なぜ、ブログを書くのか?

コア・バリュー
この記事は約5分で読めます。

小野さん。

おはようございます。日比野です。

今日(昨日ですね・・・)ブログ、非常に重要な話しだと思いました。

セールスレターやステップメール、VSLで売れると思いがちですが
その前に、売る人や商品、サービスを提供する理由や
世界観が明確であり一貫性が無いと、、、まぁ、崩壊しますね。

今日の話は、半年前ではピンと来なかったと思いますが
丁度いいタイミングで訪れた話だなと。

最近になって1年前くらいに聞いた話の意味というか
必要な理由が分かってきた気がしますね。

ありがとうございました。

ということで、ブログで使ってもらってOKです~

・・・という感想をいただきました(ありがとうございます)。

僕自身もそうですが、1年前とか2年前に聞いたことが今になってわかることってありまして、おそらくそれは経験したからわかるようになったのだと考えています。日比野さん自身も、エンジニアからライティングの世界に入ってきて、オウンドメディアの検索順位を上げたり、Facebook広告の運用に携わっていたり、と思いきやライティングキッカケでプログラムを教えたり、と経験をしているからかなぁ、と。

パッと見からして彼は典型的な博士タイプっぽい(論理性を重んじるなど)のですが、清濁併せ呑むように変化されてきたかなと感じています。

日比野さんから感想をもらったので、その流れで今日はブログの話を。

ベネマンのブログを書きはじめたときから今に至るまで変わっていないことがひとつありまして、それは、文章の引き出しを増やすための練習の場がブログ、という位置づけです。

もともとブログをはじめた際は、文章を書く量が足りていないと感じ、例えばダイレクト出版の小川さんを見てもエラい毎日書いていますし、ダン・ケネディも書いてるじゃんと。だからセールスレターを書く量もそうだけれども、単純に書く量を増やさなきゃ、と考えました。

過去の仕事でブライダルのプロフィールスライドを作成していた時期もあり、そこで文章を書いていたといえば書いていましたが、それはインタビューした内容を再編集して書き出したものであるから、僕の言葉ではない。

今でもあるのかな、ホットペッパーの業務委託で営業をしていたときも、キャッチコピーや本文を書いていましたが、あれはお店の紹介をペルソナに向けて書くものであって、僕の言葉ではない。

だから、ブログを書きはじめる前に感じていたのは、語彙が足りない、文章の引き出しが足りない、僕の言葉が足りない、というものでした。

それを解決するためにはインプットしてアウトプットだろうと。

当時はダン・ケネディの影響で、『思考は現実化する』とかを読んでいたと思いますが、体験して感じたことを書くようにしようと決めたんですね。

僕がなぜブログを書くのか、今あらためてその理由を更新するとしたら、自分の言葉を増やすために、自分の言葉の引き出しを増やすために毎日書く場がブログであり、他者の目を感じて書く場がブログ、という感じになるかな。

自分の言葉で書いているかどうかを計る指標に、他者の目は必要なんじゃないか、と思います。

ダイレクト出版のアプレンティスで知り合った皆さん、ダイレクト出版の寺本さん、ワイルドサイドを歩こうよの島田さんたちのおかげで、僕の書くブログは日の目を見たと考えているのですが(ありがとうございます!)、

自分の言葉で書かれているかどうかは、読者の増減で判断できるからです。

ブログを知ったキッカケは様々であっても、読者がそのブログを読み続けるかどうかは書き手と読み手の関係性に関わってくる。

だからこそ、自分の言葉でちゃんと書いているかを客観的に判断できる指標として、ブログを選択しているってことなんだと思います。ブログを選択する理由は、これだけではありませんが。

ブログをはじめようとしている人からよく聞かれる質問は、「何を書いていいのかわからない」「毎日やり続けられるかわからない」というものが一番でして、当時の僕は「自分が体験したことを書くだけで大丈夫です」と言ってきたのですが、今あらためてアドバイスをするとしたら

「自分が何を伝えたいのかを知ることから始めたほうがいいと思います」

と伝えるでしょう。自分の言葉で書くには、自分を知ることが大切だからです。自分の世界観を知る。

今日はどこどこに行ってこんなものを食べました、美味しかったです・・・

このような内容なら、書かないほうがいい。今ではそう思います。習慣化のためにやるならいいですが、言葉の引き出しを増やすためには、それほど役に立たない。

読み手が知りたいのは、何を食べたかだけではなくて、それをなぜ食べたのか、どう感じたのかなどなど、書き手の頭のなかです。実際のところ、何かを食べただけの情報なら、たくさんの情報が溢れていますから。わざわざその人のブログに来る理由がない。

自分が何を経験してどう感じているのか?

それを表現するためにこそ、自分の中にある(外じゃなくて)言葉を選ぶ。言葉がないなら、経験をしに外に出る。

これが、言葉の引き出しを増やしてくれますし、さらに自分自身を知るトレーニングにもなります。

なぜ、ブログを書くのか?

自分自身の考えを書きだしてみるといいかもしれませんね。

たぶん読者はブログから、その人の世界観を感じ取るものですから。無意識のうちに。

ビート・ザ・コントロールのメルマガはこちらからどうぞ




コメント

タイトルとURLをコピーしました