一貫性

コア・バリュー
この記事は約4分で読めます。

2014年の最後に、僕はあなたへ一つの成功法則をお伝えしました。

その成功法則は、「単身赴任サラリーマンのスキルの秘密」であったり、BeatTheControlのブログであったり、ベネマンのブログであったり、

そして「セールスライティングスタートアップガイド」の第1章、「副業・独立準備編」に記しています。

*なぜスキル獲得から入ってはうまくいかないのか?(スキル自体も獲得できないのか)
*スキル獲得になぜコア・バリューやマスタープランが必要なのか?
*あなたは何者なのか?
*あなたはどんな価値を提供できるのか?
*あなたが提供できる価値は誰の悩みを解決するのか?

僕は、誰もがセールスライティングスキルをはじめ、セールススキルであってもマーケティングスキルであっても、スピーキングのスキルであっても、本当にどんなスキルであっても身に付けられると信じて疑いません。

しかし、それには条件が必要です。

その条件が、

なぜあなたはそのスキルを獲得しなければならないのか?

に対する答えそのものです。

この答えがあなたの価値観、コア・バリューに合致しており、まさにそのスキルがないとあなたの描くマスタープランが実現できないという状態まで明確に考えられるのであれば、

あなたは必ず、そのスキルを得られるでしょう。そして、手に入れたい生活、人生を掴むことができるでしょう。

言うなれば、価値観と信念、思考と行動を一致させることが大事なんだと思います。

なぜあなたはそのスキルを獲得しなければならないのか?

コア・バリューやマスタープランの書き出しと一緒に、ぜひ考えてみてください。

そして紙に書き出してみてください。

2015年の12月31日、あなたが理想のライフスタイルを得ていることを期待します。

コレは、2014年12月31日のビーコンブログ。この日からメモ帳にブログの内容を書き、その後WORD PRESSに貼り付けてアップロードというスタイルに切り替えたので、メモ帳のトップはこのブログで始まります。

毎日目にしているのですが、なぜか今日はこの引用した文章が目に飛び込んだので、紹介。

最近は必然性とか、誰に学ぶかよりもなぜ学ぶかのほうが大事、というような言葉を書くことが多いですが、この時からすでに同じことを言っていたんだなと知り、ちょっと自分でもビックリ。

一貫性が大事ですよ、と言っておきながら自分の一貫性はそれほど意識したことがなかったので。引用した文章を見て思わず、「コレ誰が書いたんだろう?」とか思ってしまうくらい。

この点、「ワイルドサイドを歩こうよ」の島田晋輔さんは一貫していて、内容は多岐に渡れどコンセプトはブレることなく毎日ブログを更新しています。

「デザインが大事なんですよね〜」とか島田さんはさらっと言いますが、このデザインという作業をすっ飛ばす人のなんと多いことか。いや、正直ブログやメルマガの運営に関しては、僕もそのひとりなんですけどね。

しかしセールスライティングスキルを身につけてどういう状況に自分を持っていくかということに関しては、デザインができている。必ずしも言わんとしていることが一致しているとは限りませんが、コア・バリューとマスタープランの書き出しがそうです。これらがデザインの下地になるんじゃないかな、って思ったり。

デザインができていれば、一貫性はあって当然になる。考えるまでもないくらい。

いや、別に一貫性は自分に求めないから・・・という方には必要のない話かもですが、信頼性とかって一貫性が担保になっていたりするもの。

話すこととか行動とか、人はなんとなく察知するもの。あ、この人は一貫しているな、とか、この間と違うな、とか。

情報発信していくにしてもスキルにフォーカスでも事業プランニングでも、一貫性は大事だと僕は思います。何をするかよりも誰とやるか、誰と学ぶかよりも、なぜそれをやるのか。そのためにデザイン。そして、コア・バリューとマスタープラン。

そこに必然性はあるか?ですね。

P.S.
昨日アイソレーションタンクに入ってきました。冒頭の写真はタンクに入る前のもの(というか、動画からの切り出し)。妻も入ったのですが、やっぱりスッキリした表情になり、帰りのドライブも穏やかになっていました。脳がスッキリするんですよね〜身体も。なぜか昨日は左足がやたらとビクンビクンしましたが。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました