富山。

富山からLicense to beatに参加している彼もまた、先日の書き起こし文に協力してくれたので、どこでランチ会を開催しましょうか、と聞いたら富山県で、と。確か、「笑」ともあったかな。

富山かーそういえば一度行ったことがあるかもな、と先ほど “富山。” の続きを読む

ライティング歴1年と1年半のメンズより。

ここ1週間で3回程度催促したこともあり(催促したつもりはないのですが)、カズくんからこんなメッセージが。

Great Leadsの要約についてですが良いことがたくさん書かれていまして、かなりのボリュームになりそうな感じです。

まずは最初のトピックである「The Rule of One – One Big Idea」についてまとめたのでお送りします。

ちなみに以降は以下のトピック別に “ライティング歴1年と1年半のメンズより。” の続きを読む

お金がもたらす恩恵。

QUESTセールスライティングクラスでのこと。

またいずれ紹介したいと思うのですが、コレは汎用性のある、大切な話だと思いましたので、かいつまんでシェアします。

彼とは1年と少しの付き合いになりますが、License to beatにもともと参加しておりまして、今回で2回目の参加になります。

2016年度はなかなかライブ参加ができない環境だったようですが、2017年度は5月6月7月と全てライブ参加。

講座ごとにワークを出しており、事前にオンラインコミュニティ上で提出、そして講座でもそのワーク内容をもとにレターを書き上げていくので、6月7月と進捗状況をここに確認しているのですが、

上がってくるペルソナとか約束すること、誰に何を約束するかのビッグプロミスですね、ここがなかなかいいなぁ、と思うものになっておりまして、

どちらかと言うとセールスライターをやろうと考えていた昨年より、リラックスし、また目に力がある感じなんですよね。

目が前を見据えていて落ち着いた雰囲気になっているから、誰に何を約束するのかも現実を捉え、落ち着いたものになっているというか、そんな感じかな。

なぜ彼のビッグプロミスがいいと感じるかというと、ペルソナ・・・市場ですね、ここと彼の距離がとても近いから。

今回のクラスで取り組むセールスレターは、9月30日までに書き上げて、10月には市場に向けて試す、ということになっています。

ですから、時間的な制約が最初からあるわけで、いま7月ですからあと3ヶ月弱でレターを仕上げる必要がある。しかも、レジを鳴らすであろうレターを。

だから、ペルソナ、市場との近さ、彼自身がそのペルソナ、市場をどれだけ知っているのか、なぜ知っているのか、という部分は大切なポイントだと考えおり、なぜなら、コレこそがレターの読み手にとっての「WHY YOU」になるからです。

「なぜ私は、あなたの話、提案を聞く必要があるのか?」

コレに対して答えられなければ、その他大勢のレターと同じに見られますから、安価な生活必需品であれば買ってくれるかもしれないけれど、結果的に高価になるサービスではレジを鳴らすことはできない。

自分のやってきた仕事、自分の経験してきたこと、自分の過去、歴史ですね、こういったものが「WHY YOU」の根拠にもなりますから、それがそのまま他との違いになるわけです。

それで、聞いてみました。一体何が昨年との違いを生んでいるのかと。

「余裕、ゆとりがでてきたからですかね」

と彼は言っていましたが、つまりはたぶん、昨年よりもお金を得ることができているのだと思います。使うべきところにお金を使うだけの、余裕がある。

お金がもたらす恩恵は、確かにあると思います。

また、コレも大切だと思うのですが、お金のとり方がとても好感持てるものでして、「近い」ところからお金を得るように工夫しています。

セールスレターを書ける人ならば、ステップメールとかの仕事も受けることが可能でしょう。そういう、近さです。

判断を減らす、というのはひとつのキーワードとして特に最近意識していますが、自分の経験に近いところからお金を得ることも、判断を減らすには大切な選択です。

時間もコストですからね、逆に言うと資産にもなるわけですが。

今年は参加する皆さんの希望を撮って、テキストや映像でも取り組みを紹介できるといいなぁ、なんて考えています。

おそらく、僕の話そのものよりも彼らの話のほうが、役に立つこともありますから。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




本分ならば、「これでいい」がない。

今日はLicense to beat、そして自分という器クラスの話を。

僕自身の経験から、高城さん(他の方々も言っているかと)が言うところの「発想は移動距離に比例する」はなるほどなと思うところがありまして、本年度のLicense to beatの各クラスは、東京と名古屋、大阪で開催しています。

5月は東京、6月は名古屋、7月は大阪、という感じですね。

参加している皆さんの最北端は山形、最西端は長崎で、毎月開催地が変わるということに、「それは効率的ではないのでは」と思う人もいらっしゃるかと考えています。

しかし、「初めて名古屋に来ました」という話とか、「大阪に来たのは2回目です」という話とかを聞くと、移動する機会を自らつくりだすというのはなかなか難しいのだな、と思うわけでして、

ソレだとライティングをするにしても事業をつくるにしても、発想は限定的なものになってしまうだろうと。発想は言葉として出てくるわけですが、そもそもの体験なしに言葉が出てくるとは、僕には思えない。

ちょうど今日、Facebookのニュースフィードで松下幸之助さんの言葉をシェアしたのですが、

塩がからいということは誰でも知っている。砂糖の甘さも誰もが知っていると思う。 ・・・(中略)・・・ しかし、砂糖も塩もなめたことがなければ、その甘さやからさの説明をいくら聞いたところで、実際の味が分かるものではないと思う。仕事にせよ商売にせよ、それと同じことであろう。

体験しなければ、ですね。

だからこそ、そういう環境を用意している。

さて、自分という器クラス。

このクラスは「はじめての体験をし、はじめての人と会い、はじめての場所に行き、自分という器を広げる」というコンセプトで開催しているクラスです。

7月は「自分の本分というものはあるのか?」をテーマに、第一部ではディスカッションし、第二部ではゲストを招いて食事。

第二部のテーマも第一部と同じだったのですが、感想をカズくんがくれたので、共有します。

一番考えさせられたのは今回のテーマであった「本分」についてです。

「本分」とはkotobank.jpによると

・人が本来尽くすべきつとめ
・そのものに本来備わっている性質

とありますが鈴木さんと時間を過ごし、話を聞いて感じたのが

人が自分の「本分」にマッチする行動を取ると、ほとんどの人が到達できない場所までいくエネルギーを発揮することができて、結果、ファンがついたり、人気が出たり、お金を払ってでもその人の提供するものを手にしたいと思われるようになるのかな、ということです。

セールスライターであれ、バンドであれ、スポーツ選手であれ、多くの人は「かっこいい」とか憧れる気持ちがキッカケでそういった目標や夢を持つかと思いますが、憧れが強いだけでは夢は実現できず、自分の本分とマッチしていたり、実現しなければ後がない切羽詰まった状況でない限り、必要なエネルギーは発揮されないのかなと思います。

また他人からすると本分にマッチした行動を取っている人は常識では考えられないような量の行動をとっているかもしれませんが、本人からするといくらやってもやりたりないような感覚で、物理的に苦でもその感覚を凌駕する意思があるので涼しい顔になるのかなとも思いました。

これは小野さん、イチロー、Yoshikiなど、僕がスゴいと思う人に共通することなので、自分の本分を把握するというのは大切なことだなと感じています。

本分、必然性が大切、ということを伝えてくれたのは「へえ!」という感じでした。

人との出会いは、自分に気づきを与えてくれるものです。

他の感想が出てきたら、また共有しますね。

P.S.
写真は・・・眼光鋭くカズくんの話を聞く後藤さんです。眠そうでしたけどね 笑。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




南国ロマン体験〜みずほっちからの感想。

南国ロマン体験とはLicense to beatの3クラスに全て参加した場合の特典としてつけていたものでして、僕が航空券とホテルを手配するので「なぜ僕が男は女のATMであれ」というのか、その語りを楽しんでください、のような感じだったかな。

飲食費やお土産などは自分で支払うのですが、タイの物価を考えると日本よりエラくリーズナブル。

大人の社交場に行かない限り(これに限りませんが)、財布を膨らませておく必要はないかと思います。

予想に反し、3クラス全て申込んだのは、2016年度はみずほっち一人となりまして、ああ、女性は強いな、と思ったものです。

男向けに考えた企画でしたが、実際には妻のおかげもあり、楽しんでもらえるものになったようです。

南国ロマン体験、というよりも、小野妻と行くバンコクグルメツアー、ですけど。

感想は、こちらです・・・

「南国ロマン体験」で一番よかったことは何ですか?

そう聞かれたら、小野さんの普段の生活を体験できたことだと答えます。

・南国ロマン体験をきっかけに初めてタイに訪れたこと
・美味しいタイ料理を堪能できたこと
・現地の人しか行かないようなお店で食事ができたこと
・小野さんの奥様をはじめ、現地の方と交流できたこと
・小野さんがあれこれ説明してくださるので、タイの習慣を知ることができたこと

などなど、他にもいろいろよかった点を挙げることはできます。

けれども南国ロマン体験の一番の魅力は小野さんの普段の生活を体験でき、経験値を増やせることかなと。朝から晩まで一緒の時間を過ごすので、自然と濃密な時間になりますし。

日本ではなくタイという異国だからなのか、心の内を話しやすいのもいいところ。今回は参加メンバーが私一人ということもあって、小野さんを独占状態でした。

だから気になっていたことも聞きやすかったですね。小野さんのパスポートも見せてもらい、増補されスタンプだらけのパスポートも自分の目で見ることができました。2014年だったかな? 確かに小野さんが言うとおり年に数回しかタイに行っていないこともわかりましたし。

3クラス全部に参加していたので小野さんとの時間は多いほうだと思っていましたが、今回の南国ロマン体験の時間はこの一年間の集大成といった感じでした。それほど距離が近く感じました。

正直なところ、小野さんのご自宅にお邪魔するとは思っていませんでした。外から建物を眺めながら「ここが僕のタイの家なんですよー」と伝えられるだけだと思っていました。それで十分だと思っていたのです。

でも何度かご自宅にお邪魔し、さらにはコンドミニアムについているプールサイドで涼むことになろうとは……実は私、このプールサイドの時間が最も印象に残っています。それまで興味がなかったのですが、こういう生活もいいなと実感したので。

これは自分で体験しなければわからなかったことですし、そもそもそうしたいとすら思わなかった。でも小野さんと一緒だったから興味がないことでも体験してみたいと思ったし、小野さんもその機会を与えてくださいました。

なんといいますか、南国ロマン体験で小野さんの実体に触れたように思います。やっぱり小野さんは行動が伴っている人だなと。そして、その小野さんのコミュニティからスタートできた私は恵まれているなと。

「誰と一緒に居続けるか」
この「誰」の選択肢はいろいろあると思いますが、私の場合は小野さんが土台になっていると感じます。

小野さん。
参加メンバーが女性一人だけという想定外の結果だったと思いますが、南国ロマン体験をありがとうございました。

ちなみに……
「南国ロマン体験」で残念だったことは、ついついタイ料理を食べ過ぎてしまうことです。普段の2倍は食べていたような気がします……

ありがとうございます。

書かれていますが、確かによく食べられておりまして、妻は喜んでいたと思います。

ツアーはもちろん、一人旅や二人旅でガイドブックを見ても、まず行けないようなお店でしたし、美味しいものは国境を超えて美味しいですよね。

これは上海でもイスタンブールでもそうです。

感想にも書かれていましたが、個人的にツボだったのは、僕のパスポートをチェックしていたことですかね。

2014年の渡航回数が、本当に少ないですね、と来たのは笑いました。その理由は、単身赴任サラリーマンのスキルの秘密などを探してもらえると。

次回の南国ロマン体験は誰がいらっしゃるのか、楽しみにしています。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




アンコールワットツアー〜みずほっちからの感想。

先日はキアヌからの感想を紹介したので、今日はみずほっちから。

彼女からは南国ロマン体験(という名の小野妻と行くバンコクグルメツアー)参加の感想も届いているので、そちらはまた紹介しますね。

タイもカンボジアも初めてというみずほっちでしたが、2016年度はLicense to beat自分という器クラス、2017年度はグレートジャーニーに参加しているということで、エラくフットワークが軽くなったなぁ、と感じています。

僕が部屋にこもって仕事をしているときは、キアヌもそうでしたが、いつの間にかマッサージを受けにいき、また妻のためにお土産を買いに行ってくれるなど、そもそも一人で海外に行くこと自体はじめてだったにしては、頼もしいですね。

では、感想をどうそ・・・

License to beat 2016年のセールスレターに書かれていた「アンコールワット合宿」

セールスレターを読んだときは、まさか本当に行くのかな?
講座が始まって半年ほど経った頃は、アンコールワット合宿はないだろうな……
講座が残り3ヶ月ほどになると、本当にアンコールワットに行くんでしょうね??

そんな感じで、実際にアンコールワット行きが実現するのか直前まで疑問に思っていました。

小野さんから宿泊先のホテル情報やら、航空券の手配やら連絡が入ってようやく本当にアンコールワットに行くのかと実感できました。

私はアンコールワット行きの前に「南国ロマン体験」でタイも行くので、正直なところそこまでアンコールワットの日の出鑑賞ツアーに惹かれませんでした。アンコールワットよりもタイのほうに興味があったので。

だからアンコールワットで日の出に間に合わなかった時もそれほど残念に思わなかったし、小野さんほど感涙にむせぶわけでもなく。日の出鑑賞をしたければ、またアンコールワットに来ればいいのかなと。一度来ているので、今度は一人だけでも何とかなるかもしれませんし。

アンコールワット遺跡も観光客が多くてちょっと落ち着かないという印象でした。とはいえ、朝早かったのでそれでも観光客は少なかったと思いますし、涼しかったのでよかったのですが。

観光という点では、その後に行ったタ・プロームとベンメリア遺跡のほうが印象に残りました。よかったと思うのは、タ・プロームの開始時間まで時間を潰していた時、そしてベンメリアに行くまでの景色です。

どちらも穏やかな時間が流れており、非日常感を味わえました。高い建物がないというのも開放感を感じさせるもので、気持ちがのびのびします。

小野さんが手配してくださったホテルが居心地よく快適だったので不自由なく、ごくごく普通に観光旅行に来ている感じでした。家族でもなく、友人でもなく、小野さんという存在を中心にしたコミュニティの人たちと観光地を回っているのが、なんだか不思議な感じでしたが。

タイの南国ロマン体験でも感じたことですが、タイ・アンコールワット行きは License to beat 一年間の集大成といった感じでした。小野さんも話されていましたが、今回参加できなかったメンバーもできればあの場にいてほしかったなと。

私としては License to beat のパズルは、タイ・アンコールワット行きで最後のピースが埋まった、そんな感じがしています。

小野さん。
License to beat 一年間どうもありがとうございました。

ありがとうございました。

そうですね、自分という器クラスに参加していた皆さんには、あの場にいてほしかったなぁ、と思います。

個人的には、智頭合宿の縮図みたいなものですから。どこでだって、ああいう感覚は、あるんですよね。

明日は、南国ロマン体験の感想を。

P.S.
ベンメリア遺跡でゴミ拾いするみずほっち。

いたるところにゴミ箱があったので、観光客がその分増えているってことなんでしょうね。しかし、暑い遺跡でした。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




熱量。構え・撃て・狙え。

今日はLicense to beatの話と、僕が新しくはじめる事業の話を一つ。

License to beatというのは僕が2016年からはじめた講座なのですが、これはライティングスキルを実戦を通じて磨く場でもあり、初めての経験を実際にしたり、グループディスカッションを行ったりして自分という器を広げ、ビート・ザ・コントロールする資格を得ましょう、自分の人生を自分でコントロールする資格を得ましょう、というものです。

コーチングからの参加者ですが、日比野さんはライティングで独立されていますし講座のスポットや記事の納品体制も整えてくれるなど仕組みづくりに関わっておりますし、後藤さんなんかはプロモーションを一手に引き受けたりマーケッター養成プログラムを主催するなど、なんだかエラくステージを上げているようですし、冬野さんにいたっては直接的に何かを教えたつもりはないのですが(皆さん力量ありますし)、やっぱりプロモーションを引き受けるポジションに行かれたみたいでエラく感謝してくれているようでして、うれしい限りです。

震災時からの知人でもあったケヴィンは会社員をやめてライティングで独立。音楽という分野で何かをしようとしているのかな、まあ動き始めています。

興味がありましたら、各々のブログなどを見てほしいと思うのですが、全員が全員とは思わないまでも、変化のキッカケを提供できた場になったのかなぁ、とは控えめに見て感じています。

それで、実は悩んでいることがありまして・・・

2016年にはじめたときの目玉というのは、オウンドメディアの記事を実戦で書いてもらいますよ、というのがありました。月に20万円とか30万円程度で大丈夫なのであれば、これで独立できますよ、というもの。

この3月から5月にかけて、クライアントさん側のアップロード体制が追いつかず、発注制限がかかってしまったなどありますが、概ね約束通りに運営することができたと考えています。

しかし、このオウンドメディアをめぐる状況はこの1年でエラく変わったと感じておりまして、ちょっと前までは数をかけばオーケーという風潮だったところ、今では内容のない記事をアップしようものなら、それだけでGoogleからペナルティとして、検索順位を下げられてしまうという、そんな状況になりました。

もちろん、数はともかく「検索され、読まれる、そして読み手の悩みを解決できる記事」、これを質の高い記事だとすると、こういうものを書くことができれば課題は解決されるわけですが、ではその分時間がかかるからと単価をあげられるかというと、それは厳しいだろう・・・オウンドメディアの記事というのは、直接的な投資対効果がわかりにくいと感じているからです。

これは僕の私見ではあるのですが、そんなことを考えるようになりました。先行きが見えない。

オウンドメディアの記事ライティングは今後もありますし、実際にクライアントさんからはたまっているアップロードが終わればまたお願いします、とは言われているものの、好意に頼ってばかりもいられない、そう考えるようになりました(好意で年間1,000万円分の記事を発注してくれるのも、ありがたい話ですから・・・)。

僕はここから2つのことを、講座に参加したいと思う人向けに考えました。

1つは、現在のオウンドメディアの記事ライティング以外で実戦の場を用意できないか。
もう1つは、ライティングスキルを学びつつ、自分の事業を持てる場を用意できないか。

ライティングを学ぶ人というのは、最初こそ請負でのライティングをやるのですが、一本いくらで書き続けると段々と疲弊して不安になりますし、それを見てきました。

このままだと、書けなくなったら終わりだ、と。だから、書くことが自分の事業へと繋がる場を用意したいと。

またダン・ケネディがいうように、「1はよろしくない数字」ですから、オウンドメディアの記事ライティングだけではなく、他のライティングも実戦でできる場も、用意したいと思っていたんですよね(練習ではなくて、実戦として市場に出すセールスレターとかダイレクトメールとかです。しかも、そんなにハードではなく、実戦だけれどもトレーニングでもあるような・・・アプレンティスみたいに)。

それで、めぐり合わせとはあるんだなぁ、と感じたことが先日大阪に行ってきた時にありました。

もともとはランディングページの打ち合わせをしに行ったのですが、話を聞いているうちに、このサービスは2つのことを解決できる場になる、と感じました。

それで、鉄は熱いうちに打てではないですけれど、エラく情熱が湧いてきましたので、僕自身がこのサービスに参加することを決めました。

このサービスのいいところは、僕の趣味と実利を兼ねるということ、店舗を構えることができるということ、タイでもできるということもそうなのですが、

*ホームページの記事ライティング
*ダイレクトメール
*リスト取り用のランディングページ作成
*ステップメール作成
*バックエンドサービス用レター作成

などなど、僕自身がライティングの場を用意できる、ということです。

もちろん、数をこなすならばこれまでどおりオウンドメディアの記事ライティングをお願いすることになるとは思いますが、この事業をはじめようと思った理由は上記だけではありません。

まさに、「構え・撃て・狙え」的にはじめようと思ったこの事業の面白いところは、事業を持ちたいけれど自分の事業として何をしていいかと悩むライターさん、また新しい事業を持ちたい、副業を始めたいと考えている方々に、事業のアイデアを提供できるところにあります。

以上、本ブログやメルマガをご覧の方にお伝えしておきたいと、エラい熱量があふれてきたため・・・ブログにて書きました。

詳しくは明日、License to beatのレターに加筆しておきたいと思いますので、興味があれば入手してくださると、うれしいです。

P.S.
念のため、License to beat自体は、ライティングを学ぶ場であり、自分という器を広げる場でありますが、実戦の場として上記を準備している、ということです。質問などあれば、お問い合わせくださると。

License to beatの資料入手はメルマガからどうぞ。メルマガの無料購読はココから↓




状況を変える必要があるなら、環境を変えればいい。

License to beat用の映像を撮っていたところ、というか撮る前に、ふと思うことがあったので別に映像を撮りました。本ブログの最後に貼り付けておきますので、観てくださると。

このテーマは「誰からのアドバイスを受けるべきか」のような感じでして、例えば僕がダイレクト出版さんのアプレンティス参加時に、誰からのアドバイスを受け付けなかったのかについて話していますので、参考になる人にとっては参考になるかもしれません。

特に、人の話を聞いてしまいやすい、根がいい人ですね(聞かない人の根がよくないということではなく)。参考になればと思います。

その映像を撮ったこともあって、今日は関連することを。

何回かブログでもメルマガでも書いていますし、License to beatのレターでも書いているのですが、もし今の自分の状況を変化させたり、より良く生きようと考えるのであれば、今の環境・・・これは大前研一さんが言うように、時間配分とか付き合う人も、住む場所も含みます・・・を変える必要があると僕も考えています。

映像で話していますが、例えばアドバイスを誰かから受けるとしますよね。セールスライティングの学びに関して、営業に関して、事業に関して、仕事に関して、男女関係の悩みに関して。

この誰かというのは大体が、今自分の身のまわりにいる友だちであったり知人であったりするわけです。

ただ弱音をいって慰めてくれる相手が欲しい程度であれば、身近な人にそういう話をしてもいいと思いますし、長く付き合った近い存在の人たちであれば、きっと受け止めてくれるでしょう。

しかし、繰り返しになりますが、「もし今の自分の状況を変化させたり、より良く生きようと考えるのであれば」話は別です。

今、自分の身のまわりにいる方々、長く付き合ってきた友だちや知人からのアドバイスは、受けない方がいい。

僕はそう考えています。その結果行ったことが、同級生をはじめとする、近い存在の方々と距離を置くことでした。

ダン・ケネディとかの本を読んだことがあればご存じかと思いますが、一緒にいる人のように人はなるとはそのとおりだと考えておりまして、たとえば家族の口グセが似てくることに驚く人はいないでしょう。

いつの間にか僕たちは、一緒にいる人のようになっていくものですし、それは周囲の人たちも同様です。

であれば、今の自分を変化させたいと望むのであれば、一緒にいる人たちとは違うように自分を変化させる必要があるということ。

いま一緒にいる人たちからのアドバイスを受け入れて(聞くのはいいと思います)、今の自分を変化させる触媒になるかな、と考えたら、僕はなりえないと思う。

アドバイスというのはその人自身の経験から生まれる言葉であって、その人自身の経験を超える言葉というのは、でてきようがないからです。

だから、そのアドバイスを聞くということは、変化につながらないということだと僕は思います。

状況を変える必要があるならば、環境を変えること。

僕自身、これをやる前は「ホントにやらなければならないのだろうか・・・」と携帯電話番号の削除もFacebookを見ないようにすることも、恐縮してしまって「うわー友だちを消すなんてできない・・・」と悶々としていましたが、ゴメンナサイとつぶやきながらやってみたところ、1年後、2年後には異なる世界に身をおいていることに気づきました。

変化したいなら、まずは自分を満たす環境へと行くこと。そのためには、それまでの環境から離れること。

言うは易し行うは難しですが、それだけにやっている人は少ない。

誰かの参考になれば、幸いです。

P.S.
映像はこちら。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓