移動効率とエネルギー効率を考えたら深夜バスがいいんじゃないかな。

ひとりごと
この記事は約4分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

現在朝の7時30分過ぎくらいです。JR奈良駅に在るモスバーガーにいます。インターネットで調べたら電源があるというので、店に入り注文。電源を見つけ、店員さんに聞くと「使っていいですよ」というので、拝借してブログを書いています。

奈良駅に到着する前、バスのなかで久々にダイレクト出版の小川さんのメルマガを見たら、マイケル・マスターソンと会って話をしたというような、エライ興奮する内容だったので、あ〜見てよかったと感激。またマイケル・マスターソンに手紙を書こうと決意する次第。あ、今年は年賀状を事前に用意出来ていないことを思い出した・・・1月1日に家族と来日してから、準備しよう・・・。

さて、移動効率とエネルギー効率を考えたら深夜バス。

僕は前々から・・・多分12年前くらいから、深夜バスに限らずバスを使っていました。長距離バスです。東京京都間や東京大阪間が特に利用する路線ですね。最近では東京名古屋間、東京から出雲大社、出雲市から広島駅、広島駅から岡山駅、そして今日は東京駅から奈良駅、です。よく利用しています。

昼間の移動ならば新幹線のほうが速いし便利だと思いますが、バスのいいところは目的地まで乗り換え無しで行けることが多いこと。もちろんそういうバスを探しての利用になるのですが、長距離は小ぶりながらもスーツケースを転がしての移動になるので、直行便はうれしい。

また、僕と会う方がだいたいビックリするのですが、僕は常時11キロを超えるビジネスバッグを携帯しています。コレは好んで持ち歩いているわけではなく、いつでも仕事ができ、またいつでもタイに飛ぶことができるようにしたら必然この重さになっただけです。このカバンさえ持っていけば部屋がなくなっても大丈夫ですから、ビート・ザ・コントロールのためには持ち歩くことは致し方なく。しかし、できればコレを持って歩く時間も減らしたい、と思うのです。

すると、やっぱりバスなんですよね。飛行機だと飛行場までの移動が非効率ですし(空港そばに住んでいれば別ですが)、新幹線も同様。新横浜とかターミナルに行くのが結構骨。消去法でいっても、バスかな、と。

深夜バスの場合、3列シートでリクライニングがかなり倒れるタイプのバスを選ぶわけですが、このタイプだとよく眠ることができます。変な話、家にいるよりも眠れる感もある。なぜなら、消灯時間になったら眠らないといけない感じになるので。以前Macを開いてライティングをしていた時もあるのですが、するとそこだけ煌々となる。コレは眠る人にとっては迷惑だろうな、というわけで、僕も眠る。

寝るしかないので、よく眠れる、というわけです。しかもこの間移動してくれるわけですから、移動効率もエネルギー効率もエラくいい。

2016年は福岡や香川、京都、奈良、名古屋には行くことになりそうですので、バスのリサーチを開始。すると福岡路線では個室のあるバスがあることを発見。価格は2万円という設定ですので、これならローコストキャリアの飛行機のほうが安いじゃん、というわけですが、コレは使ってみたい、と興味津々です。うまくセグメンテーションされていると思います。夜に宿泊兼ねてラクに移動したいって人は、いると思いますので。

ついでの話ですが、深夜バスとか乗っているとマーケティングの勉強になります、たぶん。新幹線とか飛行機と同じような路線なら、どう勝つかというのが見えてきそうなので。

個人的には、対新幹線の場合ならば大型スーツケースでも移動がラク、というのは強みになると思います。新幹線に大型のスーツケースは、女性ならば小型でも、結構シンドいと思いますので。こう考えると新幹線は、日帰りビジネス仕様であって、旅行用ではないのかな、と思ったり。ボストンバッグならいいのですが、スーツケースだと・・・大型スーツケースは、グリーン席でもしんどかったので、というか置くスペース無いですよね、特に満席だと。以前は椅子と椅子の間、僕の膝と前席の背もたれの間にスーツケースを置いて、それを机代わりにアイスを食べた記憶があります。

なんかバス最高みたいな話になりましたが、僕は飛行機も新幹線も好きですから利用します。今日の話は、特に日本国内を効率的に回るなら、という話として眺めてくださると。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました