文章は上手くなくてもいい。しかし

コピーライティング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野です。

毎日ブログを書いてメルマガを書き上げていて・・・昨日、ふと思ったのですが・・・

自分の文章読んで、上手くないなと思ったんですね。もちろんいい時もあるのでしょうが、上手い人っていつでも話にオチがあったりして、表現技法を使いながらもシンプルに読ませると思います。しかし僕の場合、ズラーっと書いているだけの時もあって、何が言いたいのかわからない時もある。特にブログはほとんど初稿なので、ガーッと書いてアップしているので・・・

自分で書いている僕でさえこうなのだから、読者の方々は結構大変なハードルを越えて読んでくださっているのかもしれません。。。

いつもご覧くださり、ありがとうございますm(_ _)m

それで、今日言いたいのは僕の文章についではなく、セールスレターに文章の上手い下手は大切か、という話です。

上手い下手が意味するところを定義する必要はありますが、単純に上手い下手だったら上手いほうがいいのは言うまでもありません。

しかしこの上手いというのが、表現技法、たとえば隠喩など比喩の使い方であったり、接続詞の使い方であったり、文法的なものを指すなら、上手くなくても大丈夫、というのが僕の考えです。

セールスレターを書くときに必要な「上手さ」というのは、論理展開。そして、見込み客と会話をしていることがわかる。これら2つを僕はまず思いつきます。あ、それとスワイプファイルを忠実に使えているかどうかもそうですね。

それで、論理展開と見込み客との会話というのは実は同じです。見込み客にセールスした時に彼らから出てくる疑問や反論、こう言えばこうくるだろうという会話を想定することで、セールスレターを書き上げていくわけですから、最後のクロージングや追伸まで書き上げた時に、「売れた!」という状態であれば、論理展開は大丈夫、ということですね。論理矛盾があると、売れないので。

コレはセールスしたことがある人、またセールスされたことがある人でもなんとなく、「なるほど」と思われるのでは。

ですから、ターゲットである見込み客のことをリサーチしなさい、とコピーライティングの先生方が言うのは、「見込み客との会話」を自分の頭のなかで再現できるようになりなさい、ということでもあるんですよね。

コレこそ、セールスライターを目指すなら、セールスマンシップやセールスマインドが必要だと考える理由です。もっと言うなら、何らかのセールス経験がある人のほうがセールスライターとしては有利でしょう。もちろん、「見込み客と会話ができる」人なら反応を引き出すセールスレターを書ける可能性が高いのであり、必ずしもセールス経験は不要ですが。

しかし人を動かすセールスレターが書ける人って、セールスが好きなんですよね。セールス経験問わずです。セールスが好きだから、見込み客と会話ができる、ということです。

反応が出るセールスレターが書けないなら、まずセールスの面白さを体験してみるのもひとつの方法だと思います。

ちなみに

僕が仕事で一番好きな瞬間は、まずセールスが成功した時、セールスレターでお客さんのレジを鳴らした時、そしてお金が財布に入ってきた時です。

誰もがお金を得る瞬間をうれしいと感じている、という風に僕は思うのですが・・・違う方っているのかな、やはり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました