いまさらですが、、、タグの付け方がわかりました。

ひとりごと
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

昨日のブログで動画を埋め込んでBeatTheControl読者さんにメッセージを送り、そしてワイルドサイドな島田さんのブログを紹介するキャンペーンに向けての意気込み的なものを書きました。

その時、その紹介キャンペーンのルールを今一度読んでみたのですが、「タグ」っていうのがあったんですね。この場合は、「荷札」とか「付箋」みたいな意味でのタグだと思います。

*小野貴正
*BeatTheControl
*ビート・ザ・コントロール

・・・とかですね。ちなみにこの記事は僕の個人的な解釈に基づいているので、世の中的な意味とは乖離しているかもしれませんが、ご容赦ください。

それで、ルールとしてあるキーワードをタグに入れる必要があると。僕はコレを誤解していて、WORD PRESSのプラグインである、All in one SEOだったかな、このプラグインでいうところの「キーワード」だと思っていたんです。SEO対策上のキーワード、ですね(いや、遠からず近いのかもしれませんが)。

ところが昨日たまたまこのブログを更新した時、普段から見慣れていたはずのWORD PRESSの画面で「タグ」という箇所が目に止まり、どうもそこにタグとしたい単語を入れればいい感じ。

それで、試してみました。「小野貴正」とかですね。そしたら・・・

タイトルの下に登場する、黒い箇所に白抜き文字の箇所が、今までと明らかに違う!(トップの写真をご参照ください)

それで、あ、コレがタグか〜と気づきました。ホント今更なのですが。コレを設定しておくと、タグごとに記事を分類して読むことができるんですね。

今まで更新してきたブログ記事・・・もったいないことしたな〜と思ったのですが、、、ベネマンのブログに至っては800記事近くタグを設定していないので、、、

しかしまぁ、コレでやり方がわかったので、過去記事にも順次加えていけば大丈夫です。よかったです。島田さんさまさまです。

大事なのは、「どうすればもっとよくなるか、もっとうまくできるようになるか」という思考と行動です。

ところで、

求められる価値が高まるほどに、例えばセールスライティングのスキルそのものはもちろんのこと、複数の専門性が必要になってきているな、と感じています。

そして、

判断基準を持つために自分自身でひと通りやるとともに、それをやればやるほど、より専門的な方々とのやりとりも大事になってきたな、とも感じています。

コレは僕のなかで通称「ビーコンABテストチーム」と呼んでいるビジネスプランではマストですから、考えていることが具現化してきている感じです。この場合は、課題が具現化している、ということですが。

あ、そうだ。ゴールから逆算して明確に考えて書き出すほどに、脳はそこに至る答えを常時探してくれますから、この脳の機能は上手に活用することをオススメします。

コレはたぶん、ドクターモルツのサイコサイバネティクスやジェームス・スキナーとかを学んだり読んだりすると、いいんじゃないかな、と思います。

今日もビート・ザ・コントロール目指して一歩進みましょう〜^ ^

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました