自分の情熱も大事。市場性も大事。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約4分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

先程まで四ッ谷にいました。エイトスターダイヤモンドの田村社長に会いたいな、と思ったら、ミスターシンクロニシティーが行くというので、便乗です。せっかくなのでたい焼きわかばで1つたい焼きを食べたら、熱々のあんこで舌をやけどしましたが。あ、写真撮り忘れた・・・。久々のたい焼きわかばは、まあエライあんこがズッシリで、食べごたえあるたい焼きです。皮がパリパリで先っぽまであんこ。やっぱり、いい味でした。

現在はロマンスカーで相模大野に向かうところで、まもなく新宿を発車かな。

道中、ブログを更新して、相模大野に到着したら別件のライティングを再開する予定。明日は賢者舎の最終ライブセミナーなので、未提出の課題、多分2つを今晩やるってところまではスケジュールに入れています。

ワイズマン先生のラストダンスに向かって昨日・今日・明日と賢者舎祭りという感じですが、やっぱり学ぶ内容はてんこ盛り。どういう偶然なのか、現在進めているプロジェクトにも通じる内容がスカイプゼミでも登場し、これはホントに不思議としか言いようが無いんですよね。賢者舎とワイルドサイド部、プロジェクト那岐、そして僕。

さて、昨日の賢者舎スカイプゼミで気づいたことを一点。

あるビジネスに関する質問を、スカイプでしていたところ、ワイズマンから一言。

「プランニングしてください。もう答え出ているけどね。カンタンだよ」

僕が参加するのは3回目なのですが、その度に「答え出ているけどね、カンタンだよ」と言っている気がする。確かに、ワイズマンにしてみれば引き出しがありますから、カンタンといえばカンタンなのかもしれない。

質問タイム中にミスターシンクロニシティーが月額の希望売上と稼働日数をヒアリングしてくださったこともいい感じでした。

それでこれらをヒントにしてプランニングを考えてみると、ああ、これは分かる人にだけセールスすればいいんじゃないかな、と思い、年間プログラムを売ることを提案しました。スカイプゼミでは難聴ゆえ、ほとんど聞こえていないのですが、聞こえないなりになかなかいい線いっているんじゃないかな〜ニヤニヤ。

ミスターシンクロニシティーの回答も、「小野さんと似ているのですが」ときたので、うお、コレはいいかもよ・・・と興奮していたら、その後はさすがのプランニングをするわけですが。やっぱり、この見方と思考は違うな・・・。入れ物を見る。コレはメモ。

全員のプランニングが発表された後で、ワイズマンの語りが始まります。分かる人にだけ売るという路線はいい・・・しかし、ときた。ああ、やっぱりそうか。これだけだと足りないような、と思いました。

僕が足りなかった視点であり、これはスゴイな、と思ったのは、情熱は大事だけれどそれだけではビジネスとしては不十分。市場性があるのかないのかを見る。ないなら、市場をつくりだせばいい。つくり出すにはこうだ・・・

という感じに二手先三手先までパッと出てくること。毎日写経とかライティングしているとわかりますが、このパッと出てくる仕組みは、毎日の自己研鑚なしにはできない。ライティングで僕がやっていることを、プランニングでワイズマンは20年間かな、それだけやっている。ああ、こういうのを凄みっていうんだよな、と思いました。

プランナーだから事業を立ち上げて走らせることが役割(だったかな?)。情熱だけではなくて市場性があるかないかを見て、それに応じて手を考えて打っていくことができる。訓練だな、と思いました。

その人を「神」にするビジネスという話を聞いた時、また本を書くとかタレントになるという話を聞いた時、そういう単語はすでに脳の中にありました。僕に足りなかったのは、それらを論理的整合性を持って結びつけていることなんだろうな、と。

しかしそれにしても、相変わらずワイズマンは愛の人だよな、と思いました。スカイプゼミの数が何本あったかわかりませんが、これらはすべて勝てるビジネスになるわけです。

そういうビジネスが生まれるかどうか。それは、実際にプランニングする人、実際に責任を担う人の行動次第。

ワイズマン、スゴイな。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました