なぜ、海部観光のバスは話題になるのか?

いえ、話題になっているかどうかはわかりませんが、僕の中では一番ホットなバス会社です。

東京から徳島の阿南まで行ってくれるというのもあるのですが、秀逸なのはバスそのものとサービスです。

言うなれば、バス業界のMKタクシーというか、MKのように洗練されている雰囲気ではないものの、いい気分になれるバス会社だと思います。

“なぜ、海部観光のバスは話題になるのか?” の続きを読む

コミュニティ、の体験。

ステーキのお店なのに、トマトとオマール海老のカレーに興奮した食いトレ部でした。

新元号元年の初回から、いい時間をありがとうございます。

オマール海老のカレーは1年前に価値観が変わる衝撃を覚えまして、なぜならシーフードクドさがない、サラッとしてまろやかで甘みがほのかに後を引いていく、そんなカレーは初めてだったからです。

“コミュニティ、の体験。” の続きを読む

似合う、けど、カタギじゃないですよね。

先日のコスタンティーノ受注会では、部屋に入った瞬間、目が釘付けになったボルドーのスプリングコートに心を奪われておりました。

島田さんが聞くとコスタの私物だということで、じゃあサイズは僕と近いかなぁと思いつつ、羽織らせてもらうことに。

“似合う、けど、カタギじゃないですよね。” の続きを読む

お客さんの声がなくても、実績がなくても、売れる。

事業を開始するとき、スタートアップのときに法人であっても個人であっても、ライティングを依頼してきた人から相談されることの一つに、

実績がないのですが

というものがあります。

クライアント候補になる人といい話はできたものの、最後に実績はどんなものがありますか、と聞かれて口つぐんでしまう。

“お客さんの声がなくても、実績がなくても、売れる。” の続きを読む

白い恋人が国際線ターミナル出国後エリアで買えなかったら?

タイに住む家族に白い恋人をおみやげに買ったのは2回目です。1回目は、妻の友人から「白い恋人が食べたい」というリクエストをもらい、長男が好きそうだからと家族の分も買っていきました。

僕自身は白い恋人といえば「北海道のチョコレート菓子ね」という印象でして、しかしかつてお世話になった専門学校さんとのオープンスキーでは白い恋人パークを見学する機会にも恵まれましたから、たぶん多くの白い恋人を食べた人よりかはほんの少し、白い恋人に思い入れがあるかもしれません。 “白い恋人が国際線ターミナル出国後エリアで買えなかったら?” の続きを読む

見た目と言葉のギャップ。

コピーを書くときに気をつけていることのひとつに、見た目と言葉の一致、というものがあります。

メルマガを読んでいて時折、なんか違和感を感じるな、って時があるんですけれど、それを分析してみると、見た目と言葉が一致していない、ということがあります。 “見た目と言葉のギャップ。” の続きを読む

ブランドって何??

ブランドやブランディングという言葉をFacebook広告などでよく目にするようになりました。

この傾向は今に始まったことではなく、ずっと前からあります。少なくとも、19年前とか18年前とかにも、ブランドをどうつくるか、ブランドとは、のようなメッセージは書店に行っても広告営業の間でも、よく見受けられた記憶があります。 “ブランドって何??” の続きを読む