現実は意外にさむ〜いものだったりする。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

今日スカイプをしている時に、どんな感じのオウンドメディアがいいですかね〜みたいな話になりました。今書いているブログとは別にウェブサイトを立ち上げたほうがいいかな、という話をしてこられたので、

「まずは現在のブログでそのような記事を書いてみて、アクセスが集まるかどうかを試してみるといいですよ。テストマーケティングです」

というような回答をしました。その時、僕が過去に経験したさむ〜い話があったので、それと一緒に回答。

どんなふうにさむいのかというと、

ちょっと前までベネマンのブログというのを更新していました。2年ちょっと、更新し続けて1日に2本とか3本とか記事を書いていた時もあったので、大体1,000本くらいの記事を書いていたことになります。

「人生の3分の1をタイで過ごすためのビジネス日記」とテーマの通り、主な内容はセールスライティングを獲得する過程、についてでした。

当然、読者さんとして想定していたのはセールスライティングを学び始めた方々で、僕のようにセールスライティングスキルを獲得して独立起業とかを考えている人。そんな人たちに向けて書いていたので、読まれている記事は当然のように、セールスライティング絡みの記事だろうと思っていたのですが・・・

実は、ベネマンのブログで一番読まれていた記事は、セールスライティング関係の記事ではありません。マーケティング関係の記事でもありません。セールスレターを月に10本納品した記事でもありません。

じゃあ、なんだ?というわけで、あらためて紹介しますとその記事は・・・

デルタ航空のビジネスクラス体験記

・・・のような記事でした。確か、両親と妹を連れてタイに行った時の記事だったような。

これには結構愕然としたんですよね。ショックというか。

「オレがガリガリ書いているセールスレター絡みの記事よりも、こっちかよ〜」みたいな。

普通に考えてみれば、セールスライティングとかセールスレターで検索する人よりも、デルタ航空とかビジネスクラスとかで検索する人のほうが多いのですから、これは当然といえば当然なのですが。

それでも、セールスライティングに関する記事のトップよりも圧倒的な大差で(ケタ違いで)デルタ航空ビジネスクラス体験記がドーンとトップに君臨しているのは、ブログのタイトルからして複雑な思いがありました。

まぁ、現実というのは時にエライ試練というか、さむ〜い事実を教えてくれたりするわけです。

であれば、最初からある分野のオウンドメディアを立ち上げるよりも、テストマーケティングをやってからのほうがいい。どのくらいアクセスが集まるのかを試してみてから、分離独立させたほうがいいのでは、と考えたわけです。

全部やってみても、いいですけどね、もちろん。個人的に、こういう一見無謀な行動から答えが見えてきたりすると思っているので。

さて、1週間後には日本に戻る予定なので、バンコクのサトーンに行き、3月から借りようと考えているコンドミニアムを見てきました。

長男を幼稚園へ迎えに行ったあと、そのまま妻と長男とでコンドミニアムへ。以前見たところなので、部屋をいくつか見せてもらって備え付けられた家具などの違いを確認しておこうとなりました。

4つ見たのですが、妻と僕で意見が一致したので、じゃあここかな、という感じ。なぜかベッドルームとバスルームがガラスで区切られた、なんというかセクシー情熱ルーム、っていうんですかね。見方を変えると、子どもたちのお風呂の様子も確認できるので安心設計なんだな、と思いましたが。

3月からのバンコク生活が、楽しみです。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

  1. ザイツタクヤ より:

    セクシー情熱ルーム!!

    ウケました(^_^)v

    • ono takamasa より:

      ありがとうございます〜

      今、パタヤというところのホテルにいるのですが・・・
      ここもセクシー情熱ルームでした。

      フランス資本だからですかね・・・セクシー情熱ルーム。

タイトルとURLをコピーしました