和佐さんが語るノブレス・オブリージュ。

和佐さんのセミナーでメモしたことの続きを。

多くの人は100万円稼ぐことを目標にしたり、1,000万円稼ぐことを目標にしたりしているけれど、そこに根拠も実存もない、だから数字は置いておきましょう。

数字が目標の段階もあっていいと思うけれど、いずれ選択する時が来る。

なになにを選ぶか、振り切るか。

“和佐さんが語るノブレス・オブリージュ。” の続きを読む

昭和ドラマ的コミュニケーション。

タイでは籍を抜かれたんじゃないか疑惑が発生しておりますが、日本の両親が知ったら呆気にとられるか悲しむかでしょうからなんとかしたい、、、とは思うものの、結婚という制度自体の存在意義を考えている僕にしてみれば、まあ神のみぞ知るでいきましょうとなっています。

“昭和ドラマ的コミュニケーション。” の続きを読む

和佐さんの『僕の2020年戦略』。ICC新年会セミナー。

新年初のセミナー参加は和佐さんのセミナーになりました。木坂さん島田さんとの食事でご一緒して以来、そして初めての和佐さんセミナー参加です。

島田さんに聞かれ、参加して良かったです、早速アイディアが湧いたので形にしてきますと、新幹線に飛び乗りまして、品川近辺にホテルをとりました。

具体的で実存がある、すぐに実践できる内容だと感じたので、シェアしておきたいと思います。

“和佐さんの『僕の2020年戦略』。ICC新年会セミナー。” の続きを読む

なぜ、大坂なおみさんのスライスが注目されたのか?

源泉かけ流しのお風呂に浸かっておりまして、そこで眺められるテレビでは、全豪オープンの決勝進出を決めた大坂なおみさんが話題になっておりました。

炭酸がぶくぶく湧き出るお風呂も寝っ転がるお風呂も、サウナもソルトサウナもどこもテレビが設置されており、コレはお風呂から出ないとテレビノイズから逃げられない、と考え、しかし全豪オープンは気になりましたので、3分ほど観ていました。

“なぜ、大坂なおみさんのスライスが注目されたのか?” の続きを読む

ワーク&ライフスタイル(食事編と移動編)。

ホテル編は2015年からの変遷を書きましたが、食事編と移動編は今現在のスタイルを書いてみたいと思います。

特に食事は、、、2013年はセブンイレブンのプライベートブランドカップラーメンやジャンクフードが主食でしたが、、、今では食べなくなりました。

まず食事編。

“ワーク&ライフスタイル(食事編と移動編)。” の続きを読む

ワーク&ライフスタイル(ホテル編)。

最近行く先々で、ホテルが無料アップグレードされていたり、海外送金時にスタッフが良くしてくれたりといい気分です。

こんな気分を独り占めするのもどうかなと思いまして、それよりはこのような情報を求める人がいるかどうかわからないのですが、

最近のワーク&ライフスタイルということで、宿泊ホテルや食事、移動について書いてみたいと思います。

“ワーク&ライフスタイル(ホテル編)。” の続きを読む

東京ガス、コピーの鏡ですね。

深田恭子さんを、最近見かけることが増えたと思いませんか?

こう書くと東京で電車に乗る人ならば、ああ東京ガスのラッキー池田さんのアレね、と思い出す人はいらっしゃるかもしれません。ラッキー池田さんが振り付けしたんだったっけな、、、うろ覚えです。。。

“東京ガス、コピーの鏡ですね。” の続きを読む

ドローン。

井の頭線効果なのか、僕が大学生時代に女子中学生が井の頭線をイノヘッドと呼んでいたことを思い出したからなのかわかりませんが、ドローンが頭に降りてきたので書いてみようと思います。

ドローンて規制があるじゃないですか?

その理由を何も調べてはいない状態ではあるのですが、いえ、以前購入しようとした時にチラ見したインターネットの情報によると、いわゆる安全のためだとか。

“ドローン。” の続きを読む

身体か頭が動かない時の対応方法。

新元号元年だからかわかりませんが、新しいマスタープランの書き出し方を試しています。

これでうまくいきましたら、かつ覚えていましたら、ABテストとしてこのブログでも紹介できればいいなぁ、なんて考えています。

誰かに教わったわけでもなく、あるいはどこかで見たことを覚えていないだけかもしれませんが、何となく僕みたいなタイプにはフィットしている感じがします。

“身体か頭が動かない時の対応方法。” の続きを読む

憧れの存在であるからには、その人相応の責任がありそうだ。

親孝行ということで、たまに母と一緒に温泉に行きます。何でも温泉に行ってサウナと温泉を楽しむと、エラいよく眠れるのだとか。

それは僕も同様で、昨日はエラい足が冷えてしまい体温自体が下がっていたこともあり、温泉に行ってきました。

温泉に向けて走らせる車の中でふと母に言われた一言がありまして、それが、アンタはすぐ忘れるから自分のことしか興味が無いのよ、というもの。

“憧れの存在であるからには、その人相応の責任がありそうだ。” の続きを読む