名古屋。喫茶店。父としての存在意義。

名古屋の丸の内にいます。

丸の内でモーニングならここがいいですよと教えてもらいまして、そのコーヒースタンドへ。

Lサイズのコーヒーを頼んだらドンブリのミニ版みたいなカップがでてきまして、しかし意外と軽いので飲みやすいなぁ、と思いながらいただいています。

モーニングの時間には間に合わず、コーヒーのみいただいているのですが、

昨日訪れた「ゆるり人」という喫茶店といい、このあたりは個人経営のカフェというか喫茶店というか、そういうものが多いように思えます。

実のところ、東京の新宿や実家のある相模原にも個人経営店はあるのでしょうが、スターバックスやコメダ珈琲の姿が目についてなかなか存在を知ることができません。

あるいは、相対的に数が少なくなっているからなのかもしれません。

先日、京都で恵文社という本屋さんを訪れる機会がありましたが、僕の知っている本屋さんではなく、もはやこれは美術館とかと一緒だな、と感じました。

経営者なのかスタッフなのか、彼らの思想とか意志とか、そういうものが反映されてのラインナップ。

これは喫茶店とかカフェもそうだと思いまして、経営するスタッフやオーナーの生き方がそこに反映されている時、それが自分にフィットすれば居心地良いと感じますし、そうでない場合は逆も然りだったりします。

しかしその空間を心地よく感じる人たちが集まれば自ずと類は友を呼ぶ状態になるわけでして、そういう場があってもいいものだな、と思ったり。

僕が知らなかっただけで、カフェとか喫茶店とかはすでに、そういう働きをしてきたのかもしれませんが。

僕は割とコンビニ的というか、金太郎飴的というか、日常生活においていわゆる他と違うもの、個性的なものを求めてはこなかったように思えますが

それは単に知らなかったから求めなかっただけで、例えば幼いころからそういう空間に触れてきたら自ずと、他と異なるもの、個性的なものを求めてきたんじゃないかな。

環境が、その人物を決定づける、というか。

おや、ふと言葉を出してみたら、ビーコンライブセミナー@東京で話した、Be yourselfに近づいてきました。

生まれも育ちも違うのだから、僕らは他の誰にもなりえないし、自分自身で在り続けることは必然だと考えています。

そういう意味では僕の長男次男には、彼らの少し後ろから彼らを眺め、まさに我が道を行き続ける彼らに寄り添い続けるような父で在りたいなあ、

なんてことを思いました。

ワイルドサイドの島田さんがメルマガで面白そうな企画を提案してきましたね。

父としてのアイデンティティは昨年智頭で、イノックさんがホットに語っていましたが、僕もこれは大切だと考えています。

母に比べたら、子どもたちにとっての存在意義は希薄なのですから。

問われていると思いますよ、男性諸氏は。

必要とされ続ける男で在りましょう。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




答えはすでに、自分が知っている。

ビーコンライブセミナー@東京が終わり、特典セッションも対面の方々には昨日終え、あとはスカイプと当日休まれた方向けのセッションと残すのみとなりました。

今回のビーコンライブセミナー@東京『Be yourself』を伝えるにあたり、昨年の名古屋、そしてLicense to beatのレターを確認しつつ、

またダイレクト出版の寺本さんからもらったメール、そしてワイルドサイドの島田さんからいただいたメッセージなどなどを見返していると、

自分でも驚くほど、同じことをいい続けていることに気づきました。

つい最近もブログで書きましたが、セールスライティングスタートアップガイドの第1章と第2章も読み返してみると、今セールスライティングクラスで伝えていることと同じでして、

異なることはといえば、木坂さんのセミナーに参加したり、岡本さんからの案件に納品したり、島田さんとのプロジェクトを進めていくにあたり、改善されたところ、新たな知見を得たところ。

あれ、ココまで書いて既視感ありますが、まぁいいや、このまま書きますと、

こう見せようとか自分をつくる必要はなく(相手に対する礼節は必要という意味で、身なりを気にしない、という意味ではないですよ。よく見せるのも控えめに見せるのもナルシストという言葉を島田さんか木坂さんが言っていましたが、そのとおりだと思います)、他者からこう見られたいとか思う必要もなく、自分自身の本音で在るだけ。

本音というのはラクなんですよね。最近、僕もこのラクという意味がわかるようになってきました。

一応くれぐれも、今のあなたでいいんですよ、変化する必要などないんですよ、あなたはあなたでいいんですよ、というような意味ではないことも、付け加えておきます。

むしろ僕が考える、自分自身であれ、Be yourselfというのは、なんとなく甘いというか甘やかされるというか、そういうものとは違うステージのものですので。

昨日も特典セッションに参加する皆さんと話していて思いましたが、すでに答えは自分で知っていたりします。

ただそれに気づいたり、それを口に出したりすることは怖かったりするので、それを見ないふりしてその他大勢の人がそうしているように「建前」で行動する。

人と違っていいと口では言うものの、人と違うことを恐れる。これが普通だと僕は考えています。

だから人と違う自分の本音に気づくと、まぁ、怖くなりますよね。

え、オレって本当にこんなこと考えているの?ってなる。

他者との関係性の中で生きている以上、それは当然だと思いますし、そういう選択を取ったほうがいい人生だと思い込める人もいるでしょう。

いずれにしても、自分の本音。

本音というのは実のところ、自分にしかわからないものですし、すでにそれは知っているもの。

セールスライティングスキルが必要ですと言うならば、それは本当に必要なのか。

自分に問いかけてみた時に、どこかで聞いたようなセリフしかでてこないのであれば、それは建前じゃないかと考えてみることも大切だと僕には思えます。

デニーロのように「セールスライティングは必要ないです」と認めてはじめて、それが実は必要だと気づく場合もある。

本音に耳を澄ませ、それに身を委ねてほしいなぁ、と思います。

セミナーでどんな話をしたのかは、ちょうどデニーロと、角舘さんが書いてくれていたので、あと写真を見たらこれはセミナー開場だということで、京都日々新さんのブログを紹介しておきますね。

http://warashibetaxi.com/2016/11/08/osaka-taxi-blog90/
(こちらはデニーロのブログで)

http://kankakukabin-futoko.com/2016/11/07/セミナーでした/
(こちらは角舘さんのブログ)

http://kyotohibishin.com/mind/real-intention-and-public-position
(写真だけセミナーの画像ということで、京都日々新さんのブログ。内容は・・・偶然にも?本音と建前。数日間のブログはセミナーの内容を先取りしているようで、面白いですよ))

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




2年前も1年前も今も、同じことを言い続けている。

昨日のLicense to beatセールスライティングクラスに続いて、今日はビーコンライブセミナー@東京ということで、昨年の名古屋同様に、先ほどまでスライドを作成していました。

スライドの枚数は昨年よりも少なくなり、割とスッキリした印象でしたが、

僕自身の身体性を伴う経験、特にこの1年で素っ裸の経験が赤裸々に語られるハズなので、

参加する皆さんにとって役に立てばいいなぁ、と思いつつ、いい機会をくださり感謝です。

スライドをつくるなかで、過去のメールやチャットワークメッセージ、Facebookのメッセージなどを見返していたのですが、偶然なのか必然なのか、2年前も1年前も同じことを言い続けている自分に結構ビックリしまして、

スタートアップガイドの第1章とか第2章とかもそうなんですけど、本当に根の部分は変わっていないなぁ、と。

大宰府の財津さんが「あの第1章が、一番迫力ありました」というのはなるほどな、と思います。

ちょうど今日のセミナーテーマとも関連するので、なぜ根の部分が変わっていないのか、少し記しておくと、

これは本音を語っているからです。

セールスライティングとか、どう在るかに関して僕は、本音しか語っていない。

セルフイメージ先生こと小坂さんが、小野さんの話は本音だけだからスッと来るんじゃないですか、みたいなことを言ってくれましたが、

本音を語る以上、そこには取り繕うとか、損得勘定とか、人からどう見られようとかという建前がありませんから、

首尾一貫しているのは当然といえば当然なんです。

しかし、人は本音を語ることはなかなかできないし、意識的につくられた何かを本音と勘違いしていることもある。

私見ですが、本音と主張は似ています。

ワイルドサイドの島田さんが紹介してくれた、ピーター・ティールの

あなたが信じる「賛成する人のほとんどいない重要な真実」は何ですか?

ですね。

今写経しはじめた木坂さんの『要塞の中でつかまえて。』といい、抽象度を高めていくと、同じようなことを言うようになる、とも島田さんは言っていましたが、

そういう人たちと一緒にいるからこその、本音で居続けることができる、なのかもしれないなぁ、とも思います。

同じことを言い続けている自分にホッとしつつ、こういう人が増えていけばいい世の中になるんじゃないかな、と思いつつ。

今日はこのへんで。

先ほどスターバックスでアメリカーノを買ったら、カズくんが作業していましたので、彼が出てくる前に移動しておこうかと。

ビーコンライブセミナー@東京の様子は、明日お知らせできたらしますね。

良い日曜日を!

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




要塞の中でつかまえて(木坂さんレターより)。

昨年のビーコンライブセミナーにおけるテーマは『Be yourself』であり、今年のテーマも『Be yourself』。

今年はサブタイトルに「おっぱいが好きではないって本当ですか?」という、ある意味形式上は想定外を狙ったというか、実は内容においては隠喩的表現であるとか、まあそんな感じの副題がついてはいるのですが、

Be yourselfという大きなテーマは同じ。

昨年までも、そしてこの1年でもこの「自分自身であれ」というのはビート・ザ・コントロールに必須の概念であり、在り方でもある、そう考えているからこその同じテーマとなっています。

「同じテーマで木坂さんが昔、セミナーをやったことがあるんですよ」

と教えてくれたのは島田さんでして、この間の食いトレ部で島田さんが僕のレターを発見し、木坂さんに見せていたのですが、

なんというか、昨年までは木坂さんを知らなかった僕が、木坂さんと同じタイトルでセミナーをやっているということには、単なる偶然とは思えないような感覚を覚えたんですよね。

ちなみに『License to beat』は前々から書いている通り、木坂さんが開催した『License to steel』のタイトルを真似しています。木坂さんに話したら笑っていましたけど。

ジョン・カールトンの『License to steel』、そして007の『License to kill』から受け継いでいる(?)流れです。

もちろん話す内容は木坂さんの『Be yourself』や『License to steel』に参加したことがないので、今の僕にはわかりえないのですが、

「木坂さんは常に同じことを言い続けていますよね」

と聞くと、

「そうですね」

と笑顔で返答してくれた木坂さんを眺めながら、

具体的にはわからないけれども抽象的にはわかる、そんなことを感じました。

今日から開始した写経題材は、『要塞の中でつかまえて。』。

なんともメルヘンな雰囲気にマッチョな言葉が入っているなぁ、と。

これだけでも想定内と想定外のコンビネーションが使われているなぁ、と、感心するばかりなのですが、

ビーコンライブセミナーを明々後日に控え、ちょっとこのレターを読んでみますと、まぁこれも面白いもので、やっぱり抽象的には同じことを話しているな、話すのだろうな、と感じます。

もちろん、レターの中ではすべてを明らかにはしていないので、最終的にセミナーで届けられるであろうメッセージは僕の想像でしかないのですが。

しかし7年とか8年とか、あるいはもっと長い間同じことを言い続けている男の主張が変わるというのは、考えにくいですから、

遠からず想像は当たっているのだと思います。

これは僕が覚えていたら、ビーコンライブセミナーでも話すと思いますし、伝えるメッセージは同じだと思いますので、参加される皆さんは待っていてくださると。

そうですね、「おっぱいが好きではないって本当ですか?」から感じられるメッセージを想像しておいてもらえると(僕はおっぱいとか言いますが、木坂さんが言うわけではないですよ、念のため)、楽しめると思います。

今日はいい天気で、外に出てみると突き抜けるような青空に黄色く変化した木々が目につきます。

こういう時は深呼吸してランニングしたり、夜にはサウナで汗を流すと気持ちいいだろうなぁ、と、

あまり紅葉の季節に関係のないことを思いつつ、今日はこのへんで。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




過去が全てではないけれど、過去から逃れることはできない(自分自身であれ)。

成田に戻ってきました。

前回は羽田着だったので、今回は成田を選択したわけではないですけれど、羽田も成田も雰囲気が異なるので、これはこれで楽しみな空港ではあります。

入国は自動化ゲートで行い、お手洗いで城ドラの討伐イベントをソロで行ったあとは機内預け荷物を持って税関へ。

いつもどおり「耳が遠いのでお手数をおかけします」と伝えたあと、久々に質問をされました。

「スタンプがたくさんありますが、お仕事ですか」

「いえ、観光です。妻がタイ人なものですから」

「中国のスタンプもたくさんありますね」

「経由便の場合は中国に立ち寄ることが多いのです」

「はい、わかりました。どうぞ」

こんな感じで荷物チェックされることもなく、通過。

現在のパスポートには300個程度のスタンプがあり、仕事じゃなくて観光で300個だと怪しいといえば怪しそうなものですが(実際にはどこででも仕事はしているのですが、ビザ無しで海外で仕事ですかとか聞かれるとそれはそれでホネなので、観光と答えるようにしています。実際、観光とか休暇ですからね、行き先は)、

これまで荷物を検査されたことは、10回もないと思います。

どのへんで荷物を検査するかの判断をしているのか、考えてみたことがあるのですが、たぶんなんとなくなんじゃないかな・・・いや、もしかしたら、5人ごとにチェックするとか、そんな感じかも。

いずれにしてもこの税関次第で日本の安全が守られると言っても過言ではないので、荷物の開示を求められたら快く受けたいものです。

昨日は長男次男を学校に送っていく途中で時間が来たので、iPhoneからスカイプを接続してビーコンコーチング。

バイクの爆音とか人の声とか、とにかくいかにもバンコクという感じで騒々しい中での接続に恐縮しつつ、会話。

ここで話した内容というのは、ビーコンライブセミナーのテーマと似ているのですが、それは、

Be yourself、生まれ育った環境があってこその自分であることを考えれば、過去から逃れることはできない。

「いい人生」の定義は自分が決める、というような感じ。

過去が全てではないけれど、自分自身の過去を踏まえて「自分自身のいい人生とはこうだ」と決める、という感じかな。

これはワガママであれとかそういう意味ではなく、人は一人で生きているわけではない以上、周囲への配慮や気遣いは大切という意味で、ワガママであっていいわけではない。

しかし、周囲が言うところの「いい人生」と自分自身の「いい人生」というのは、違うはずだよね、ってこと。

例えば強烈に違和感を感じるのが(昔はわからなかったんですけど、というかもやもやしていても言語化できなかったんですけど)、

「年収1,000万円をネットビジネスで超す方法」
「社長は年収2,000万円をとれないとダメだ」
「1億円を超す売上をもたらすマーケティング」
「10億円レベルの会社にはマネジメントが必要だ」
「上場を簡単に実現する方法」

こんな感じのこと。最近、FacebookやYouTubeでも増えてきたなぁ、と思いますし、これはこれで大事なものなのだろうと思いますが、

これらは手段の話であり、手段というのは何かを成し遂げるための手にすぎない。

では、これらに飛びつく前に、その「何か」を知っているのだろうか、ということなんですけど

ほとんどの人が知らないですよね、「何か」が何なのか。

「年収1,000万円をとりたいんです」

という人もいるでしょうが、それは「何か」ではありません。やっぱり手段です。

年収1,000万円を実現した結果、

*家族との時間を増やせるようになった
*子どもと旅行に行けるようになった
*子どもに好きな玩具を買ってあげられるようになった
*周囲から注目されるようになった
*女性のATMとして存在意義を確立するようになった

・・・のように叶えられること、それが「何か」なのだと思います。

そしてその「何か」というのも、その人ならではの必然性があるもの。

これがコア・バリューであると僕は考えていて、それはその人の生まれや育ち、幼いころに夢中になったこと、ルーツにヒントがあるのだと考えています。

生まれも育ちも違うのだから、どう生きたいのかが同じであるはずはない(近いものはあるかもですけど)。

それは人の数だけ存在するんじゃないかなあ、と僕には思えるんですよね。

人からよく見られたいとか、良い人物だと思われたいとか、

そういう欲求が人には備わっているものですが、だからこそ、自分自身のコア・バリューに気づくというのは、難しい。

物事には順番があって、たぶんですが、

人から気に入られる必要なんてない。

まずは、自分を一番大切にすること。だから、自分自身であれ。

その上で結果的に、人から気に入られれば、いいんじゃないかなぁ。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




女性が望むだけ、お金を渡せる男になれ。

一昨日と昨日は、ケイコさんと島田さんとで進めているプロジェクト、「ぽっちり舎」の講座にスタッフ参加。

第一回の自分軸に関する講座から第二回の瞑想など整え方、第三回の詩を学んで自分の内側を言葉にすること、第四回の高知れいほく合宿では身体性を伴う体験をすることなどなど、

これらはどちらかと言うと、無意識に人が飛びついてしまうようなベネフィットは見えづらい講座なのですが、

今回の第五回講座は「届けたい人に届ける文章術」ということで、今までの4回に比べるとベネフィットが感じやすい講座でした。

コピーを勉強しようと考えている人、すでに勉強している人、また仕事をし始めている人にとっては、例えばダイレクト出版さんの「テンプレート習得コース」などのように、

「はやい・よい・やすい」

を感じ取りやすいからです。

ちなみにワイルドサイドの島田さんが言っていたと思うのですが、どちらかと言うと「テンプレート習得コース」は初心者向けではなく、中上級者向けなんじゃないかな、とのこと(たしか)。

その理由は、スワイプファイルを貰ったとしても、それを市場に合わせて選び、真似をすることはなかなかできないと。

僕はこの講座にでたことがないのでわからないですし、どんな講座でもその人の環境に応じて学びはあると考えていますが、

スワイプファイルを持つこととレジを鳴らすコピーが書けるようになることに相関関係はないと経験していますので、確かに初心者向けではないのだろうな、と思います。

初心者向けなら、食べていけるライターさんはもっと多いはず、すでに。

テンプレートというネーミング勝ちだと思います。

そんなライティングを含めて、基本的な構造を学ぶ今回の講座は、ケイコさんの講座を受けることで、読まれる文章、売れる文章の構造は組み立てられるようになると感じました。

実際、講座の内容に従って書けば、参加する方々に配布した案内状のような文章になるわけですから。

経験していること、経験したことを講座にするという意味で、地に足がついていて実体のあるケイコさんの講座は身体性を伴ったものですし、安くはない参加費を支払って来ているわけですから、受講する方々の意欲はなかなかのもの。

スライドをスマートフォンで撮影したり、ボイスレコーダーで録音したり。

文章術とはいってもケイコさんが行う講座ですから、テクニックではなくて土台、基礎デザインの話でもあるので、

やっぱり自分軸とか誰と一緒に過ごすかが大切とか、そういう方向の話になるわけです。

「文章術」と聞いて来られるわけですから、スタッフ側としては教える側と学ぶ側、コミュニケーションギャップが生まれてないかな、と懸念していたものの、

フタを開けると皆さんどちらかといえば、単なるテクニックの話ではダメなんだということに気付いている方々だったと見受けられましたので、

エラい満足感が、講座を包んでいたと感じています。

そんな皆さんの様子を見ていたら、目が生き生きしてきて表情が豊かになって、相対的に女性たちは、エラい変化をしているなぁ、と感じたわけなんですけど、

そんな女性たちが何か買ってときたら、何も聞かずにお金を渡せる男になる。

そういう男たちが増えると、女性たちとのバランスが取れ、世の中がいい感じになるんじゃないかな、とあらためて思いました。

生物学的に、遺伝子的に男は、その存在の価値は女性に比べると希薄ですから。

そんな話を、ビーコンライブセミナーではすると思います。

コントロールとBe yourself、そして、男は女のATMであれ。

募集開始は、間もなく。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コミュニティに属するだけで変わるわけじゃない。

冒頭からこんなネタで恐縮なのですが、偏頭痛ってホントにお付き合いが難しいって思います。僕はよく「ネコ派です」と言ってきた、つまり気ままな感じのネコが好きですよ、と周囲に伝えてきたわけですが、この偏頭痛のネコっぷりには程があります。

先ほど仮眠から目覚めて足元にある教科書を整理しようとかがんだら、それだけでズキンズキン。何か行動するだけでズキンズキンしてきて、鏡を前にすると眉間にしわを寄せた坊主が常に登場する状態。いや、コレはよろしくないよね、と。

幸いにも今日の閉講式で神職養成講座は終了。1ヶ月、よく通い続けたよな、と我ながら驚き。とりあえず終わったら、つまり今日から夜は、1ヶ月ぶりに電気を消して寝ようかと。なんとなく、朝起きれなかったらよろしくないからと電気をつけて寝ていたことにも、偏頭痛の原因があるんじゃないかな、と思ったので。

ところで昨日、あ、一昨日になるのかな、スカイプセッション中におもしろいことを聞きましたので、共有します。

そのおもしろいことは何かというと、

「140万円ものお金をここに投資したわけですから、小野さんがなんとかしてくれるんだろうと。しかしこの間の対面セッションで、やりたければやったほうがいいですよみたいな話を聞いた時に、ああ、コレは1年後に140万円も投資したのに〜となるパターンになるかもしれない、と思ったので動き出したんです」

・・・こんなことを言われました。いや、こう書いてみるとこんなふうに言われるオレってよろしくないよね、って思うのですが、とても大事なことを示唆しているように思うのです。

ビーコンコーチングやタレント化プログラムに限らず、セールスライティングやセルフプロデュースに関しては多くのサービスが提供されていると思います。ダイレクト出版さんのリストブランディングやテンプレート習得などはわかりやすいそれですし、かつては虎の穴とかアプレンティスもありました。

ホントはお金の多少は関係ないのですが、高額セミナーであるほどその期待感が大きい。ルビコン川を渡るほどの勇気を出したのだから、エイヤと行動したのだから、きっと効果があるだろうと。

しかし、『7つの習慣』でも説かれているように、人は人を変えることはできず、人は自分で変わるもの。他者ができることと行ったらキッカケを見せることくらいなんだと思います。誤解を恐れずいうと、ビーコン参加者だって皆が皆望むべく変化をしているわけではないと思うし、そして変化をしているかどうかの違いというのは結局のところ、本人が行動するかどうかなので。

そう、本人が行動するかどうか。この一点がうまくいく人とそうでない人との違いを生み出す「違いを生み出す違い」なんだと思います。コミュニティに属しただけで変わるわけじゃない。それは1年前にダイレクト出版の山田さんもそういっていましたし。「コミットメントの強さが違いを生み出す」というようなことを。コミットが強いと、行動する必然性に転化しやすい、ってことかなと思います。

教材を買ったりセミナーを買ったりすると、「これでオレは望み通りの姿になれる」と過剰に期待してしまうことってあると思うのですが、そんなことないだろうと知ること。願えば叶うなんて都合のいいように思い込まないこと。願い、行動し、叶うわけですから。

セミナーや講座に参加してコミュニティに属したって、本人が行動しなければ何も変わらない。

講師と近い位置にいるわけですから、モデリングのチャンスなんですけどね。せめて、講師をマネることはしてほしいところ。

そして自分は他とは違う、ということを現実的に知ること。

講師のようになりたいと思ったって、その講師そのものになりたいわけじゃないよねってこと。

Be yourself、自分自身であれ。

自分という器と思考という器、そして技術という器があるものとして、その中に自分自身で整理整頓していくイメージ。コア・バリューだって思考フレームだってセールスライティングスキルだって、自分自身で使えなければ、意味は無いのですから。

常に、変わるのは自分から。僕らができることは、キッカケを提供する程度ですから。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓