成田到着。

お知らせ・告知
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野です。

先ほど成田に着いてチェックインしました。出発まであと1時間30分ほどあるので、ブログ更新したら仕事の確認をして・・・という感じです。

普段は割と午前中にチェックインすることが多いせいか、この時間にチェックインというのは違和感あります。同じ窓から見る景色も違うというか。雰囲気がちょっとだけ違う感じでしょうか。実際、同じ平日でも午前中より人が少ない気がします。

ここまではエアポートバスで来たのですが、バスの中で2時間くらい眠れたみたいで、頭も普段の成田にいる時より冴えている感じです。書き出しておいた買い物とか未来預金とかをすべてこなすこともできました。

ちなみに買い物というのはスウェットとか部屋着なんですけど、それをユニクロで買おうと考え、第2ターミナルのお店に行ったところ、求めていた品物がなく・・・第1ターミナルへの巡回バスに乗ってそっちのユニクロに行きスウェットとかを買い・・・ステテコがなかったのは残念ですが・・・その途中で未来預金の預け入れとカードローンの返済を行い(空港はなんでも揃っているので便利です^ ^)、という感じです。

タイの家に行けば服はあるのですが、どんな服があるかはわからないので買っておきたかったんです。バンコクでユニクロに行くことも考えましたが、円安ですし。たぶん、日本で買ったほうがいいんじゃないかな・・・行ってみたら価格見てみます。

ベネマンのブログを更新した時はまだスーツケースにモノを詰めていなかったのですが、今回は相当苦戦しました。重さは25キロくらいで苦戦の割には重くないのですが、マットレスと枕をスーツケースに詰め込んだため、スペースが無くなったんですよね・・・柔らかいし大丈夫だろうと思ったら、普通にスーツケースの蓋を閉めようとしても半分も閉まらないので、全体重をかけて無理やり押し込んだ感じです。さっきも空港の外でユニクロで買ったものを押し込みました。妻へのおみやげに買ったシャンプーとコンディショナーが破れないことを願うばかりです。

本は8冊持っていく予定だったのですが、1冊減らしました。ちょっとかなりキツキツだったので。タイでの仕事に必要になりそうな本だったので、他は全部持ってきたのですが・・・なぜかこんな時にもロバート・コリアーが僕を呼んでいたので、コレも持ってきました。あとは、類語辞典とタイ語辞典、ライティング素材やリサーチ用の本が4冊、って感じです。

まだ読んでいないので、ダン・ケネディの『億万長者の不況に強いビジネス戦略』を手元のカバンに入れ、他はスーツケースの中です。

上海経由で行くので、上海着いたら空港でFacebook接続を試してみます。やり方があるようなので、それを試してきます。中国はインターネット規制がエライハードなのです。Facebookが使えるなら、年末の仕事も安心なので。ちなみにGmailもキツイです。つながるときもあればつながらない時もある。つながったと思えばエライ遅い。全般的にインターネットは検閲の関係か遅いですが、備えあれば憂いなしという感じで、2時間のトランジット時間で試しておこうというわけです。

タイに着くのは日本時間の3時AMくらいだったと思います。ちなみに先ほど妻から連絡があり、空港行くのは今日でいいんだよね、とのこと。以前1日間違えて空港で僕を待っており、数時間待ってから泣きながら電話してきて「なんだ、1日間違えっちゃった」という出来事があったので。日時の伝え方はそれ以来気をつけるようになりました。

なんか日記みたいな記事になりましたが、ちょっとタイに行ってきます。長男の父の日イベントとクリスマスイベントに参加し、次男のパスポートを作ってバンコクで住む場所の目星をつけ、そして何より仕事が普通にできるかどうかを確かめる。これが今回の訪タイテーマです。

それでは、また明日。

コメント

  1. たなか より:

    こんばんわ。
    タイ、行ってらっタイ!!

    しかし、コリアー本を持って行くところが逸脱していてシビレます。
    影響力の科学じゃなくて安心しました(笑)

    父の日イベント、クリスマスイベント、楽しんできてくださいね\(^o^)/
    お気をつけて。

    • ono takamasa より:

      たなかさん、こんばんは。

      コメントありがとうございます。
      コリアー本は今頃スーツケースの中です^ ^

      影響力の科学はさすがに・・・
      入らなかったと思います。

      父の日イベントとクリスマスイベント、
      感激して泣いたらカッチョ悪いっすね。。。

      たなかさんも年末商戦を
      お楽しみください!

      それでは!

タイトルとURLをコピーしました