女の人を見る目がなかった気がします。

グレートジャーニー
この記事は約3分で読めます。

昨日のブログで書いた、「カンタンに言うと、人ではない、ってことです」のなかで、「人を見る目がない」と中平さんに言われたと書いたところ、早速中平さんからメッセージを貰いまして、

オノさんは人を見る目がないんじゃなくて
女の人を見る目がなかった気がしますー!中平

昨日ちょうど塾で寺本さんと北岡さんもいましたよー

という内容でした。うーん・・・フォローしてくれているのかそうでないのかわかりませんが、なんか言い得て妙だと思ってしまうあたり、そういうものなのかもしれません。

・・・言い返せないのは、なぜだろう 笑。

ああ、これ読むと講座に参加してくれている女性の皆さんからクレームが来そうなので補足しておきますと(昨晩実際にクレームっぽいのが来たんですけどね)、中平さんがいうのは「僕が選ぶ場合」だと思います。彼女とか結婚相手とかですね(私見です)。

だから女性の方が僕を選ぶ場合は、たぶん大丈夫なんじゃないかと思います。

ちょうど今日の島田さんのブログで、先日大阪で開催されたワイルドサイドランチミーティングの感想が登場していたのですが、それを読んでもらうと気づく通り(というかそのままなのですが)、僕はおしりが行動原理になっているというか、どうも並々ならぬ情熱をそこに秘めているようです。

こう例えていいものかどうかわかりませんが、島田さんがカツサンドにロマンを感じているのと同じように、僕はおしりにロマンを感じている。

それで今思ったことは、僕はおしりしか見ていないってことなのではないか、なんですね。人となりを見るというよりも、極端な話、おしりしか見ていない。

しかし、突き詰めればおしりを見ただけでその人の人格とか感情とか傾向がわかるのではないか?

そういう予感があることも事実です。

中平さんからの一言はアドバイスと受け止めまして、一層世界を歩んでいこうと誓う水戸の朝でした。

今日はこれからグレートジャーニーに参加して、島田さんや後藤さんたちとホスト役の生家などなどを巡ってきます。

水戸、というよりも茨城は母の出身地でありますから親近感があり、しかし水戸ははじめて。

ちなみに茨城は「いばらぎ」ではなくて、「いばらき」って知っていました?最後、「ぎ」と発音する方が多いのですが、「き」なんですよね。この間、両親が見ていたテレビかな、そこにテロップで誰かが強調していたので。

両親のおみやげとして、納豆を買って帰らなくては、ですね。

そうそう。5月は僕がホスト役なので、今から旅のルートを練っています。動物園は外せないかな、とか、白い大蛇と遭遇した川の土手は自転車で行かないとな、とか。

明後日からはタイ。妻や長男次男に会うのも久しぶりなせいか、なんかうれしいものですね。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました