ひとりごと

ひとりごと

タイ語だと思ったら、サンスクリット語かパーリ語だったっぽいタイのお経。

語学をマスターすることを諦めました、と書いたのは昨日のブログですが、舌の根も乾かぬうちに言語が登場してしまいました。 その理由はタイで親しんでいるタムブンにありまして、お寺に行って寄付をしたり托鉢をしたり、放生会をしたりしていると、自ずとお坊さんによる経典の読経、もしくは諷経(ふうぎん、と読むそうです。意味は…
ひとりごと

インテンシブ・ジャパニーズ。

マッド・マックスの2015年制作版を鑑賞しました。 2016年ころから飛行機の機内エンターテインメントシステムで見かけ、しかしJALでは鑑賞しなかったのか観たものはすべて英語音声で中国語字幕か、ベトナム語字幕。 『北斗の拳』がモチーフにしたというマッド・マックスの世界観なので、視覚的にも十分楽しめたのですが…
ひとりごと

中国東方航空の変化っぷりに感動した話と上海雑記。

謎が解けました。なぜ、上海にいるといつも気分が曇るのだろうかと。 気づいてみると単純でして、曇り空が多いのだそうです。 中国東方航空のエアバス機上から夕日を眺め、ほう、、、上海でもこんな素晴らしい夕日って見ることができるのか、と感激しました…
ひとりごと

心態が良くないと、周りも幸せにならない。

中国恐るべし、と感じ、学んだ1日でした。 心態、中国語の簡体字で書くと「心态」こうなりますが、メンタリティー、心理状態とか精神状態とか辞書で出てきます。 タイで鍼打って熱出してちょっと身体を入れ替えている最中、という話をしたときにこの話になったのですが…
ひとりごと

身体というコミュニケーションツール。

東京の各都市や相模原、心斎橋やなんば、神戸や博多、徳島、バンコクや上海でも街行く人が皆同じようにスマホを片手にインターネットをしている様子を眺めるに連れて、何となくではあるのですが、身体というものを見直すようになりました…
ひとりごと

上海龍華寺。素食。

千日供養の日ということで、しかし、お墓参りではなく、割とそばにあるお寺に行ってみることにしました。 上海の龍華寺です。調べると、三国志時代の呉の孫権が母のために設立したのだとか…
ひとりごと

足し算からの卒業。引き算。

熱出して寝込んでいました。。。 予定していたミーティングをリスケジュールしてもらい(ありがとうございますm(_ _)m)、ブログもメルマガも書けないほどなんて症状は、過去の記憶に無いほどです。 鍼打ったおかげかな、、、なんて思いながら、いずれにしても、思うところのあった出来事でした…
ひとりごと

インパクトのある体験。

次男のおたふく風邪を診てもらいに鍼師のところへ。 次男がおたふく風邪かどうかは結局のところ話題にならず、、、どうもおたふく風邪ではないんじゃないか、という具合でして、なぜならおたふく風邪とは診断されなかったから。 とはいえ、脈診してよろしくないところを診てもらい、漢方薬だと思うのですがお茶をもらって帰ってきました…
ひとりごと

ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけではない。

ロバが旅に出たところで 馬になって帰ってくるわけではない。 西洋の諺 フランクリン・プランナー・オーガナイザーの1月4日にこの一文がありました。 調べてみると…
ひとりごと

息子だけれども他人のような長男。

後悔先に立たず。 しかし、どうするかをこれから考えて行動することはできる、、、 けれども、過ごした時間というのは本当に取り返しがつかないものなのでは、ということを体感しています。 タイにいるとき、長男と次男の送り迎えは僕の役割になりまして、朝と夕方に原付に乗って2人を送迎しています…
タイトルとURLをコピーしました