プーケット、パトンビーチの夜。

ビート・ザ・コントロール
この記事は約2分で読めます。

お楽しみ様です。小野貴正です。

現在、プーケットにいます。もっとも人気と言われるパトンビーチのホテルから、ライティングしています。朝食を食べたあとはワイズマンのセミナー会場をチェックしに行き、夕方からはタイツアー参加者を迎えに再び空港まで。バスが数少ないようなので、バイクで行こうかな、と検討中。

道も覚えられるし、バイクでもいいですね。こう考えると、バイクが一番効率的な予感がしてきました。

さて、パトンビーチの夜。

ホテルにチェックインした時間が21時ころ。その後はご飯を食べにバングラ通りへ。プーケット自体はじめてだったので知らなかったのですが、どうもバングラ通りはバーやゴーゴーバーなど、ナイトスポット専門の模様。ここへは後でまた来ようと思い、ビーチロード側のシーフード屋さんでプーパッポンカリーやお肉などを注文。ソフトシェルクラブはないの?と聞いたらないというので、というかパトンビーチにソフトシェルクラブ自体ないというので、仕方なく普通の硬い殻のカニを注文。食べる様子を見ていたら、若い人たちはあまり好まなかった模様。30代以上の面々は、もくもくと食べていましたけどね・・・。

このバングラ通り、なかなかすごいな、と思ったのは、すべてのお店がバーかゴーゴーバーというところ。もうちょっと高級志向のお店も、もちろんぼったくり系のお店もひしめき合っているわけですが、試しにコーラを注文したところ、ちゃんと料金表示通りの金額で、明朗会計。バーテンダーというか、お酒を作ってくれる人にチップを渡す必要がありますが、これは全体の額からしたら10%とか5%、もしくはそれに満たない金額なので、まぁ、コミュニケーションの円滑材料として。

コピーをやっているものが集まるからなのかどうかわかりませんが、皆が口をそろえて言うのは、「あの営業はセールスコピーそのものだよね」というもの。押してダメなら引いてみる。引いてダメなら押してみる。小さな約束を取り付けて、大きな約束を結ぶ。沈黙で語る。

などなど、もうホントに勉強になります。バングラ通りを舞台に、セールスコピーライティング講座を開こうかな、というくらい。実際、ある意味興味深いコンテンツで学べそうなので、そこそこの需要はあるといいな、と思ったり。

どんなところでも仕事ができることはもちろんですが、行く先々でコンテンツが作れるのもセールスライティングスキルを獲得する理由の一つになると思います。

もちろん、どんなスキルでも必然性が必要なんですけどね。

明日は、ピピ島のマヤベイへ。ちょっと潜ってきます。

単身赴任サラリーマンのスキルの秘密そしてセールスライティングスタートアップガイドの無料入手はココから↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました