東京ガス、コピーの鏡ですね。

深田恭子さんを、最近見かけることが増えたと思いませんか?

こう書くと東京で電車に乗る人ならば、ああ東京ガスのラッキー池田さんのアレね、と思い出す人はいらっしゃるかもしれません。ラッキー池田さんが振り付けしたんだったっけな、、、うろ覚えです。。。

“東京ガス、コピーの鏡ですね。” の続きを読む

ドローン。

井の頭線効果なのか、僕が大学生時代に女子中学生が井の頭線をイノヘッドと呼んでいたことを思い出したからなのかわかりませんが、ドローンが頭に降りてきたので書いてみようと思います。

ドローンて規制があるじゃないですか?

その理由を何も調べてはいない状態ではあるのですが、いえ、以前購入しようとした時にチラ見したインターネットの情報によると、いわゆる安全のためだとか。

“ドローン。” の続きを読む

身体か頭が動かない時の対応方法。

新元号元年だからかわかりませんが、新しいマスタープランの書き出し方を試しています。

これでうまくいきましたら、かつ覚えていましたら、ABテストとしてこのブログでも紹介できればいいなぁ、なんて考えています。

誰かに教わったわけでもなく、あるいはどこかで見たことを覚えていないだけかもしれませんが、何となく僕みたいなタイプにはフィットしている感じがします。

“身体か頭が動かない時の対応方法。” の続きを読む

憧れの存在であるからには、その人相応の責任がありそうだ。

親孝行ということで、たまに母と一緒に温泉に行きます。何でも温泉に行ってサウナと温泉を楽しむと、エラいよく眠れるのだとか。

それは僕も同様で、昨日はエラい足が冷えてしまい体温自体が下がっていたこともあり、温泉に行ってきました。

温泉に向けて走らせる車の中でふと母に言われた一言がありまして、それが、アンタはすぐ忘れるから自分のことしか興味が無いのよ、というもの。

“憧れの存在であるからには、その人相応の責任がありそうだ。” の続きを読む

タイ語だと思ったら、サンスクリット語かパーリ語だったっぽいタイのお経。

語学をマスターすることを諦めました、と書いたのは昨日のブログですが、舌の根も乾かぬうちに言語が登場してしまいました。

その理由はタイで親しんでいるタムブンにありまして、お寺に行って寄付をしたり托鉢をしたり、放生会をしたりしていると、自ずとお坊さんによる経典の読経、もしくは諷経(ふうぎん、と読むそうです。意味は多くのお坊さんによる声を揃えた読経とのこと)にめぐりあいます。

“タイ語だと思ったら、サンスクリット語かパーリ語だったっぽいタイのお経。” の続きを読む

インテンシブ・ジャパニーズ。

マッド・マックスの2015年制作版を鑑賞しました。

2016年ころから飛行機の機内エンターテインメントシステムで見かけ、しかしJALでは鑑賞しなかったのか観たものはすべて英語音声で中国語字幕か、ベトナム語字幕。

『北斗の拳』がモチーフにしたというマッド・マックスの世界観なので、視覚的にも十分楽しめたのですが、、、多分5回目程度の視聴ではじめて、ストーリーを知りました。

“インテンシブ・ジャパニーズ。” の続きを読む

中国東方航空の変化っぷりに感動した話と上海雑記。

謎が解けました。なぜ、上海にいるといつも気分が曇るのだろうかと。

気づいてみると単純でして、曇り空が多いのだそうです。

中国東方航空のエアバス機上から夕日を眺め、ほう、、、上海でもこんな素晴らしい夕日って見ることができるのか、と感激しました。

“中国東方航空の変化っぷりに感動した話と上海雑記。” の続きを読む

心態が良くないと、周りも幸せにならない。

中国恐るべし、と感じ、学んだ1日でした。

心態、中国語の簡体字で書くと「心态」こうなりますが、メンタリティー、心理状態とか精神状態とか辞書で出てきます。

タイで鍼打って熱出してちょっと身体を入れ替えている最中、という話をしたときにこの話になったのですが、

“心態が良くないと、周りも幸せにならない。” の続きを読む

身体というコミュニケーションツール。

東京の各都市や相模原、心斎橋やなんば、神戸や博多、徳島、バンコクや上海でも街行く人が皆同じようにスマホを片手にインターネットをしている様子を眺めるに連れて、何となくではあるのですが、身体というものを見直すようになりました。

“身体というコミュニケーションツール。” の続きを読む