セールスライティング×コア・バリュー×マスタープラン=?

コア・バリュー
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

今日は僕がセールスライティングスキルをおすすめする理由を紹介します。

たぶんこれまでも何度かブログかメルマガで書いているのですが、セールスライティングスキルを身につけるといいなと思う理由は、商品やサービスを作ることができること、です。

わかりやすい例では無料プレゼントしているセールスライティングスタートアップガイド。今でこそ無料配布していますが、いずれ有料化してニュースレターとして印刷して配布、という形に切り替えることもできると思いますし、

このスタートアップガイドを元にして動画解説版(これはいま作成中です)や勉強会、ちょっとしたセミナーなどを開催することも可能です。ですから、クライアントさんのレジを鳴らすためにセールスレターやステップメールを書くことはもちろん、そのスキルを活かして自分で商品やサービスを作り、それらをセールスレターやステップメールによって自分自身でセールスすることができる。

これがセールスライティングというスキルが持つ魅力であり、僕がこのスキル獲得をおすすめする理由でもあります。

いうなればビジネスを作ることもできるんですよね。ビジネス構築。セールスレターを書くだけにこだわると発想が広がらないのですが、セールスライティングというスキルでビジネスを創りだそうと考えたらたとえば、

*自分のスキルが誰に何を約束できるのか?

を書きだした上で、ブログを更新し続けることによって需要を探ることできます。もちろんこの時、アドワーズなどのキーワードツールを利用して検索ボリュームなどをチェックしたり、PPC広告に出稿することで、需要を一足早くキャッチすることも可能です。

そして需要があるとわかったら、「誰」の抱えている悩みを解決するサービスを考えてみて、それをブログでもメルマガでもPPC広告でもいいのですが、投げかけてみる。

反応がなければまた別のサービスを考えてみてブログ上で反応を探る。これをやり続けることで、一定の反応(この反応はコメントであったりメールであったりアンケートであったり、いろいろです)が見込めるようになれば、実際にセールスしてみるといいわけです。

それで実際にサービスが売れ、ある程度の市場性が見込めるとわかったら、スクィーズページを作成してそこにアクセスを増やすための手を打ち(アフィリエイトとかPPC広告とか、いろいろありますね)、ステップメールを組んで、セールスレターに繋げる。

そして徐々にオプトイン率とかセールスの成約率とかを高めていく、って感じですね。すると徐々にではあっても、だんだんとお客さんの数は増えていくので、あとはバックエンド用のサービスと火クロスセル用のサービスとかを作ってはテストしていくことにより、成約率が高いシステムが出来上がっていきますから、オプトインへのアクセスを増やし続ければ一定のペースで売上とか利益が増加し続けていくことになります。

これは今僕が実践している最中なので、語るに早いと認識していますから、いずれまたお話したいと思います。

ちなみにセールスライティングスキルでビジネスを作ることのできる条件は、ライティングスキルそのものにあるとは僕は考えておらず、

コア・バリューとマスタープラン次第かな、と考えています。

セールスライティングスキルとコア・バリュー、マスタープランが組み合わさるとエライ早さでビジネスを作ることができるんじゃないかなって感じているのですが、

こんな話に興味があれば、ぜひメルマガにご登録ください^ ^

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました