リスクのない報酬のとり方(ハイブリッドで)

お知らせ・告知
この記事は約3分で読めます。

毎月、食べていく分、種まきしていたものが収穫できなくても
生きていける分くらい確保できればいい。

「ワイズマンの金言」で紹介したワイズマンはこれを
wave型、average型と分けていた。

波のようなwave型の収入と
毎月一定額の収入をもたらすaverage型、、、
どちらが良いのではなくてどちらも大切。

で、両方を組み合わせると強固になる。

けど、案外、みんなこの視点がないんだよなーって思う。

(引用元:「ワイルドサイドを歩こうよ」イタリアからタイ

一昨日のブログで紹介した島田さんがうまく言葉にしてくださったので、本日もその記事を紹介します。

一昨日僕は、

それで、最近特に感じていた違和感の正体に気づきました。毎月の報酬って別にこだわる必要がないんですよね、本来。1ヶ月で1年分の報酬を得ることも可能でしょうし、6ヶ月無報酬でも7ヶ月目に6ヶ月分以上の報酬を得ることも可能なんだと思います。

という言葉を書きました。定額の報酬をもらっているゆえ、どうしても自分自身で時間と場所のコントロールがしきれない。だから報酬のとり方を変えていけばいいと。

しかしこれだけにこだわるリスクを今日の「ワイルドサイドを歩こうよ」で島田さんがわかりやすく書いてくださいました。

一昨日のブログで僕がチョロっと書いた・・・

コレをやってはマズイと思いながらコレを選んでいたわけです。もちろん、この取引をしているのはこれだけが理由じゃないのですが。

・・・この箇所を代弁してくださったんですが・・・実はココ、僕は「結果にフォーカスする報酬のとり方に変えるって宣言しておきながら、リスクヘッジのために定額も必要ですっていうの、カッチョわりー」って思って、ボカした箇所だったんです、、、スミマセン、懺悔しますm(_ _)m

告白すると、定額を毎月クライアントから貰うのは家族の成長を担保するためです。家族が安心して暮らせる環境を創りだしておくことが、僕自身の精神安定剤になるんですね。

精神的なストレスを抱えるとうまくいかないことが多いですから・・・自分自身の突破力とか推進力とか、もちろんセールスライティングとか、そういうものを活かして世の中に価値を提供するためにも、ストレスを抑え、脳が透明な状態にしておくことが必要だと、僕は考えています。

だから、島田さんが言葉にしてくれた「両方大切」というのはとてもわかりやすく、あなたにも伝えたいと思います。

僕が特にそうなのですが、両極端に走りがちです。片方を選んだんならもう片方は捨てなきゃ、となる。

時にはそういう判断も必要でしょうが、両方選んだっていい。というか、両方のイイトコどりをしたほうがいい場合もあります。

そういうことを島田さんがとてもわかりやすく書かれているので、ぜひぜひご覧のほど^ ^

P.S.
島田さんのブログ「ワイルドサイドを歩こうよ」はこちらからどうぞ。
http://beatthecontrol.net/l/u/92WBmKWGTh8DTGMM
(本日の記事、「イタリアからタイ」にジャンプします)

P.P.S.
一人用ベビーカーに二人乗り・・・もワイルドかな〜と思い、、、長男次男もワイルドで行くかな〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました