年中ネットに繋がらなくてもいいんじゃないかな〜

ビート・ザ・コントロール
この記事は約3分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

2015年7月8日は(ちょっと大袈裟に言うと)、僕の人生のなかで記念すべき日になりました。

なぜ記念すべき日なのか?それは、

*ビジネスを新たにタイで立ち上がったからではありません(プランニング中です・・・)
*ビート・ザ・コントロール株式会社の利益が過去最高になったからではありません(そもそも、算出していません・・・)
*ビーコン1,000万円クラブがスタートしたからではありません(土台はスタートしました!)

この日は、丸一日、インターネットに接続しなかった日、だからです。

何だそんなことかとあなたは思うでしょうが、、、やってみるとわかりますがコレ、かなり脳にとって快適です。しかもこの日は智頭の森林に囲まれ、水のせせらぎに溢れ、生物の鳴き声とか息吹を感じ、幼児や子どもたちの色メガネがないパワーのそばにいましたから、僕の脳はとてもリラックスし、コピーが次々に湧いてくるような、そんな状態をつくり出すことができました。

実際、ブログとメルマガは7日に3日分書き上げ、配信予約をしていましたが、8日も9日も、ブログをサラサラとライティングしています。コレはもちろん、日課としての行動ではあるのですが、ここまでサラサラ言葉が次々に浮かんでくるというのは、脳がうれしいと思う原始的な記憶の風景に自分自身を置いているからということと、インターネットに接続しなかったから、だと思っています。

インターネットに接続しないということは、必要のない情報をうっかり見てしまうことがないから。なぜ僕らがGoogleで検索するかというと、たぶん余計な情報がないからなんだな、とワイルドサイドの島田さんの言葉から「ほぅ!」と感じました。Yahoo!だとニュースが目に飛び込みますが、Googleだとそれがないんですよね、と島田さんが言っていて、なるほど、と思ったんですよね。

画面から目に入るシンプル感とゴチャゴチャ感。シンプルな方を(僕の)脳は好む。だから、Googleで検索する、というわけなんだな、と。

現実的な視点では、クライアントさんとやりとりしている以上はインターネットにまるっきり接続しないというのはちょっと好ましくないですが、時にはこういう日も必要だな、と感じました。

智頭で半ば強制的にそういう環境に身を置いてみたら、面白い気付きがありました。備忘録として、ココに記しておきます。

P.S.
これをアップしているのは新大阪のスターバックスなのですが、、、普通にインターネットが使える環境を便利だな、と思いつつも、なんか変だな、と思うのは、、、人は本来、「自然な状態」を好むのかもしれないな、と思いました。そう考えると、便利な環境もほどほどに、がいいのかもな、と思います。

P.P.S.
実際は、、、タルマーリーさんでもWifi接続は可能みたいですので、、、意図して接続しなかっただけなんですけどね。ライターさんみたいな人が甚平来て何かやっていましたよ〜そういえば。

P.P.P.S.
タルマーリーさんで購入した『腐る経済』。これはおもしろそうだ・・・オーナーさんのサインと日付入りでなんかうれしい・・・。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました