徹夜でライティングする判断基準(徹夜する価値があるなら、やる)

コピーライティング
この記事は約4分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

習慣化に関するブログ記事が好評のようで、うれしい限り。最近はFacebookにも投稿するようになったので、Facebookからアクセスしてくださる方や、シェアしてくださる方も増えています。ありがとうございます。

僕自身、習慣化についてはうまくいった経験がほとんどなかったので、それだけにどうやったらうまくいくかを結構考えて実践してきました。だからこそ今がある、というわけなので、

習慣化する必要があるのだけれどうまくいかないならば、僕の経験なら僕は話せますから、何かお役に立てれば、と思ってそういう内容のブログを更新している次第です。

また気づいたら、役立ちそうな話を紹介したいと思います。

さて昨晩。ワイルドサイド部のグループチャットに「これからセミナー案件のライティングをやっちゃいますね〜」と書き込んでから何時間経ったかど忘れしましたが、明け方の3時くらいまでライティングしていました。クライアントさんには納品し、受け取り連絡も今朝もらっているので一安心です。

このクライアントさんからはコーチングオーナーさんへの依頼ももらっていて、今後もっと増える予定なので(しかも案件ボリュームも増えそうとのこと。1,000万円クラブをこのクライアントさんだけで実現できるかどうかはわかりませんが、それでもいい傾向なのです)、

僕が引き受けた案件でウマくいかなくなってはコーチングオーナーさんに向ける顔が無いですから、いい意味で納品へのプレッシャーはありました。あとはリフトレター、というのよりもリフトメールですね。ランディングページへのリンクボタンを押したくなり、かつランディングページにジャンプする前に購入を決意させるに足るメール。

コレを2本作って納品すれば、FAXDMと合わせた本案件は納品完了となる見込みです。

このクライアントさんとお付き合いしている理由は、定期的に、かつこちらが求めるときにライティング案件を発注してくださるトコロ、です。仮に案件がなくても、眠っている案件を掘り起こして発注してくださいます。すると定期的に依頼を請けることができますから、スキルアップはもちろん、報酬も「読める」ので、安心できる。

独立を志向するライターさんの多くは「安定」を求めますから、こういうクライアントさんと付き合うことって大事だな、と僕は考えています。特に「1本あたりいくら」で仕事を引き受けている場合は。

コーチングオーナーさんにココ1ヶ月位であるクライアントさん(厳密には仲介してくださる方)を紹介したのですが、オーナーさんに対してしたアドバイスに「案件発生タイミングの約束を守るかどうか」を判断してください、というものがあります。

例えば依頼前は、「必ず月1本のセールスレターと月20本のメルマガを依頼しますので、毎月◯◯万円は約束できると思います」と言っていたにも関わらず、「今別件が忙しくて」とかいろんな理由をつけて発注しないクライアントさんて結構いると思います。WEB制作の会社さんやコンサルタントさんが発注元の場合、どうしてもエンドクライアントさんの動向次第で発注は遅れますから、ある程度は仕方がないんですけどね。

僕の場合、こういうクライアントさんとは「報酬を計算しないで」割りきって付き合うか、案件内容が勉強になるので「報酬を度外視して」付き合うか、成果報酬を提案してやるか、仕事を引き受けないようにしています。

オーナーさんに対してしたアドバイスも似たようなもので、約束を守らないクライアントさんなら、また次回も約束を守らない可能性が高いので、注意してください、というわけです。

引き受けた仕事はレジを鳴らすのがライターさんの役割ですが、徹夜するほどの価値があるクライアントさんかどうかはよく考えたほうがいいでしょう。

もちろん、最初はタダででもやるのが、ある意味正解だと思いますので(そういうクライアントさんを知ったのもタダででもやったからこそですから)、大事なのは同じ「?」を繰り返さないことです。

P.S.
屋台も固定客をつけることが大事かな〜と思います。その為には・・・決まった時間に決まった場所で営業することです、まずは。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました