同じ言語で過ごす(一緒に過ごすことが手っ取り早い)。

いつ眠ったか覚えていないのですが、朝の光を浴びて起きることができたのはえらい久々な感じ。

気を良くして腹筋55回とビジュアライズ、写経を終えたあとはシャワーを浴びて、谷町四丁目を上がったところにあるスターバックスへ。

大通りから15メートルほど奥まったところにあり、しかし大通りに面しているので、

賑やかさは感じつつも静けさというか穏やかさを感じます。両極のある場所です。

手に持ってきたのは昨日ダンコレで購入したトートバッグで、色はオレンジ。

僕はオレンジがエラく好きみたいでして、長男次男に服を買う時はオレンジを買いますし、昨年購入したヒートテックはオレンジ色で今日も着ています。

どうせ着るなら気分が明るくなるカラーがいいだろうということで、秋から冬はオレンジ、春から夏はターコイズブルーとか明るめのブルー。

ダンコレの岡本さんからは、今日の小野さんのジャケパンなら断然ネイビーですけどね、とは言われたものの、一年通してどこにでも持っていけるものならと、ここは我を丸出しでオレンジを選択した次第。

ダイレクト出版の寺本さんと同じカラーというのも、ミーハー心がくすぐられる次第ですが。

そのへんわかっている岡本さんは、早速ダンコレFacebookページの、寺本さんの写真が掲載されているところに僕がオレンジのダンコレバッグを持っている写真をのっけておりまして、

昨日の夜食事をして、ではまた明日と別れ、ホテルに戻ってみたら早速アップされていたので、この辺配慮が細やかだよな、と思った次第。

打ち合わせをしに行っているのに、その場でバッグとかデニムを買うことができるというのは、趣味と実益を兼ねるとはこういうことをいうのかな・・・。

岡本さん行きつけの、あれは焼き鳥屋さんになるのかな、まあエラく新鮮でウマイ鶏が食べられるお店に移動し、そこで今日の自分という器クラスに関する話。

昨日のブログに書いたような気もしますが、ゴミ拾いの話とか圧倒的な量の話とか、そのあたりの話がどうして通じるのだろうと考えていました。

生まれも育ちも同じ人はいないので、だからこそ価値観とかは違って当たり前。

しかし生まれも育ちも近い人、似ている人はいるわけで、だからこそ価値観とかも近く、似ているというのはある。

同じ言語で話すとは、こういうことを言うのだな、という感じ。

ちなみに話の聞き方も似ています。何も考えずに聞く、というふうに。

そんなことをぼんやりと思いつつ、ふと岡本さんが昨日話していた言葉を思い出す。

それは

「やっぱり一緒にいることが手っ取り早いですよね」

自分が言う言葉でもありますが、最近良く耳にする言葉でもありまして、やっぱりそうだよな、と思う。

師弟関係とはそういうもの。

常に弟子を同行させるのは、目で見て耳で聴いて、そして雰囲気とか空気を感じるため。

そう僕は考えているのですが、岡本さんがやっているマネジメントというのはそういうもの。

論理で6割がバックエンドサービスを購入するやり方を解説し、そして再現して学ばせる一方で、

一緒にいることで考え方とか話し方とか、間のとり方とかそういうものまでも伝えようとしている。

だから弟子の方も損得とかベネフィット優先だと一緒にやり続けることができず、これは自分の経験からしてもそうだよな、となる。

ビジネスの組み立てとプロジェクト運営、経営は驚くほど効率的に論理的に行う一方で、何をやるかに関してはやりたいことをやる、という非効率で決める。

人付き合いもそう。

見て取れるような、損得で判断できるような効率性は度外視し、付き合いたいかどうかで決める。

昨日のワイルドサイドランチミーティングはビーコンの皆さんがたくさん来ておりまして、島田さんが言うに(聞き間違いでなければ)、人数の関係からもう一名はまたの機会に、となった模様ですが、

わざわざ大阪まで東京とか名古屋とか奈良とかからやってくるというところに、

僕はいい人生を歩むコツみたいなものが眠っていると思っています。

岡本さんの話もそういう話だなぁと思いましたので、本日の自分という器クラスの皆さんには楽しみにしてもらいつつ、こういう機会がきたらスッと動けるように、ビート・ザ・コントロールを志す皆さんには、力をつけておいてほしいと願います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




長男との距離感がより近くなったと感じたプーケット旅行と妻と長男のケンカ。そして誰と一緒に過ごすかは大切。

現在、スターバックスに来ています。

今日の深夜に成田行きの飛行機にのるため、長男次男と一緒に過ごしていたいのですが、

家にいると腰にとって優しい作業環境がなかったので、移動してきた次第です。

タイ時間で20時ころまで仕事をし、その後は家に戻ってシャワーを浴びて、空港に向かう予定。

次男の幼稚園に収める学費や長男の小学校に収める課外活動費など、妻に確認しておかないと、と考えています。

日本に帰ってから「いくら必要なの」と言われても、「ああ〜」という感じなので。

妻もそれはわかってくれているみたいで、極力早めに伝えようとしてくれているのですが、それでも、3日前とか2日前とか、当日が普通。

これもタイだからなぁ、と妙に納得している自分もいたりして、面白いものです。

さて、昨晩プーケットからバンコクに戻ると、妻と長男がケンカしていました。

なんでも長男はボール遊びをしてほしかったようなのですが、妻はつかれていると伝え相手にしなかった模様。

それで、妻と次男の写真を、長男はビリっと破いた次第。

おお、これはジェラシーだよな〜と思い、妻に、

「トモヤはかまってほしいわけだ。いつもユウキと一緒にいるでしょ」

そんなことを伝えつつ、長男の頭をなでながら、

「お母さんはわかっているから、泣くな。でも写真を破るのは良くない。あやまりなさい」

そう言うと、長男はワイをしてごめんなさいと。

うーん、お父さん胸が締め付けられちゃったよ。

1年前とか2年前から、徐々に長男との距離感は近くなってきたなと感じていましたが、今回のプーケット行きといい、妻とのケンカといい、

長男の胸の内が伝わるようにもなってきたなぁと感じます。

一緒にいる時間というのは、大切ですね。

これは知人や友人、仕事での付き合いも同じだと考えておりまして、

一緒にいる時間が長いほどにその人の考えや気持ちが伝わるようになってきます。

その人の考えや気持ちがいいものであればそういう風になっていきますし、そうでないのであれば、逆もまた然り。

自分にとって一番大切なことを一番大切にするために、自分にとってよろしくない方々との付き合いは絶つこともまた、必要なんですよね。

一度付き合いを絶ったとしても、自分自身がそういう人物になった時、もしかしたら付き合いはまたはじまるかもしれません。

人はどうステージを変えていくか、わからないものですから。

くれぐれも、人を変えるのではなく、変えるのは自分です。

自分で決めて、自分が付き合う人を変える。

すると妻も長男次男も変化したように、自分が変われば付き合い続ける人も変化するんだなぁ、と思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




高知れいほく、羽田、成田、バンコク。

本日でぽっちり舎の高知れいほく合宿は終了。

ひろめ市場の散策に参加するメンバーとで昼食を食べ、その後は牧野植物園へ。

なんというか、うまいものは高知にもあるという器の更新だけじゃなく、自然と芸術の見所は高知にもあるという器を更新できた合宿でした。

託児担当のショウタくんと別れることを悲しみ、泣き叫ぶ、参加者のお子さんの様子もいいなあと感じつつ、

自分にとっても初めての経験をさせてもらえたことに、ケイコさんとご主人に感謝です。

そして、参加された皆さんにも。

おもしろいなぁ、と感じるのは、初日よりも二日目の方が表情の色ツヤが良くなることと、年間プログラムに参加するメンバーに関しては、毎月会うたびに目と空気が凛として朗らかに、力強くなっていくこと。

誰と一緒に過ごすかが大事であることを再確認した合宿でした。

それに、三食一緒に食べ、中でも朝食はケイコさんのご主人が用意してくれたれいほくファーマーズカフェのパンやれいほくで作られたグラノーラ、卵かけ御飯など、

いわゆる同じ釜の飯を食べる、という経験がそうさせるのか、空気感が似てくるんですよね。

あと片付けも手分けしてやったりするから、もう学校のようなもの。

キャンプとか林間学校で盛り上がる、あんな感じ。

ケイコさんが伝えることにピンと来る方々だから、もともとの親和性というか相互理解度は高いのかもしれないけれど、

空気が近く、醸成されていく様子を感じることができて光栄だと思いましたし、

やっぱりいいなぁ、と思うのは、三日目の今日は皆さん、後ろ髪を引かれるかのように帰っていくということ。

帰る、というより新たな出発かな。

今回の非日常を、日常にしていくのような。

参加してくれた皆さんにはまたぽっちり舎で会いたいと思いますし、変化していることを期待したいもの。

だからこそ、年間プログラムはいいんだろうな、と思う。

参加する側にとっても、運営する側にとっても。

誰と一緒に過ごすのか。

どう生きるのか、どう在るのかにも繋がるこの質問への回答は、

多くの人が思うよりも大切で、もしかしたら最も大切にしなければならないことなんじゃないかなぁ。

先ほど、羽田に到着し、乗り換え無しで成田に行けるというので京急と京成で移動中。

駅の看板を見たら、もう押上でした。

明日は朝からバンコクに移動し、一週間ぶりの帰宅。

そして、5日からはインド。

今回の合宿のような初めての経験を、タイでもインドでも選んでやってこよう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓