自分という器をアップデートし続けることもまた、ビート・ザ・コントロール。

現在、那覇空港にいます。

出発前にブログを書いておこうとしたらお腹も空いたということで、A&Wへ。さすがにルートビアには手が出ないですが、そしてハンバーガーもちょっとボリュームがありそうなので身体が受け付けそうもなく、サイドメニューとコーヒーを頼み、現在待っている最中です。

コーヒーと言えば、昨日島田さんとミッキーさんとで行ったコーヒー専門店、あれは美味かった。苦味はキリッとしているのだけれども、まろやかで後味がスッキリ。ホットとアイスの2種しかメニューがないという、まさにコーヒー専門店なのですが、アイスの方もやや甘くしたコーヒーにほんのりミルクを氷のところに浮かべるだけという、まさにコーヒーの漆黒さこそ主役という感じでして、とても好感が持てました。そしてもちろん、ウマイ。

島田さんや木坂さんと出会うまでは、そういうお店を知っていることにどれだけの価値があるのだろうと思っていたのですが、ああ、これならばお金を払う価値はあるし、実際にお金を払ってでも・・・と考える人がいることもよくわかります。

ミッキーさんが「僕が知らないお店を知っていて・・・」と驚きとともにつぶやいていたことが、象徴的でした。

さて、ふと気づいたことを。

「小野さんはどこまでやり続けるんですか」みたいなことを、直接的にも間接的にも耳にします。これはいい評価としての質問なのか、そうではない評価としての質問なのかはどちらにも受け取れるわけですが、コア・バリューに従う限りやり続ける、すなわち死ぬときがやめるときだろうなんてことを考えています。

こういう風に書いてしまうと(いや、本当は書かないほうがいいと思ったのですが、話してはいるので書いてしまうと)、「いやいや、僕はとてもそんな覚悟は・・・」とか言う方々もいるわけですが、たぶんそれは、たとえばセールスライティングにしてもマーケティングにしてもプロモーションにしても、それをやる必然性がないからであって、これをやらなければならない、という必然的な環境にあれば誰もがやる、誰もがやり続けると僕は考えています。

極端な例ですが、何も考えていなくたってごはんは食べたいし、眠りたいし、女の子と触れ合いたい。それって必然性があるからそうなのであって、スキル習得も僕の感覚では同じです。

実際、ビーコンのプログラムに参加している後藤さんにしても日比野さんにしても角舘さんにしても、冬野さんにしても・・・ああ、サウナ男子ケヴィンにしても、毎月書き続け、メンバーによっては毎月記事を納品し続けるのも必然性があるからなんだと思っています。

もちろん、書かなければ・・・と悩み続けているメンバーも、悩み続ける必然性があるってことで。そこを抜けたら書き続けられるんだと思いますけどね。

やり続けると言っても僕は何もセールスレターを依頼され続けることをやり続けているわけではなくて、コーチングを行ったり、License to beatのような講座を行ったり、セミナーを開催したり、そしてオウンドメディアの記事を発注したり、周囲の方々を観察しながら、必要だと考えたことを形を変えてやり続けています。

よく、僕のようにはできません、という方々は、僕がそれこそ寝ないで毎日やり続けており、そんなことできないと想像しているようですが、

いや、それは僕だって難しいと思います。島田さんに一昨日、「普通で安心しました」のようなことを言われて(たぶん)笑ってしまいましたが。

例えば僕と合宿を行ったことがあるならば、日課こそやれど寝過ごしたりすることもあると知っている人もいるでしょう。

だから、人が想像するような超人ではない。同じように、成長し続けようとしているし、そのために思考し、行動し続けている。

しかし、僕が意識していることのひとつに、「ある場所にいると、その場所にいる人達のようになる」というのがありまして、それは長時間一緒に過ごすようになると、その場所の基準が、そのコミュニティの基準が自分の標準をつくるんですね。

毎日写経するコミュニティならそれが標準になるし、2日に一度ならそれが標準になる。

一緒にいる人のように人はなるというのは、プラスのこともそうでないことも同じです。

だから僕は常に、自分自身が参加するコミュニティのステージを上げ続けることを意識していますし、ビーコンのコミュニティに新しいメンバーを入れ続けることを意識しています。

アプレンティスにはじまり、賢者舎、木坂さんのマスタークラス、そして島田さんのクレイジーパパコミュニティと、毎年参加するコミュニティが変化し、また増えていくのは、

僕がそういう基準を持っているからだと思います。

コア・バリューですね、成長し続けたいというか、変化し続けたいというか。

同じ場所で同じメンバーと居続けることは、居心地が良くなる場合もありますし、そういう場所は必要でしょう。

しかし常に変化させ続ける行動を取らないと、自分という器を超えていくことは、難しい。

自分という器を望むようにアップデートさせ続けるために、基準とか限界値とかはどこまでも超えていきたいものです。

そのためには、誰と一緒にいるか、居続けるかって大切だなぁ、と思いつつ、あ、飛行機の時間なので、このへんでー。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




誰と一緒にいるか、がある意味すべてだと思う。

昨日の続き。

長男を学校まで迎えに行った時、次男の足元にはわさわさ動く虫が。

日本に比べるとそこはタイなのか、とても動きが遅くあの不気味なそれとは思えないのだけれども、怖がりな次男にはとても怖い虫だったようで、

長男の影に隠れては長男の腰元に手をやり、長男を盾にするかのようにズズイと前に押し出す。

長男は長男で押し返すかと思ったら、左腕で次男を守るようにしてズズイと前に半歩踏み出す。

そして次男に対して、大丈夫だよ、みたいなことを言う。

いやぁ、僕が彼らの父か〜なんて思い、不覚にも感激して「いい兄弟じゃねーかよ」と涙が出そうになりましたが、長男と次男のコミュニケーションの様子はよく部屋にいても見受けられます。

今朝は『ロード・オブ・ザ・リング』でガンダルフがバルログと戦ってうわーって消えていくシーンを二人で見ていて、写真は冒頭の通り。

兄弟ってこんなにくっついているものなんだな、と。

僕は一回り離れた妹がいますが、さすがに一回りも違うと一緒に遊ぶということはない。

僕が教員採用試験の時、妹が中学1年生だったので、夏休みに函館や札幌に連れて行ってあげたくらい。だから、一緒に遊ぶという感覚はわからなかったんですよね。

わがままざかりの次男を長男が受け入れてあげて、いざというときは長男が次男を守る。一緒に遊ばせると喧嘩ももちろんしますが、仲が良い光景のほうが多い。こういう体験をすると、もっといろいろな体験をさせてあげたいと思うようになりますから、不思議なものです。

彼らが幼いうちにいろいろな場所に行って、いろいろな人と出会って、いろいろなものを食べて、いろいろな場所に泊まり、いろいろな手段で国境を超える。

彼らにしてみれば僕と一緒にいるからこそこういう経験を普通にして欲しいと思いますし、これから出会う人たちの経験も自分の経験にして欲しいと思います。

長男に守られた経験のある次男なら、もし妹か弟ができた時にはきっと守れる兄貴になるでしょう。

一緒にいる人のように、その人はなっていく。

だからこそ、僕は父としてあらゆることを日常とするための経験を提供したいと思うんですよね。

最終的にどう生きるのかを選ぶのは彼らであっても、その選択肢を増やすのは経験、そして一緒にいる人ですから。

そしてそれは、僕たちにも同じことがいえます。

家族、友人、知人、取引先、コミュニティ・・・個人的な経験からすると、付き合う人は選んだ方がいいし、コレは利己的なだけではなくて利他的に考えてもそう言える。

なかなか考えにくいことですし、考えたくないことですけれども、経験上、一緒にいる人を変えると成果が出やすくなると思います。というか、いつの間にか「そう成っていた」。

いまうまくいっていないな、と思うならば誰と一緒にいるのかを書き出してみてください。
またうまくいっているな、と思うのであっても誰と一緒にいるのかを書き出してみてください。

良い週末を、お過ごしください。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




誰と一緒にいるか、なんだよね、やっぱり。・・・しかしエアアジアで寝違えた話に変更します。

エアアジアの普通のシートに座ったら、お隣の方がエライ大柄な方でして、僕が隣りに座ると見ると肘掛けを下に下げるほどの巨体。つまりあまりに狭いので、隣の人が来るまで肘掛けを上げ、2つの席を1つの席のように使っていたわけです。

実際のところはそこまで大きくはないですが、飛行機の真ん中のシートに関取が乗っているような、そんな感じ。

さすがにその身体で、よりによってど真ん中の席は大変だろうと僕も左側に身体を傾けつつ、しかし右腕は密着していてどうしたものかと思案。

普通のシートだと広くないしリクライニングもできないだろうということで、MacBookAirを座席前のポケットに仕舞っておき、離陸後にダンコレやニュースレターのライティングをしようとしていたのですが、

キーボードを打つ姿勢になると右肘がお隣さんの左腕にエルボーする感じになってしまい、固まることしばらく。

結局これは、マウス代わりのトラックパッドを操作する手を、いつもの右手から左手に変えることで解決。たまには左手で操作したほうが、脳にとってもいいよねと思い、これはこれで快適。

ライティングそのものはこれで解決したわけですが、今の悩みは解決前に飛行機で寝てしまったこと。もう考えても仕方がないだろうと離陸前後からウトウトして寝てしまったんですよね。隣に大柄な人がいたので、左側に身体を傾けて寝るというか、まぁエライ体制でひねるように寝ていたのです。

すると案の定、起きたら首と首の下が痛い。寝違えたような感じです。枕を変えて、寝るときには寝違えなくなったのに、飛行機で寝違えるとは、トホホ、です。今もかなり痛い。

個人的にはローコストキャリアとはいえ、エアアジアの割りきったサービスは気に入っています。フライト中のドリンクサービスとかなく、離陸すると早々に消灯しておやすみモードにしてくれるのもいい。むしろこっちのほうがいわゆるフルサービスの飛行機よりいいんじゃないかってくらい。なんといってもエアアジアは、ドンムアン空港発着ですからね。あの何かが始まるジャングルのような雰囲気は、相変わらずですから、ドンムアンは。

一方で、しかるべき時間には予約していた食事や飲み物、また有料の機内サービスがはじまりますし、フライトアテンダントの接客はシンガポール航空に近いフランクで丁寧な感じです。

たまたまかもしれませんが、今回の席で学んだのは寝違える危険性といいますか、隣に大柄な人が座ることは事前予測できないので、プレミアムフラットシートだったかな、あのシートを予約する価値はここにもあるんだな、と学びました。

それで、エライ前置きが長くなってしまったので続きは明日にしようと思いますが、

誰といるかって大事だよね、という話をお届けします。

今日、長男の学校へ次男と一緒に迎えに行ったのですが、そこで次男がもぞもぞ動く虫を発見。

パワフルなのは次男ですが、怖がりなのも次男。

そんな時、長男は次男に対して何やら話すと、もぞもぞ動く虫に合わせて長男のもとに擦り寄っていき、長男のやや後ろにポジショニングして長男を盾にするかのように虫を見る。

頼もしいもので、長男は左腕で次男をかばうようにずずいと前に踏み出し、次男を守るかのようなポジショニング。

いい兄弟じゃねーかよと普通に思っちゃいました。

続きを、お楽しみに。

P.S.
ある意味、今日の話も教訓を得たという意味で、誰と一緒にいるかって大事だなぁ、と思ったのですが、どうでしょう?

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓