眉間からシワがなくなると女性はキレイになる(私見)。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

坊主で大柄な僕がぽっちりプロジェクトのスタッフを担当するなどなんと恐れ多いことか、というわけで、会場探しなどは女性ウケするところをリサーチして予約するようにしています。

しかしまあ、そういう会場に行くたびに、場違いとはオレのことを言うのだ、と心のなかでつぶやくことしばしば。

自分で自分を評価する言葉を使わないほうがいいと僕は言うけれど、実は女性だらけの場所に行くたびに視線が突き刺さる感じがあるんですよね、あ、なんかでかい坊主が来たわよ、とか。割と肯定的に捉えられればいいんだけれども、場違いであることを認識してしまっているので肯定的には捉えられない。もちろん、評価するのは他者なのでその他車に着いてみればいいものの、なんか聞くのが怖くて聞けない。

例えて言うなら、ふんどしを履いて人前に出ることがどうしてもできないというか、そんな感じです。

プライドってこういうことを言うのかな。いや、自尊心、虚栄心、う〜ん・・・恥、かな。恥と感じてしまうことは、やりたくないわけです。

そうは言っても、これは僕が担当する役割ですし、役割は一つだけにあらず。恥ずかしいと思う我など置いておき、単純にやるべき仕事をやればいいだけ。

仕事の上ではここが基準点。常にここを上回るように動くことが大事ですけど、それはまた今度お話できれば。

ところで、女性の眉間からシワをなくすとキレイになるよね、って話。

1ヶ月に一度見かけるというか会う女性の話なんですけど、ある講座に参加してから明らかに綺麗になったなぁ、と。

なんで彼女をそう変化させたのか、これはあくまでも想像にすぎないですが、

やっぱり眉間のシワかなぁ、と。

なぜんなら、眉間のシワが取れることで、しかめっ面が解消されます。すると、見た目の印象が柔らかくなるので、女性的になるんですよね。それで女性的になるとキレイな感じがしてくる、と僕は考えています。

ストレス解消などすると、眉間のシワは取れやすくなるとのこと。コレは、たしかになぁ、と。僕自身、ストレスが解消されたらガラッと表情が変わりましたから。

女性がうれしくなるツボは男性と同じこともあれば違うこともあるでしょう。

しかし、眉間にシワをつくってしまうツボよりも、うれしくするツボを知っておいたほうがいい。

なんというか、女性がキレイになればなるほど、男はそこにやりがいを感じるものだと思うので。

普段自分と一緒にいる女性の眉間からシワを取ること。

コレが世界平和に繋がるんじゃないかな、と考えたので、メモしておくことにします。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

  1. たなか より:

    普段一緒にいる女性の眉間のシワを取ると世界平和に繋がる。
    まさにウチの嫁ですね(笑)

    帰宅して嫁の眉間にシワがあると、おだやかな気持ちの自分までもが家の空気に合わせてしまい、意味なく子供に厳しく接してしまいます。嫁としては何事もなく1日を終わらせたいのですが、子供らがそうはさせてくれません。(子供らに悪気がなくても)

    長女が生まれたころは、育児は育自なんて思っていましたが、今はそんな言葉、どこへやら。
    わたし自身、長女が小さい時に、子育ては老後への投資(将来、子供に面倒見てもらうと言う意味で)と位置付けたので、多少のお痛はご愛嬌としていますが、嫁は今、今、今の軸でしか見ていないので、子供らのお痛に関して全てにおいて、頭からゴチン‼︎と雷です。

    我が家は、嫁の眉間のシワを取ると家内平和に繋がる。です(´・_・`)

    • ono takamasa より:

      まぁ、どこの家でも奥さんの眉間次第、ですよね。

      ありがとうございます〜

タイトルとURLをコピーしました