タイでも店舗ビジネスの課題はコレ。

マーケティング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

昨晩は日本料理屋をやっている妻の親族が家でパーティーをするというので、そこでごはんをごちそうになってきました。

初日に会った時は気づかなかったのですが、かなり日本語での会話ができることに気付いたので、コレなら僕がタイ語喋るよりもいいかな、と思い、バンコクの飲食店事情を聞いてきました。

オモシロイと思ったのは出てくる話って日本と同じです。例えば、

*紹介は大事
*単価を低くして美味しくないと来てくれない
*場所は大事

・・・とかですね。単価を低くして美味しくと言うのは需要があるので手を打つべきことだと思いますが、その先に見えるのはマーケティングをやっていないんだな、ということ。

コレまで結構なお店をバンコクはもちろん、タイの至る所で訪問していますが、例えばリピート客を生み出すための施策を実施しているところなどないですし(場所と日本食ということだけで人気になっているお店が多いです。あるデパートのレストラン街などほとんど日本食ですが、淘汰されることは時間の問題かと。たぶん生き残るのは、美味しい料理、そしてマーケティングをやっているところに限定されると思います)、やっても新規のプロモーションのみ。

新規集客をすることは大事ですが、リピート集客の施策を実施していないと、ザルで放水されたダムの水をすくうようなもの。押しつぶされちゃいます。

だから話を聞いていて、これはマーケティングとかセールスコピーを書く僕らには勝機だな、と思いました。言葉の件はありますが、どこの国でも不安や悩みは同じですし、解決策も同じなんじゃないかな、というわけです。

海外でこれらをやる動機がなければ・・・なかなか日本の外に行こうとはしないと思いますが、僕の場合はタイに家族がいるので、

海外でビジネスをやる動機は十分あります。というか、タイでビジネスやって妻と長男次男が安心して生活する基板を作ることが僕の価値観を満たす一つの条件ですし、マスタープランとしても書き出してあるので。

現地に行って、現場で実践している人に話をすることって、もうマーケティングの宝庫です。親族づきあいも、なかなかいいものだな〜と思いました。それにしてもまだ会っていない親族がいたとは・・・こっちの方にも驚きです。

P.S.
お母さんがタイ人でお父さんが日本人のお子さんがいたのですが、なんかエライ遠慮がちで小学校2年生の割には声が細くて小さい。。。僕が日本語を話すので、なついてくれたのはいいのですが、日本の食生活が恋しくなった日本に帰りたいというのでそれをお母さんに伝えてあげると・・・「世話してくれる人がいないから仕方がないのよね〜」とのこと。たくましく育ってくれればいいですが。

子どもって親を選べないんですよね。やっぱり教育とか社会の環境かな〜。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました