なぜ健康を目指す?(玄米食べててふと思ったこと)

体調管理
この記事は約3分で読めます。

Facebookグループ
「888」@白金のメンバー17人。2015年4月に発足したワイルドサイド部。そのワイルドサイド部の新部員の歓迎会を、白金のフロートセンターで行うことにしました。 24時間パーティーです。 888。

第七回ワイルドサイドランチミーティング(大阪)
http://artistinnovation.net/?p=1787

お楽しみ様です。小野貴正です。

玄米食にして数週間が経ちました。と言っても、毎食玄米を食べているわけではなく、外にいたら別のものを食べますし、家にいても他のものを食べる、って感じでやっています。

とはいえ、玄米。玄米を食べるというのはかつての僕では選択肢としてなかったのですが、今では普通に食べているというのも不思議。

そもそもなんで玄米を食べるようになったかというと・・・2015年の6月1日に高城さんのトークライブにミスターシンクロニシティと一緒に行き(そういえば、ライブの音声が聞こえなかった僕のもとに書き起こし文が届いたのはビックリ。facebookのフィードが活躍してくれました)、それをきっかけに高城さんを知って興味を持ち、

『ライフパッキング』という本で玄米とごま塩が主食だと知り、コレはやってみようと考えた次第。

生活そのものをミニマル化して、スーツケースひとつでどこにでも行けるようにするというのを、僕は12年前から・・・20年前かな・・・考えていました。この時は漠然と、子どもと一緒に生活しながら世界を見て回り、仕事もするために、みたいな感じだったかな、確か。

すると高城さんはコレに近い生活をすでにしていると知り、コレは!と思ったわけです。

僕がミスターワイルドサイドに興味をもったのも、同じ理由なんですよね、そういえば。島田さんもそういう雰囲気で生活をしている感があったので。いつでも、どこにでも行ける、という。

各地を転々とするなら荷物は少ない方がいい。食べるものも最低限のものがいい。そこで、高城さんが玄米とごま塩だけを食べている、と知った。もうコレは、やってみようかな、と。

やり始めるといろいろと面白くて、つい先日は無農薬無肥料の発芽前玄米を探し、炊飯する時に水につけて発芽させて炊くようにしようとか、そんなことを調べてから購入したりしました。ごま塩も意外に美味しかったので、追加注文したり。ついでに、わかめのふりかけも買ってみたり(買いすぎたらミニマル化でないですが、、、)。

それで先ほどふと思ったわけです。なぜ玄米なのか?と。

ミニマル化といいましたが、これだけだと答えにならない。荷物は少なく、最低限のものが食べられればいい。つまりコレは、健康な身体を維持できるだけのモノがあれば、ということかな、と。

健康な身体を求めての玄米、でもあったわけです(ごま塩も健康そうなので、、、)。

すると今度は、なぜ健康を目指すんだ、となる。別に健康になりたいわけじゃないんですよね。健康の結果、何かを僕は得たいからこそ健康を目指すわけです。

たぶんそれが、

*時間と場所からの自由であったり
*子どもの成長を見続けるためであったり
*親孝行するためであったり
*家族に事業を残したり
*神社で何かをしようとしたり

かな、と。

セールスコピーを学ぶ時、動機が明確でないと、学び続けてレジを鳴らせるスキルを獲得することは難しいものです。

コレは健康を目指す場合も同じで、動機が明確であるほど、健康に向かって僕は行動し続けることができるんじゃないかな、って思います。

健康って誰もが目指しやすいものですが、実際に健康に向かって行動し続ける人って、やっぱりなかなかいないですから。

P.S.
第七回ワイルドサイドランチミーティング(大阪)
http://artistinnovation.net/?p=1787

Facebookグループ
「888」@白金のメンバー17人。2015年4月に発足したワイルドサイド部。そのワイルドサイド部の新部員の歓迎会を、白金のフロートセンターで行うことにしました。 24時間パーティーです。 888。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました