ボディコピーを書こうとしたら、、、反省が先かな、と、、、(誰に何を約束するのか?)

コピーライティング
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。小野貴正です。

今日は地元最寄り駅の橋本にて、ブログを更新しています。

ココ最近で取り組んでいるセールスレターについて報告です。結構いい感じでコピー書けたな〜と恍惚感が自己中心的になればなるほど要注意とは、かつての自分自身によく言ったもので、、、

「コレは全然ダメですね」という驚くべき一言とともに、自己満足感いっぱいのセールスレターをガラッと書き直すことになりました。。。昨晩のうちに修正し、再納品を済ませたのですが、「誰に何を約束するのか」という言葉の大事さをつくづく体感した次第です。

いいアイデアだな〜と思う時って要注意で・・・例えばそのアイデアが奇をてらったものだったりして論理をあとづけているようならば・・・まず、ダメ、ですね。アイデアには根拠が必要です。

その根拠というのが見込客のキャラクターなのか口癖なのか、それともフロントエンドなのかバックエンドなのか、ハウスリストなのかコールドリストなのか・・・いろいろな視点で変わってきますから、

「誰に何を約束するのか」という客観性を、持った状態で編集することをオススメします。

それにしても、、、レジが鳴らない、レジがあまり鳴らないという恐るべきリスクを減らすことができ、クライアントさんに感謝です。「全然ダメです」なんて空から地下までガスンと急降下って感じのショックな言葉ですが、クライアントのレジを鳴らすという、更に言うと多くの見込客さんの悩みを解決するという「結果」にフォーカスする視点からすると、明らかにおかしいと思う根拠に遠慮すべきじゃない。

昔、日本語でのコミュニケーションにおける誤解について学んだことがあるのですが、日本語って敬語が豊富(?)なせいか肯定や否定が曖昧になりがち。それで、コミュニケーションに誤解を生む。なるほどな〜と思いました。

言葉を選ぶべきじゃないってことです。誤解を生む可能性があるならなおさら。結果のためには、ですね。

予定では今日の記事で、ボディコピーについて書こうと思ったのですが・・・思いのほか、長くなったので明日に回そうと思います。

ヘッドライン、オープニングときたのでボディコピーだろう、と予想されていた方々、明日までお待ちください。

あ、そうそう。

昨日名古屋から東京に行き、お客さんのところに行ってきたのですが、A/Bテストとビート・ザ・コントロールでセールスレターの仕事が発注になることが決まりました。

コレ、ライター志望の方、特にライティングスキルを伸ばしたいコーチング参加者の方へスキルアップのために提供したかった実戦コンテンツなのですが、

お客さんの話を伺ってみると、実はお客さん側でもテストしたいんだな、ということがわかりました。他のお客さんでもこの提案は需要ありそうだな〜って思います。

例えばランディングページを依頼しようとインターネットで検索し・・・、WEBサイトを見るとよさ気な実績が並んでいるので、そのレベルでは書いてくれるんだろうなとある会社さんに依頼しても、コピーもデザインも見当違いのものが上がってくるという、残念な経験をしているお客さんは少なくありません。

だからこそ、テストして成約率を試すことができる。そして勝ったら報酬。これはお客さんにとってもスキルを伸ばしたいライター志望の方にとってもWIN-WINなんじゃないかなって考えました。

僕はお客さんを獲得しながら実戦でセールスレターを書くという、頭に銃口を突きつけてのライティングが何よりのスキルアップ方法だと考えているので、

この取組でいい結果を双方にもたらせるよう、取り組みますね。

P.S.
写真は・・・新幹線です。動画で撮りたかったのですが、プラットフォームに姿を現してから僕の目の前まで来るスピードがエライ速く・・・さすがの新幹線でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました