LINE@をやろうとしたら(ソフトバンク、ある意味すごい)

ひとりごと
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

今週に入って購読しているメルマガやブログで「LINE@」の情報が散見されました。

コレまで僕は、集中力の妨げになるので、LINEを一度はiPhoneにインストールしたものの削除し、FacebookもiPhoneのアプリは削除し、主にMacからメッセージのやり取りに使うようにしているという、

極力ソーシャルメディアとは距離を置くようにしよう、という考えでした。しかし、

LINE@はクライアントさんにとっても僕にとっても役立つかもしれないから試してみないとな、と思いアカウント作成を試みてみました。

そして、LINEをiPhoneにインストールしてアカウントを再度作成。その後、LINE@をインストールしてログイン。

それでいよいよ、LINE@のアカウントを作るぞ〜と息巻いていたところ・・・

「年齢認証」なるものが登場し、ソフトバンクに登録されている情報にアクセスします、とのこと。ソレは構いませんよ、思いながら、マイソフトバンク(だったかな?)のパスワードを入力して待つことしばらく・・・すると、

「18歳未満はLINE@のアカウントを作成できません」

のようなメッセージが登場。

アレ?オレって18歳未満じゃないよ〜と思いながら2回3回と試してみるも、やはり18歳未満と出る。

なんとなくピンときましたが、ソフトバンクに登録されているデータ自体が間違っている、ということですね、コレは。ソフトバンクショップに行かないと・・・。

たぶん、僕が携帯を契約した当時と今は、登録に必須の情報が異なっている、ということなのかな、と思います。しかし・・・僕は東京デジタルホンがJ-phoneに変わった直後あたりからこの番号を使っているので、

つまり、J-phone→ボーダフォン→ソフトバンク(他にありましたっけ?)と使い続けて16年以上経っているわけですから、普通に考えれば18歳未満とエイヤで登録されている事自体がおかしい・・・。どうやって1才の子どもが携帯を契約するんだよ。。。

こんな風に登録してしまうなんて、ソフトバンクはやはりある意味スゴイな、と思いながら、

とりあえずLINE@の件はまた後にすることにしました。ソフトバンクショップに行って登録した生年月日を書き換えてもらって・・・が先決ですね。

しかし・・・いつの間にか携帯電話会社が年齢認証とか証明書的な役割をする世の中になっていたとは、驚きました。

あなたも年齢認証に、ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました