オプラ・ウィンフリーの番組に憧れました。

セルフイメージ
この記事は約3分で読めます。

おはようございます。小野です。

今日はこれから表参道まで出かけますので、手短に。

今週ですが、『オーシャンズ13』という映画を観ました。ジョージ・クルーニーとか、ブラッド・ピットとか、マット・デイモンが出る泥棒映画ですね。以前に観たことはあったのですが、なんか気になったので、『オーシャンズ11』と『オーシャンズ12』も合わせて観てみました。役者さんのキャラが立っていて、面白いですね、このシリーズ。

これだけ有名ドコロが出演していると全体的に「薄まり」そうな感じでしたが、それぞれが特徴を忠実に演じている感じがして、逆に際立っている感じがしました。

ちょっとビックリした、と言うか『オーシャンズ11』を観た時は気づかなかったのですが、ジュリア・ロバーツが出ているんですね。なんか意外な感じがして、あ、ジュリア・ロバーツってロマンスものにフィットする感じがしたんで、泥棒映画というのは意外、ということです。『オーシャンズ12』の方でもいい味出していたと思います。

それで、『オーシャンズ13』にオプラ・ウィンフリーが登場するのですが、アメリカで番組やっていますよね、それがそのまま登場します。あの、何らかの事情を抱える方々、たとえば裕福でない方々とかが登場し、オプラ・ウィンフリーが彼らの夢をかなえるという、あの番組です(ご存じですかね・・・)。

その番組を、ジョージ・クルーニーとかブラッド・ピットが並んで憧れのような眼差しで見入るシーンが有るのですが、僕も憧れました、オプラ・ウィンフリーのやっていることに。

なんか夢があるというか、こういう人助けができるんだというか、社会貢献ていいよな、というか。

あと2ヶ月で寄付を開始して1年になるのですが、寄付の額とか寄付の種類を増やすことの他に、オプラ・ウィンフリーのようなこともできるようになりたいってなんとなく思いました。

『オーシャンズ13』の最後、ラスベガスの空港でブラッド・ピットが飛行機に乗る前、スロットにお金を投入するシーンがあるのですが、ある目的のために被害を受けた「ホテル格付け人」の方が隣に座ると席を立ち、「この席儲かるぜ」と言い残してその場を離れていき・・・その間、そのホテル格付け人はスロットにお金を投入して大当たりし・・・ブラッド・ピットが微笑みながら歩いて行くシーン。

コレは、オプラ・ウィンフリーへの憧れとイカサマ師的な仕事ぶりがうまく合わさって、良いシーンだな、と思いました。人の奥にある「人の役に立ちたい」のような、そういう当たり前に持っていること、たとえ泥棒であっても・・・が表現されている感があり、思わず僕も微笑んでしまう映画でした。

オプラ・ウィンフリーの番組は前に何かで観たことがあったのですが、彼女のような人になりたいですね。憧れです。

P.S.
写真はタイのアユタヤで撮影した涅槃仏です。なんとなく、イメージとしてですね^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました