コレがあるから外に出ないとね・・・。

コピーライティング
この記事は約3分で読めます。

タイ時間で明け方の2時に一度起きて仕事をし、5時過ぎに空が明るくなってきたのを眺めながら、妻に促されて(夜仕事したら具合が良くなくなるでしょ!と叱られまして・・・)一度寝て、起きてから今日はずっと記事の編集作業をやっていました。

画像の選択やレイアウトの整えは思いのほか早くでき、やはり時間がかかるなと思ったのは、編集作業と加筆作業。文章そのものを書くことは早くできるのですが、以前書いた箇所を加筆する場合、それが新たなパートを書き足すのではなく既存のパートへの加筆の場合、前後の文章を確認しておく必要がありますから、その分時間を要します。

現在、メールを使った提案も行っているのですが、あらためてタスクを分け、それをルーチン化することって成果を出すためには必要だなと体感しているところです。

わかった気になるのではなく、体感してみること。必要ですね、僕にとって。

どうしても仕事の途中でスターバックスのアメリカーノをグランデで飲みたくなり、いつものスターバックスへ行こうとすると、次男も一緒に行くとのこと。

手を繋いで隣のビルに移動し、次男があっちだよというので、おお、スターバックスの位置を把握しているとは可愛いヤツめと思いながら次男めがけて歩いていくと・・・

なんと、入口には「Close」の文字が。

コレ、今日は閉店ってことかな・・・その割には、ビル全体のテナントが入れ替わる雰囲気なんだけど・・・もしかして、このビルのスターバックスは閉店??

オフィスビルにありながら、割と席の確保が用意で天井も高く雰囲気もよくで気に入っていたのですが、閉店ならば仕方がないと次男を連れてお隣のスターバックスへ。

このビルは交差点に位置しているのですが、交差点の3箇所にスターバックスがあるという充実ぶりでして、少し歩くと4つ目のスターバックスも至近距離。

日系企業が割と入っているビルのスターバックスに次男と移動し、アメリカーノをグランデで注文、少しだけ店内で飲んでいこうかなと思ったら、次男がもう帰りたいとのことで家に向かってゴー。

ちょうど記事を書いていることもありまして、今回のスターバックス閉店は教訓になりました。

この店がやっているだろうと思いこんで記事を書いたところで、実は閉まっているって結構あったりします。

スターバックスのようなカフェでなくても、飲食店や洋服のセレクトショップ、はたまた通販の会社まで。

思い込みで何かを書いたらコレは怖いな、と思えたことは、残念だけれども閉店していたスターバックスが教えてくれた教訓のように思えます。

書くことをなりわいとするなら、外に足を運んで体験しないと、ですね。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメント

タイトルとURLをコピーしました