具体的な名詞と動詞の持つパワー(コア・バリューの書き出し方)

コア・バリュー
この記事は約4分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

コア・バリューとマスタープランが大事なことは、なんとなくだけれどもわかる。それで実際、スタートアップガイドを参考に、また『大富豪の仕事術』や『7つの習慣』を読んで書き出してみた。しかしなんかピンと来ない、、、

コレは「コア・バリューとマスタープランを書き出してみました」と僕に伝えてくる人たち「ほぼすべて」に共通する感想です。ほぼすべてと書きましたが、僕の記憶違いでなければ「すべて」と言ってもいいくらい。世の中100%確かなことなどないんじゃないかなと僕は考えるので、「ほぼすべて」としています。

「とりあえず書いてみたのですか、、、なんかしっくり来ないんですよね、、、」

こういう感想とともに僕に話しかけてくれるとき、僕は決まって

「そういうものだと思います。毎日読み上げているウチにその違和感の正体が明らかになると思うので、そうしたらどんどん書き換えてください。アップデートです」

こんな風に答えています。実際、僕自身がそうなので。

しかしそう言いながらも、もし僕にそのコア・バリューとマスタープランを見せてくれた場合、大体において「コレはピンと来ないだろうな、、、」と思える理由は3つあります。

1つは、僕のコア・バリューとマスタープランを真似している場合。

書き方を真似するのは賛成ですが、内容まで真似してもピンと来ないだろうな、、、と。なぜなら、その人のコア・バリューと僕のコア・バリューは異なるからです。コア・バリューが異なるなら、マスタープランだって異なって当然。

いわゆる、スワイプファイルのアイデアや構造、論理展開を「パクる」のではなく、文章そのものをパクっている状態。こんなふうに書いたセールスレターが(分野や商品が違えば)売れないのと同様、コア・バリューだってピンとこなくなる。

自分の脳を覗き込み、自分の価値観を書き出すことが大事です。

2つ目は、具体→抽象になっていない場合。

例えばですが、「子どものそばで子どもの成長を見守ることは価値がある」という価値観を書きだしたとします。しかしこの言葉だけだと、とても曖昧。そばってどのくらいの距離感なのだろう?成長を見守るってどういうことだろう?こんな疑問が湧いてきます。

だから、まずやるべきはたぶん、子どもと同じマンションで生活したい、1年のウチ100日間をそのマンションで過ごしたい、長男の送迎を毎日やりたい、こんな感じで「want」を書き出していく。もしくは、葬式の時に子どもから言ってもらいたいセリフとして、

「お父さんは僕が生まれてから4年間は1年に7日しか会ってくれなかったけど、僕が5歳になってからは毎日幼稚園への送迎とか小学校への送迎とかをしてくれ、僕が遊んでと言ったら仕事をすぐに片付けて遊んでくれたね。おかげで、自分の子どもにもそんな風に接することができるようになったんだと思う」

・・・こんな風に具体的に書く。すると、「子どものそばで子どもの成長を見守ることは価値がある」という抽象化された言葉でも、具体的なイメージが湧いてくるようになります。具体→抽象です。たぶん厳密には、抽象→具体→抽象を意識するといいと思います。

3つ目は、名詞と動詞を使って書いていない場合。

人は考えることが苦手、というよりも極力考えることを避けようとするものです。なぜなら、考えることはエライ労力を必要とするから。ドラッカー博士かな?人間の仕事とは考えることだ、とかいうセリフがありますね。しかしエライ労力がかかるゆえ、人は深く考えて自分の内面を言語化しようとしない。言語化したとしても、「一生懸命に」「大きく」「良い」とか、程度などを表現する副詞や形容詞を使いがち。

副詞とか形容詞って主観的な基準で比較するものですから、その時の気分で自分自身ブレるものです。とすると、このような言葉でコア・バリューとかマスタープランを書き出したら、ブレブレになってしまう。

使うべきは、名詞や動詞、数字です。ありありと具体的にイメージが描写できるもの。唯一無二でブレようがないもの。

これらを使うと、しっくりくるものが書き出せると思います。

しかしコレでも書き出せない場合、、、おすすめしているのは、「理想の一日」を描写することです。たとえば7年後のコア・バリューを体現した理想の一日を描写してみる。名詞と動詞、数字を使って。

ちなみに僕が毎朝毎晩読み上げているのは、この理想の一日です。理想の一日を読み上げるということは、そこにコア・バリューが含まれているということ。さらにマスタープランも含めているので、コレを読むだけで僕はコア・バリューとマスタープランに毎日接することができるわけです。

そして違和感を感じ始めたら、アップデートしていく。マイナーチェンジならその言葉をメモしておきますが、半年に一度は書き換えます。

自分のステージに合わせてコア・バリューもマスタープランも変化していくものです。そう考えると気楽に、描写できると思いますが・・・いかがでしょう。

参考になれば、幸いです。

P.S.
写真は、、、名詞や動詞よりも、ビジュアル、ということを伝えたく。。。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

  1. […] という理由は昨日BeatTheControlのブログにも書きましたが、要は自分の中で曖昧、腑に落ちていないからこそピンと来ない。どれだけポルシェを買うとかペントハウスを買うとか書いても […]

タイトルとURLをコピーしました