりたくないというのも本音だったりしますが、

別にできるできないをはっきりさせる必要はなくて、その時になればできればいいだけ。

やりもしないのに、自分の思い込みを外してもいないのにそれをできないとかいうのであれば、変化をすることなどできるはずがない。

いつだってブレーキを踏むのは、自分なのですから。

自分はこうであるとか、自分の好みはこうであるとか、確かにそういうものはあるのでしょうしそれを否定するわけじゃない。

だけれども、よりよい生活を送ろうとか、今の自分を変えたいとか、そういうふうに願うならば、今の自分の思考と行動を超える必要がある。

それはきっと、誰の目にも明らかでしょう。

自分という器を超えるためには、自分を知るという現在地点の把握は大切ですが、その先にあるものはその現在地点を飛び越えることに他なりません。

セールスライティングでもなんでもそうですが、自分ができる範囲でやるとか自分のペースでやるとか、それさえも決意が必要であって、やり続けるという、白黒はっきりつけない在り方が求められるんだと思います。

誰もができることを誰もがやらないレベルでやる。

いつだってこの限界を超えるということが、問われているんだと思いますよ。

変化したいなら、潔さなどいらない。

自分との約束を守るためなら、何があってもやり続けて守ること。

そこに潔さがあるのだとしたら、やりきったときだと思います。

きっとそれは、自分が死ぬ時にわかるのかもしれませんが、そういう人生を送りたいと思う人にこそ、僕はともに歩みたいと思いますし、価値を提供できる人でありたいと思う。

自分はこうであると決めてしまうのはもったいないなぁと思いまして、記しておきます。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




自分との約束を守るというのは、こういうことだ。

現在、バンコクにいます。

長男のサマースクール終了時刻とかぶったため、コンドミニアムについても妻はおらず、現在ひとりで部屋にいます。次男の幼稚園へと迎えに行きたかったのですが、コレは明日の課題ということで。

2014年と2015年に立てたマスタープランのうち、2016年はタイに拠点を移す、というものがありました。しかし2015年が進むに連れて、コレはもう少し遅らせたほうがいいかな、と。2017年からに切り替えようということで、2016年1月に書いた理想の一日においては、そういう風になっていたんですけど・・・

気づいてみたら、タイが拠点のような生活をしはじめているな、と。4月16日に岡山に行って19日に上海、20日にバンコク。23日にバンコクから東京に飛び、5月の半ばにはまたバンコクに行きます。

妻には「20日にバンコク戻ってきたって入学式はまだなんだから、そのまま日本にいればいいじゃない」と言われていたものの、なんでか帰ってきたんですよね。バンコクに。

普通の家的な感覚であれば、自分の家に帰ってくるのは当然でしょうし、家族が待つ家に帰るというのはなかなかいいものだなぁ、と思います。

自称節約家の妻が気にしているのは航空券のお金であり、特に用事がないのであればバンコクに来なくてもいいんじゃないの、ということで、決して「父はいらないわよ」ということではありません・・・たぶん。

これはもう、最もな指摘だなぁ、と。

じゃあなんで最もだと思いながらもバンコクに戻ってきたかというと、そういう生活を僕自身が志していて、それをやれる状況をつくりだしているからです。

「こういう自分になりたいんです」

と言う人は数多いけれども、実際に「こういう自分になりたいんです」と行動している人はそんなにいない。

実際のところそういう人は、変わりたくないんだろうと、僕はおなかの中で思うわけですが、個人的にはそういうのはちょっと苦手。有言実行でも不言実行でもいいのですが、子どもたちにとってイカした父でありたい。アイツは合理的に考えたら無駄なことでもやりたかったらやるヤツなんだよ、という他者理解でありたい。自分の人生を自分で決められる人間でありたい。

だから20日に戻ってきて23日にまた東京に行くぜ、と宣言したのであれば、またそういう生活を自分自身が志しているのであれば、もうやろうと。その後のことはその時考えればいいだろうと。

理性的に考えたら、2017年からバンコク拠点にしたほうがいい。けれども、感情的にはすぐにでもバンコク拠点にしたい。であれば、できるところからバンコク拠点にすればいいじゃないか、と。僕の場合、生活から、ですね。仕事の拠点はこれから。

ライティングを副業で活用することも、独立起業で活用することも、行動することで開けてくることってたくさんあります。この場合行動というのはインプットとアウトプットがワンセット。いわゆる勉強は、行動にはなりえません。少なくとも、副業とか独立起業にはつながらないと僕には思えます。

何かをすると決めたのであれば、すぐにでもインプットとアウトプットを行うことです。行動を伴わない決意なら、やらないほうがいい。

自分との約束を守る。コレは決意して行動してはじめて、自分自身でも客観的に認識できることですから。行動ありき、ですね。

お金があれば・・・時間があれば・・・環境が手に入れば・・・

四の五の言わずに、行動しましょう。行動できないなら、そういう自分になりたくはないんだと認めることも大事だと思いますよ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




一番大事にする約束はコレ。

お楽しみ様です。小野貴正です。

人と約束をする時、基本的に人はその人との約束を守ろうとしていろいろと努力するものですが、個人的にはこの2年ほど、人との約束を守れる人とはどんな人なのかがわかってきた感があります。

もちろん、人との約束を守っている人こそ人との約束を守っている人なのですが・・・その大前提として、自分との約束を守れる人、これが大事かな、と思います。

自分との約束を守れる人。自分に言い訳をしない人。

なぜならこれらが自分自身への信頼を生み出しますし、まさに自信になります。そしてその自信が周りへ伝わっていきます。あの人は信頼できる人だよね。あの人は自分に対して厳しい人だからね。あの人は約束を守る人だよね、となる。

当たり前といえば当たり前なのですが、他者との約束を守れない人は、自分との約束を守っていない。例えば僕が実践している習慣化とか、ライティングスキルアップの秘密を話したとしても、その場で「早速毎日実行します」となるだけで、結局のところ途中でやめてしまっているか、中途半端にやっているだけだったりします。

価値観は人それぞれなのですから、僕のようにやる必要はないし、誰かをそっくりそのまま真似する必要もないわけです。大事なのは、まず自分との約束を守ること。途中でやめてしまっては、「またオレはできなかったよ・・・」となってしまうわけですから、自信など生まれませんし、他者との関係性においてもそれは同じです。

だからこそ、宣言する前にちゃんと吟味する必要がある、と思うわけです。

僕の場合、これはいいな、と思うものに出会っても、その場で「毎日やります」とはなかなか言わない。なぜなら、脳がブレーキをかけるからです。「それって自分のコア・バリュー、マスタープランにとって、本当に必要なのか?」こんな感じです。いわゆる、内側の声に耳を傾けている状態ですね。

コア・バリューとマスタープランがあると、思考や行動、判断基準にブレがなくなります。思考の補助線になるからです。

結局のところ、まずはコア・バリューとかマスタープランを書き出してみるって大事ですよ、そしてそれが自分との約束を守ることに繋がりますよ、という話なのですが・・・

2015年8月1日は土曜日ですから、自分の価値観、コア・バリューとかマスタープランを書き出してみるには、いい日なんじゃないかなって思います。

決して走らないとかルールメイカーとか、これらは自分との約束を守っている、とも言えるんじゃないかな。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




チェックリスト9