結婚記念日(8年らしい)。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

朝起きると妻が何やらニヤニヤしているので、何かあったのかと聞いてみたら今日は結婚記念日らしい。アレ、僕は21日だと思ったけれど、20日だったっけ・・・。まぁ、妻が言っているのだから20日がそうなのでしょう。

9年だっけ?と言ったらちょうど8年で、これから9年目とのこと。どうも、1日とか1年とか早く、僕のほうがカウントしているみたいですね。

1月20日を一緒に過ごすのはかなり久しぶりで、7年ぶりか8年ぶりくらいになると思います。2015年はマスターマインドやコーチングの関係で、1月17日に帰国していたみたいなので。そういえば毎年、結婚記念日なのに・・・とか言われていたような感もありますね。

そういう意味では、久々に1月20日を一緒に過ごせてよかったな、と。今日の夜には空港に向かうので、夜は訪日で妻が美味しいと言っていた「そうめん」を振る舞うつもり。日本から揖保乃糸とつゆ、チューブ入り生しょうがを持ってきたので。

しかし結婚して8年か〜。結婚しても別居生活をずっと続けていたので、ここ1年の生活のほうがよほど新婚生活な感じがあります。

長男の幼稚園に行って父親イベントや家族イベントに参加したり、送迎したり、塾に通わせたり、小学校受験したり。

小学校に通うことを考えて、また妻にとっての環境を変化させたくてバンコクのコンドミニアムを借りようと引っ越しを考えたり、下見に行ったり。

コンドミニアムの下見は日本と変わらず、1つ2つ見て「ここで」と決めてしまうくらい、いろいろまわる情熱はありません。しかし、小学校から徒歩10分以内ということと、駅そばであること、そして住んでいる人の雰囲気や従業員、ガードマンの雰囲気、プールやジム、緑のある環境であることが決めていた条件だったので、あとは車を走らせている時にビクンときたコンドミニアムに飛び込んで、という感じですぐ見つかりました。

先日パタヤで泊まったアコーホテルグループの枕やベッドシーツを妻が探したり、僕は僕でヘブンリーベッドとヘブンリーピローが通販で買えることを確認したり。一度経験していいなと思ったものがいいよね、ということで、特に枕は大事だと思いますから。

食器は長男次男がうっかり投げたりしても割れないような材質を選ぼうねとか、まぁ、8年経ってようやく家族の生活というものを楽しんでいます。

そういえば、「お父さんという名の知らないおじさん」的な視点で長男から見られていた僕ですが、2015年後半から2016年の今にかけて、エライ関係性がグッと縮まりました。だいぶコミュニケーションも取れるようになってきましたし、僕の言うことも聞くように変化してきました。

歯磨きやご飯をひとりでやろうね、と言うとちゃんとひとりでやったり。毎日のように「ラック ポー マクマーク」、お父さん大好き、みたいな感じですね、と言ってくれ、今では次男までもその言葉を真似するように。

同じ場所で時間を過ごすだけで、こんなにも変化するものなんだな、と。環境が大事とはよく言ったものですね。

このブログやメルマガでも言い続けていますが、家族はもちろん、親族や友人、知人、仕事で付き合う人など、一緒にいる人たちで自分の行き先も決まってくるのも事実。

それ言ったら結婚相手って大事だよね、ってことにもなるのですが、妻が『バビロンの大富豪』や『7つの習慣』を読んで、変わりつつあることも事実。

ずっと一緒にいないからこそ夫婦ゲンカもしないとは一理ありますが、とは言え8年間一緒にやってきたのも事実。

9はタイにおいてはラッキーナンバー。9年目の2016年は、より良い年にしていければ、と思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

  1. ミスター・シンクロニシティ より:

    祝!

タイトルとURLをコピーしました