バンコクのスターバックスはシェアオフィスのようだ。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

妻が言うに、今日は長男と次男を連れてお寺に行くと。なんでもブッダの日らしく、アンタがお寺に行きたくないならまあいいけどね、というようなことを言っていたので、いやいや、もちろんオレは行くよ、と回答。

そのちょっと前には土日のどちらかに映画へ行くと言っていたので、あれ映画は?と面食らっていたわけなんですが、そばにサイアム・パラゴンというデパート・・・ショッピングモールかな、まあ大きな大きな伊勢丹とか三越とか、そういうところがありまして、そこの映画館に行く、とのこと。

ああ、だったらその隣にお寺があるからそこに行くんだな、と想像したところ、そうだと。

国王陛下が崩御されて100日が経ったとかもう少しで100日だとか話していましたが、街に出ると黒い服を着ている方々が多い。

妻に言わせると、まだ喪に服しているとのことで1年間はそうしたほうがいいかな、と。

いつもタイに来て感じますが、普通に信心深いというか信仰心が厚いというか、そういうものを感じます。生活に根付いているというか、そんな感じ。

それで、お昼あたりから動き始めるようなので、それまで仕事をしようと隣のビルに移動してスターバックスへ。

以前も書いたのですが、オフィスビルにあるせいか朝のせいか、このスターバックスはとても静かでして、天井も高く落ち着いて作業をすることができます。

個人的にいいなと思うのは、音に関してタイは寛容なところでして、例えば静かなスターバックスではあるけれども横を見ると語学の個人レッスンをしている2人組もいれば目の前には4つのノートブックを広げて何やら声を掛け合って作業している4人組もいる。個人レッスンしている2人組の向こうにはノートブックを立ち上げてイヤホンを耳に入れ、誰かと電話している男性もいます。

店内に流れる音楽は僕でも聞こえる程度に大きいので、日本に比べると音に関して緩やかな感じです。これは電車のなかでもそうで、日本のように通話をご遠慮ください、ということはない。電車内の注意書きを見ると、飲食は禁止だけれども、通話は禁止されていない。

文化の違いと一括りにしては乱暴かもしれませんが、やっぱり違うよなぁ、と思います。

こと音に関してはタイの方にありがたみを感じることが多く、例えばスターバックスで打ち合わせしたり、スカイプで会話したりできるというのは、やっぱりうれしい。

タイでもWIFIが無料化され、割とどの席にも電源が完備されているので、これならシェアオフィスとか借りなくても十分に仕事はできそうですし、打ち合わせもできそう。

まだまだ、高校生のような若い世代がバンコクのスターバックスでは見られないので、うまい具合に棲み分けが進んでいる感も覚えます。

日本とそう変わらない料金ですから、タイにおける平均所得を考えると、高校生には敷居が高いだろうとは思いますが。

その土地に行ってみて、初めてわかることってあります。

本を読んだりして知るというのもいいけれど、個人的な解釈をその本に入れるよりは、実際にその場所に行ったほうが身体に染み込むし、語れることも増える。

何より、リアリティがついてきますから。

記事を書くにしても、セールスレターを書くにしても、心がけておきたいものです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました