バンコクでフィッシュアンドチップスを食べながらパワーランチ。キッズメニューもあり。【kai / サトーン】

こんなところに良いサービスのお店たちがあるじゃないか、とサトーンエリアをまわっていると気づくことができます。

お店を見て回るだけじゃなくて、実際に飲んで食べてみることもまた大切でして、自分で体験したことでない限り、言葉にはなりませんから。

そんなわけで、昨日行ってきたのが、kaiというニュージーランド料理のお店。これもサトーンsoi12にあります。

ニュージーランド料理といって思い浮かぶものはなかったのですが、なにげに「フィッシュアンドチップス」を見ると注文したくなる僕にしてみたら、この日目に入ったのはもちろんフィッシュアンドチップス。

コレは専門店なのでは、と思うほどに驚いたのは、フィッシュ自体を選ぶことのできるメニューの豊富さと、揚げ方の指定と付け合せの指定(チップスにするかサラダにするか)などなど、ちょっと世界観が変わりました。

他にもラム肉の料理とか、サーモンとかツナのタルタルとか、ピッツアとかモーニングメニューとか、いろいろありました。そうそう、キッズメニューもあるので、このあたりお子様連れでもいらしてくださいというメッセージになっていて、とても好感が持てます。

2階建ての店内は吹き抜け構造になっていて、2階は吹き抜けの周囲をグルッと囲む感じになっています。バースデーパーティーなんかもいいですね。夜は夜で賑やかに楽しめそうです。

フィッシュアンドチップスでピンときたのですが、ニュージーランドは魚料理が割と有名なのかもしれないと思いまして、店内のオブジェは釣りのリールとかそういうものもあり。

木材を活かした店内のつくりは、床がキシキシ言うような感覚を覚えるもので、店内の落ち着き感と相まって、統一感があります。

動くスタッフは総じて笑顔で気がつく方々で、サービスがいいお店というのはこういうところにあったのかとあらためて感じた次第。そういえば、サービス料も別途チャージしていますからね。しっかり、マネジメントできているように思います。

この日食べたフィッシュアンドチップスは、表面はサクッとしてフィッシュはしっとり。このバランスがいい。

マヨネーズと何かを混ぜたちょっと辛い感じのタルタルソースもいい感じでして、塩コショウでもいけますね。

お店オリジナルのソースが3種類登場し、黄色いのは調べてみるとピーマンマスタードとのことですが、どれも特徴的な味わいで(甘い酸っぱいなどなど)、最後まで楽しんで食べさせてくれます。個人的には市販品ではありますが、ビネガーをたまに加えるとアクセントになってイケる。

自家製アイスクリームを使っていると書かれていたミルクシェイクはバナナを注文し、しかしこれはちょっともう一息だったかな。あのミルクシェイクの濃厚さはなく、クラッシュされた氷のほうが目立っていたので。

ランチタイムからやっているので、ビジネスパーソンとのパワーランチや知人との一席にもいいですし、夜はバンコク慣れした人を連れてきたり大人数でパーティー使いもいいかと。お酒も豊富そうな雰囲気あります。

長男次男を連れて、また訪れたいと思います。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




One Reply to “バンコクでフィッシュアンドチップスを食べながらパワーランチ。キッズメニューもあり。【kai / サトーン】”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください