追い込む精神とコンフォートゾーンの両極がせめぎあう。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約4分で読めます。

4月13日の本日、タイではお正月を迎えました。タイ正月ですね。

タイ正月といえば、雨がふることを祈願して行う水掛け祭り。ソンクラーンが有名です。先ほど今朝の日課である腹筋とバーベルとランニングを終えたあと、通りに出てみたところ、コンドミニアム周辺ではまだ水かけがはじまっていませんでした。しかし妻がテレビをつけてみると、カオサン通りでは盛り上がってきている様子。他、全国各地でもですね。

この日目当てに世界中から観光客が訪れるたいですから、初日の盛り上がりはまだまだ序の口。僕の経験上、夕方になるにつれてお酒の酔いも回って水かけというよりも乱痴気騒ぎの様相を呈するようになります。

まあある意味、お酒の勢いと(あ、僕はお酒を飲めないので、お酒の勢いというのは想像上の話です。あとは周りの様子をうかがっての想像ですね)誰にでも水をかけてもいいという日ということで、ここぞとばかりに女性に水をかけまくる紳士もいらっしゃるとか。日本の紳士諸君が鼻の下を伸ばしながら水鉄砲でデレーンと水をかけたり、白人紳士諸君が満面の笑顔でボディタッチするシーンを眺めていると、文化の違いが見て取れます。セールスライティングやプロモーションをやる身としては、こういうところでリサーチすることが大事なのです。というわけで、僕も水かけに行ってきます。

ところで、日課の話。

日課と言いながらもバーベルとランニングはコンドミニアムにジムが併設されていることもあり、昨日からやり始めました。ランニングマシーンはなかなか、走り続けられるように工夫がされているので楽しい。昨日は、脂肪燃焼プログラムでの挑戦を行い、いい汗をかきました。そしてバーベルではふんどしマン先生が「自分の体重くらいは上げられないと」というので、自分の体重に挑戦。昨日は持ち上げることができました。

しかし不思議なもので、今日は同じ重さが上がらない。ようやく上がったのは、昨日の3分の2程度の重さ。う〜ん、昨日持ち上げただけでエネルギーがなくなっていてはイカンな、もっと追い込まないと、と誓った次第。

そして追い込むといえば、ランニングマシーン。今日は5キロ走ろうと決め、それを30分でやろうと決意。5キロ30分というペースが早いかどうかはわからないのですが、仮にこのペースで走り続ければフルマラソンを4時間程度か・・・ということで、やってみました。

最初は今風に、というか他の人がやっているように、iPhoneにイヤホン挿して、音楽聴きながらではなくて、ワイルドサイド島田さんによる木坂さんのインタビューを聞きながら、走っていました。1キロ5分ちょっとのペースでいけますから余裕だろうと考えていたところ、自動的にマシンがペースを上げてくれると思いきや、自分で上げないとならないみたいでエライゆっくりなペースのウォーキングで2分経過。コレはマズイと1キロ4分30秒程度のペースに上げ、ガシガシ走りました。

しかし2キロ程度走ったところで、「う、コレは、このペースでは完走できなさそうだ・・・」という、脳からのやらない言い訳に耳を傾けてしまい、ペースを半分に落としてしばらくジョギング。そしてまた、「このままだと完走できん!」と奮い立ち、さらにペースを上げてガシガシ走る。

そんなことを3.5キロ手前まで続けた時、このまま速いペースを維持できれば30分で5キロは到達できると確信。ラストスパートとばかりにイヤホンを外して放り投げ、マラソン選手がここぞとばかりにサングラスを外してスパートをかけるがごとく、残り1.6キロをオレは走りぬく!と決めて(自分に酔いながら)走り続けました。

しかし・・・残り1キロとなった時に、「あれ、このままだと間に合わないんじゃない?」というふとしたささやき声が聞こえ、とりあえず100メートル走れば間に合うかどうかわかるから、走り続けました。すると、なんだ、まだ間に合うじゃん、と。

ところが・・・間に合うじゃん、と思った瞬間に、あ、でもこのまま走ったら吐くな・・・とかマシンの上で転んでカッコ悪い姿を晒すな・・・とかふと脳裏をよぎってしまい、

いやいや!オレはあと900メートルを走ればいいだけじゃないか!走れば水掛け祭りでレディーに水かけてマイ・フレンドだぜ、という短期的なベネフィットをいろいろと思い浮かべて走り続けました・・・が、

気づいた瞬間には右手がペースメーカーボタンに伸びて、すごい勢いでペースダウンしていました。

ああオレは、やらない言い訳に耳を傾けてしまったのか、と思った瞬間でした。

・・・しかし、コレは敗北を意味するのか?否!はじまりなのだ。

つまりコレは、もっと追い込めるよね、って言うサイン。走り、腹筋とバーベルで体と精神を鍛えることで、この追い込みラインは上昇していくってことです。

とりあえずは日本に一時帰国する16日までに、5キロ30分を達成するように自分を追い込みたいと思います。

吐いたとしても、転んだとしてもマイペンライ。

なぜってここは、微笑みの国タイランドですから。

セールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました