再新再生のアノ問いかけの意味。

アイソレーションタンク・タイムドメイン
この記事は約3分で読めます。

今朝起きてからいつものように、御神札に備えるお水を新しいものに取り替えていたところ、ふと気づいたことがありました。それは何かというと、

子どもの頃って思考とか行動が何からも自由だったな、と。そして感じたとおりに話す。

その遠慮のなさが子どもを可愛らしいと思う特徴であり、同時にコノヤロウ〜と思う特徴でもあるのかな。

今、長男が5歳で次男が2歳ですが、次男のほうがなんかエネルギーが強い。たぶんそれは、無意識のままに動いているから。

一方で長男はコミュニケーションができますから、すでに自分自身で解釈することができるようになっています。言い換えるとコレは、我が入るようになっている、ってこと。

それでも、いわゆる大人に比べたらゆるいものだと思いますが。

生まれたての赤ちゃんとか幼児とかを抱っこするだけでエネルギーを貰えるとは耳にした話ですが、この理由はなんとなくわかります。無垢とか素直とかありのままとか、そういうものは、たぶん周囲に伝染するので。

ニコニコした赤ちゃんがそばに居て、ずっとブスッとしていられる人ってそうはいないだろうな・・・と。

さて、本題。

コア・バリューが大切です、のようなことを聞きますが、「コレは変わっていくものなので、その都度アップデートするといいと思います。完璧なものを最初に書きだそうとはしないでください」とも聞きます。

なぜ変わっていくのか?を考えてみると、環境が変わればその人の在りようも変わるから、というのがひとつの答え。だから、思考も変わるってこと。思考が変われば志向も変わる。だから、コア・バリューも変わる、ということかなと。

まずはコレを繰り返しやることが大事なんじゃないかな、という前提の上で、気づいたことをお話すると、

実はコア・バリューっていうのはすでに僕らの中に在るものだったりします。しかしすでに在るものを発見することがなかなか難しいので、まずは思考して探してみましょうと。しっくりくるまでアップデートすればいい、となる。

『7つの習慣』の中に登場する「再新再生」。ココで語られているストーリーの中に、「よく聴きなさい」と「振り返りなさい」という問いかけが登場します。

コレは僕の主観ですが、この「よく聴きなさい」とは思考と思考のはざまに入ることを指していて、「振り返りなさい」とは無意識の記憶をたどることを指しているんじゃないかな、と。

その後で「自分の真意を見つめなさい」と「抱えてきた不安を書き出しなさい」という問いが続くのですが、この「自分の真意」というものがコア・バリューに近い、もしくはそのものなんじゃないかな、と気づきました。

考え続けることでそこに到達するのだと思いますが、逆に言うとコア・バリューとは考えただけでは出てこないものかもしれないな、と。

なぜなら、考えるときには「我」を入れてしまうことがあるので。というか、ほとんどの人は我だらけ。何も考えずにそのまま受け取るってことがなかなかできない。

たとえばこの文章を読んだ時に、「無意識の記憶をたどるなんて・・・」と思ったとしたら、「なんて・・・」が主観、「我」です。

そう考えると、「我」を取り外す装置がアイソレーションタンクでありタイムドメインなんだな、ということがよくわかります。

なぜ「再新再生」で「振り返る」というワークをするのか?

それは子どもの時、生まれた時からコア・バリューを知っているからなんじゃないかな、って思うのは、僕だけですかね?

P.S.
無意識の領域を意識するようになると、レジを鳴らすセールスライティングスキルを身に着けるなら、なぜ写経とかブログの更新が大事なのかもより理解できるようになるかと。

P.P.S.
そうそう。コア・バリューとセルフイメージって似たものだと思っていたのですが、今では異なるものだ、という認識です。コア・バリューは無意識、セルフイメージは意識、のように考えています。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

  1. オッサン より:

    あーなるほど。
    コアバリューとセルフイメージの
    捉え方は、そうなんですね。

    今回のお話もやはり奥深いです。

    一度振り返る時間を取れたらと思います。

    ありがとうございます。

    • ono takamasa より:

      コアバリューとセルフイメージの
      捉え方は、そうなんですね。

      僕の感覚ではそんな感じなのです。

      もともとこの2つって似ているようで違うんじゃないかな、
      って思っていたのですが・・・

      それがディーパック・チョプラ博士の本で
      より確信に変わってきました。

      セルフイメージは鎧。
      コア・バリューは魂。

      こう考えると

      なぜコア・バリューは
      考えただけではピンと来ないのか、

      なぜ再新再生で振り返るのか、

      なぜ子どもの頃に好きだった場所に行くのか、

      ・・・などの理由が、わかる感があります。

      あくまでも主観なので、
      もっと自己研鑚してみます〜

タイトルとURLをコピーしました